とうちゃん

 

高校の入試が近付くと、大体どこの中学校でも「面接の練習」をやると思います。

私の場合、その練習で『尊敬する人は誰ですか』という質問をされました。

私はすぐに「父親です。」と答えました。

そうすると先生は苦笑しながら「いやぁ、無理矢理そんな事言わんでも普通に尊敬してる人でいいぞ」と言いました。

私は、え?普通に父親の事は尊敬してるんですが。と思ったわけです。

 


 

うちの父親は今年で68歳

中学を卒業してからずーーーっと、同じ町工場で働いています。

今でこそ仕事が減ったためかちょこちょこ休みながらやってますが

数年前までは日曜もクソもなく毎日のように朝早く出て、暗くなってから帰ってきていた記憶があります。

仕事で遅く家に帰っても「疲れた」なんて弱音は一言も言わず

さらにそれでいてたまに休日があればほぼ毎回、車で2時間かけて海まで釣りに行くわけです。

なんと恐ろしい・・・。

 

ただただ 働いて働いて働いて働いて働いて働いて 釣り 働いて働いて働いて働いて働いて 釣り

そうやって兄弟4人を育ててくれたのであります・・・。

 

ただ、たくさん働いてるからって、たくさんの給料がもらえるかと言えば、そこは田舎の町工場。

それでもがんばってがんばってぎゃんばってぎゃんばって子供達を育ててきたわけですよ。

 

けど最近になって本人も『そろそろいいかな』と思い始めたのか、母親から又聞きしたところによれば

「少しずつ貯めていたお金もあるし、今年ぐらいに仕事を辞めようかな」

と考えていたらしいんです

 

 

 

 

 

先日どこかの馬鹿のせいで

その貯蓄のほとんどがどこかにホワーッと消えてしまったので、今もなお働き続けているわけであります。

 

 

 

全くどこかの馬鹿のせいで・・・

 

 

基本的にわたくしは温厚で濃厚でおっぺけぺーな人間なので、そこまで(本気で)怒ることはありませんし怒ったとしてもそれをブログに書くような事はまずありません(・・・と思う)が

 

このどこかの馬鹿に関してだけはどうしてもふつふつふつふつと沸いてくる怒りが抑えられないわけでありますが、詳しい事を書かないのがギリギリの理性ライン

 

イェーイ! 理性ライーン!

 

 

 

 

 

  〇_〇   おかしいクマー
  ( ・(ェ)・)   父親の美談を語るはずがなんでこんな流れになってしまったんだクマー
 /J ▽J
 し―J

 

ちなみに父についてはこちらとかこちらとかこちらとか参照

Comments [2]

No.1

なんしか、それが、兄弟だとわかっていると「理性でアウト」なのかもしれんですねえ……
ってそちらじゃなくて、

何度も見ていたはずなのに、
ろろろ、ろくじゅうはち!?とやたらに驚いてしまいました……
(間違っていなければ)わたしの母方の祖母と同い年。
年齢どうこうより、厚みがあって羨ましいです。

自分の父親は、世代の感覚差などがあまりないので、
大きな存在ですが尊敬の唯一対象というより友達に近いです。
こんなこと正面向かっていったら怒られるでしょーが(汗)。

No.2

そうそう、普通の家と比べるとうちだいぶ歳いってんのよ。
 
最近のお父さん世代には威厳が足りてない!
もっとこう、子供から惚れられるような親父じゃないといけない!と思うがです。
 
でも自分がそうなる自信はなk

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [1]
  2. 2017年1月 [1]
  3. 2016年11月 [1]
  4. 2016年10月 [1]
  5. 2016年6月 [1]
  6. 2016年5月 [2]
  7. 2016年4月 [1]
  8. 2016年2月 [2]
  9. 2016年1月 [4]
  10. 2015年12月 [2]
  11. 2015年11月 [1]
  12. 2015年10月 [3]
  13. 2015年9月 [4]
  14. 2015年8月 [17]
  15. 2015年7月 [13]
  16. 2015年6月 [19]
  17. 2015年5月 [22]
  18. 2015年4月 [21]
  19. 2015年3月 [23]
  20. 2015年2月 [22]
  21. 2015年1月 [28]
  22. 2014年12月 [27]
  23. 2014年11月 [24]
  24. 2014年10月 [21]
  25. 2014年9月 [19]
  26. 2014年8月 [8]
  27. 2014年7月 [24]
  28. 2014年6月 [25]
  29. 2014年5月 [24]
  30. 2014年4月 [23]
  31. 2014年3月 [27]
  32. 2014年2月 [25]
  33. 2014年1月 [28]
  34. 2013年12月 [30]
  35. 2013年11月 [24]
  36. 2013年10月 [27]
  37. 2013年9月 [25]
  38. 2013年8月 [26]
  39. 2013年7月 [29]
  40. 2013年6月 [30]
  41. 2013年5月 [25]
  42. 2013年4月 [28]
  43. 2013年3月 [30]
  44. 2013年2月 [28]
  45. 2013年1月 [30]
  46. 2012年12月 [27]
  47. 2012年11月 [22]
  48. 2012年10月 [25]
  49. 2012年9月 [30]
  50. 2012年8月 [31]
  51. 2012年7月 [30]
  52. 2012年6月 [30]
  53. 2012年5月 [28]
  54. 2012年4月 [30]
  55. 2012年3月 [31]
  56. 2012年2月 [28]
  57. 2012年1月 [31]
  58. 2011年12月 [30]
  59. 2011年11月 [30]
  60. 2011年10月 [31]
  61. 2011年9月 [30]
  62. 2011年8月 [28]
  63. 2011年7月 [30]
  64. 2011年6月 [30]
  65. 2011年5月 [31]
  66. 2011年4月 [28]
  67. 2011年3月 [31]
  68. 2011年2月 [28]
  69. 2011年1月 [29]
  70. 2010年12月 [29]
  71. 2010年11月 [30]
  72. 2010年10月 [31]
  73. 2010年9月 [30]
  74. 2010年8月 [31]
  75. 2010年7月 [29]
  76. 2010年6月 [29]
  77. 2010年5月 [30]
  78. 2010年4月 [28]
  79. 2010年3月 [31]
  80. 2010年2月 [28]
  81. 2010年1月 [35]
  82. 2009年12月 [30]
  83. 2009年11月 [29]
  84. 2009年10月 [32]
  85. 2009年9月 [29]
  86. 2009年8月 [31]
  87. 2009年7月 [31]
  88. 2009年6月 [30]
  89. 2009年5月 [30]
  90. 2009年4月 [30]
  91. 2009年3月 [30]
  92. 2009年2月 [28]
  93. 2009年1月 [31]
  94. 2008年12月 [31]
  95. 2008年11月 [31]
  96. 2008年10月 [30]
  97. 2008年9月 [31]
  98. 2008年8月 [30]
  99. 2008年7月 [32]
  100. 2008年6月 [30]
  101. 2008年5月 [31]
  102. 2008年4月 [30]
  103. 2008年3月 [31]
  104. 2008年2月 [30]
  105. 2008年1月 [27]
  106. 2007年12月 [31]
  107. 2007年11月 [28]
  108. 2007年10月 [29]
  109. 2007年9月 [29]
  110. 2007年8月 [31]
  111. 2007年7月 [30]
  112. 2007年6月 [30]
  113. 2007年5月 [31]
  114. 2007年4月 [29]
  115. 2007年3月 [31]
  116. 2007年2月 [28]
  117. 2007年1月 [33]
  118. 2006年12月 [30]
  119. 2006年11月 [30]
  120. 2006年10月 [31]
  121. 2006年9月 [30]
  122. 2006年8月 [32]
  123. 2006年7月 [33]
  124. 2006年6月 [28]
  125. 2006年5月 [32]
  126. 2006年4月 [32]
  127. 2006年3月 [33]
  128. 2006年2月 [29]
  129. 2006年1月 [32]
  130. 2005年12月 [32]
  131. 2005年11月 [35]
  132. 2005年10月 [37]
  133. 2005年9月 [36]
  134. 2005年8月 [34]
  135. 2005年7月 [38]
  136. 2005年6月 [34]
  137. 2005年5月 [40]
  138. 2005年4月 [36]
  139. 2005年3月 [33]
  140. 2005年2月 [36]
  141. 2005年1月 [33]
  142. 2004年12月 [42]
  143. 2004年11月 [41]
  144. 2004年10月 [16]