2008年7月の記事一覧

08073101.jpg

ケースを買い換えました。

08073109.jpg

ANTEC のTHREE HUNDRED(通称300?)

元のケース(パソコン工房オリジナル?)と比べると、一回りくらいでかーい。

けど重さはそうでもない。

08073102.jpg

お尻に標準装着された、3段階の速度調整式12cm+14cmのファンが特徴です。

電源ユニットを下側に設置するようになってるのも特徴です?

08073103.jpg

そのほか、前面にも2カ所12cmファンを取り付ける事ができます。

08073104.jpg

とりあえず上側(中段)にだけ1,000rpmの静かそうなファンを取り付けました。

08073105.jpg

で、このケースのもう一つの特徴。というかこれがあるからこのケースを買ったと言っても過言ではない。

吸気する部分(赤い点線の部分)に、取り外しのできるフィルターがついております。

08073106.jpg

まぁ、フィルターというか、網戸程度のものなんですけど。

とりあえずはこれだけでどれくらい埃を防げるのか試してみたいと思います。(ダメだったら別のフィルターを重ね貼りしようというつもり)

あとこの前面パネル、ワンタッチで取り外せるようにでもなってるのかと思いきや、一度側板を開けて3カ所のツメを外さないと開く事ができない。

ちょっとめんどい。ちょっとガッカリ。

で、SpeedFanで温度を追っかけてみますと

08073107.jpg

お!

このブログの記事を入力している状態で大体52~53℃!(ケース交換前はアイドリング状態で57~58℃)

08073108.jpg

ニコニコ動画を見てCPU使用率50%くらいにしても56℃前後!(ケース交換前は65℃くらい)

あと、Systemの温度(多分マザーボードのどっかのセンサー?)がほぼ45℃でビタッと安定したのが驚きです。(ケース交換前は47℃くらいからCPUの温度に合わせてフラフラ上昇)

わぁ!ケース変えてよかった!これでなんとか今年の夏を乗り切れそうだよ!

あとはこれで埃対策さえしっかりできれば完璧!

よし!ここでアフェリエイト! すばらしい流れ!

でもamazonあんまり安くないなぁ。

価格だけ重視するならジャストのオンラインショップ?が一番安いと思います。(そのかわり外箱破損・在庫が超不安定(っていうか買えたらラッキー?))

それと、私のように3.5インチのカードリーダーとか使ってる人はこれも買っておいたほうがいいかもしれない。

一つくらいサービスしてくれればいいのに・・・

秘密の話

作業中に一番驚いたのは、マザーボード外して観察してたらCPUクーラーの取り付けピンが片方外れてて、半分浮いた状態になっていた事ですNE!

  (元からだったのか、ボードを取り外した時の衝撃?しなり?で外れたのかは謎)

もちろん新しいケースに入れる前に、取り付け直しましたけどCPUの温度が下がったのはこれが一番影響あるのかもしれない・・・・。

っていうかLGA775のヒートシンク取り付けピンってなんであんなに取り付けにくいのか?

追記

ちなみに、吸気は前面からだけに集中させたいのでサイドの穴は透明テープで塞いであります。

08073110.jpg

追記(2008/10/16)
FlashPlayer10の正式版がリリースされたようなので、10にバージョンアップしてみるのが一番の解決方法(なのかもしれません)
flashplayer で検索

数週間前から、メインのブラウザをSleipnirからFirefox3.0に変えてみてるんですが

どうもFirefoxとFlashplayerの間でバグがあるのか、時々flv形式の動画が(Youtubeとかニコニコ動画とかveohとかその他)正常に再生できなくなる(2秒で止まる)事があるようで。

Firefoxの再起動で直ったり、直らなかったり。

Flashplayerの10β入れたらいいぜ、とかいう噂があったり。

云々。

とりあえずうちは、↑の動画の方法で直ったり、Firefoxの再起動で直ったり。

ナゾジャワー

ごろごろごろご

昨日の「積乱雲もくもく」と関係あるっちゃーあるんですが、OCNの会員サポートページを見てみるとトップに

会員サポート | OCN 
 
2008/07/29 雷の影響による接続不可事象について
 
一部の地域で雷の影響により、インターネットに接続できなくなる事象が発生しております。
モデムやルータなど再起動によりインターネット接続が回復する可能性がございますので一度お試しいただきますようお願い致します。

なんていう注意書きが書かれてます。

まぁあんだけ色んな所で豪雨が起きてればそれに比例して雷も起きて更にそれに比例してモデムなんかも影響を受けている事でしょう。

↑に書いてあるとおり、モデムやルーターの再起動で直ればいいんですが、場合によってはモデム(やルーター)が破壊されている事もあり

それどころか、パソコンのほうのLANボードが破壊されている事もあり。

あと、モデムやパソコンは問題ないけど、電話回線が断線していたり基地局側が故障していたりする事もあるので注意が必要なのです。

ちなみにNTTのフレッツシリーズをご利用でそのような症状に見舞われた時の連絡先(NTT西日本の場合)は

電話は使えるけどインターネットがつながらないよ→とか
 フレッツシリーズ(フレッツ・ADSL、フレッツ光)の故障・トラブルに関するお問い合わせ
  0120-248-995
 
インターネットどころか電話自体が使えないよ(「ツー」って聞こえない。雑音が聞こえる)→とか
 電話の故障
   113
    (携帯・PHSから):0120-444-113

みたいな感じです。

フレッツシリーズをご利用の方は携帯に登録してあると便利です。

でも多分、いざ障害が起こった時には登録してある事を忘れているくらいじゃないかと思います。

クモくもく

08072801.jpg

夕方頃、東側の山のむこうに今まで見たことないような立派な積乱雲というかきのこ雲みたいなのがもくもくとしていました。

丁度そのころかどうかはわかりませんが、近畿・中国地方では大雨だったらしいのでそれの原因雲?

おそろしいです。

エアフロー

ガソリン高いし暑いし外には出ねぇぞ!と思ってニコニコしてたら今日も今日とてPCがすごい発熱。

ちょっと暑すぎる気がするので温度見てみたらCPUが75℃とか!

天下のCore2Duo(E6600)が75℃て!

危機感を覚えて側板開放してうちわでパタパタしまくったら

08072704.jpg

08072701.jpg

温度がグングン下降。 うちわすげぇ。

なるほど、このケースのエアフローがどれだけ悪いのかよくわかりました。

ちなみに再び側板閉めたら

08072702.jpg

じわじわ上昇。

なるほど、このケースの(ry

さらにこの状態でニコニコ動画を見始めると(CPU使用率50%くらい)

08072703.jpg

一気に上昇。

こりゃいかん。

その後、埃対策で潰してあった全面の穴をいくつか開放してみたら

08072705.jpg

なんとかアイドリング状態で57℃くらいまで落ち着きました。

ムーンムーン

映画「タンポポ」に出てくるオムライスに憧れて

Loading the player...

 

続きを読む

暑く熱く

私のパソコンが熱暴走してしまった経緯

暑い。なんか最近パソコンが熱い。ほこり溜まってるのかな?掃除してみよう。・・・変わらない。 
 ↓
CPUクーラーちゃんとついてんのかな?ちょっと外してみよう。うーん。
 ↓
あ、しまった。外したのはいいけどグリスがないな・・・。まぁいいかそのまま付けちゃえ。(←ここがポイント!)
08072501.jpg
 ↓
あーれー?なんかOS立ち上がるけどマウスポインタが数秒おきにピタッ、ピタッと止まったりしてそのまま使ってるとフリーズしたり勝手に再起動したりするぞぉ。
っていうかあれあれあれ?なんかピープー言ってOS立ち上がらなくなったぞ・・・。
 ↓
BIOSで温度確認してみると
08072502.jpg
CPU101.5℃(笑) ちなみにCore2Duo(E6600)だと普通アイドリング時で20℃台~50℃台とかっぽい
 ↓
いくらBIOSの温度表示があてにならないとはいえ、これはひどい。CPUクーラーがちゃんと接してないっぽい?ちなみにマザーボードはP5B VMです。

とりあえず、CPUクーラーを外したら、ちゃんとグリスを塗り直そうね!という事を教訓として学んだところで、すぐにシリコングリスを調達

まずカピカピになりかけているグリスを拭き取り08072503.jpg08072504.jpg

新しいグリスをもりもり出して取り付け。08072505.jpg(粘度不足で上手くとぐろがまけずにガッカリする)

すると、なんとかかんとか62.5℃まで下がりました。08072506.jpg

それでも若干高いような気がしますが、うちは以前からこれくらいだったような・・・。

で、この際なので、いろんな状況下でCPU温度がどれくらい上下するのが調べてみました。(基本BIOS画面のまま(無負荷状態)で放置・室温は多分25℃くらい。)

側面開放

08072508.jpg

ケース側面を開けっ放し状態。

起動直後

25分後

62.5℃

63.5℃



起動直後からほとんど温度が上がらない。でもこの状態で運用するのは無理。(多分三日で埃だらけ)

人力冷却

08072507.jpg

ケース側面を開けて、うちわでバタバタ扇いでみる。

起動直後

2分後

61℃

59℃



温度が下がった!疲労が溜まった!筋力が上がった!魅力が上がった!

今まで通り

08072509.jpg

ケースを閉めて今まで通り(吸気ファン:無し・排気:ケースファン(6cm)&電源ファン(12cm) 側板に見える通気口みたいなのは塞いである)

起動直後

5分後

59℃

63℃



まぁこんなもんか?

今まで以下

ケースを閉めて、尚かつケースファンを止めてみる (電源ファン(12cm)だけでやんわり排気されてる状態)

起動直後

3分後

66℃

67℃


これは論外?

とりあえず、今まで通りで今月を乗り切って来月になったらもうちょっと冷えそうなケースとかCPUクーラーを物色してみようかな、といった感じ。

参考までに、今現在のSpeedFanとCoreTempのSSを貼り付けておくます。

08072510.jpg 08072511.jpg

なんとかオーバーヒート海流を乗り切って帰ってきました。

しかしこれはボーナスが出たらPCケースとCPUクーラーを買い換えろという暗示ですね。わかります。

さて、訳あって「アンサイクロペディア」でぐぐったらおもしろい声優物語を発見

落合祐里香 - アンサイクロペディア
 

カワイソス列伝

  • ゆりしーカワイソス(´;ω;`) ブワッ事件
    • ゆりしー、オタクの為にオフ会を企画。一人5900円、新宿で調整。
      • カラオケボックスの食べ放題・飲み放題プランで、利益が出るわけでもない(むしろ持ち出し)価格設定だった。
    • 貧乏ファンがぼったくりだと暴動、ゆりしー半ギレ。
    • 知り合いにいい場所を教えてもらったゆりしー、驚異の会費1000円を実現。場所は渋谷を予定。
    • 某キモヲタが「渋谷は恐い」「ヤングの街」とゴネる。
    • しかたなくオフ会中止。
    • キモヲタ共に「もう休み入れちゃったじゃんか」と攻撃を受ける。
    • 再び知り合いに情報提供を受け、会費1000円はそのままに場所を変えて格安オフ会再計画。
    • 自分で会場借りて、自分でサンドイッチ作って、自分で会場の飾り付けして。
    • 1000円でオフ会とか安すぎwと事情を知らない無神経ニュー速民にも叩かれる。
    • ゆりしーカワイソス(´;ω;`) ブワッ
  • グラビア撮影の水着写真をブログにアップ。肋骨が浮き出たガリガリくんボディに子泣きじじいを思わせる赤っぽい水着が、水木しげるワールドで、かわいそうです(´;ω;`) ブワッ
  • 見ておわかりの通り、熱心なアンチと変てこなファン(上述)を多数抱えている。かわいそうです(´;ω;`) ブワッ

天使見習いから大天使へ

  1. 2006年10月、それまで所属していたアーツビジョンを離れる。
  2. その半年後の2007年4月にアーツ社長が所属声優に手を出し逮捕されていた事が、5月になって発覚。
  3. その日のブログに「私は運がいいです」なる意味深な書き込み。
  4. 蓋を開ければ打ち合わせでしゃぶしゃぶを食べに行く事になったという話で一同大ズッコケ
  5. しかし、社長が逮捕された翌日に電波ポエムを装った勝利宣言が出されていた事が発覚。
  6. 調べるとその他の電波ポエムも業界の暗部を暴露していると取れる内容で、他の声優達からも相談を受けていた様子。
  7. 大天使化。ゆりしー頑張ってました(´;ω;`) ブワッ
  8. さらにその後、舞台主演が決定。ゆりしーおめでとう(´;ω;`) ブワッ
  9. 週刊実話に、アーツについて語るインタビュー記事がでっち上げられて掲載されたが、大天使になったゆりしーは偉大だった。誰も記事を信用せず、ショックのあまり高熱を出して寝込んだゆりしーに同情の声多数。こんな光景見たことない。
  10. 天下の日本コロムビアから、12か月連続してCDリリース決定。演歌じゃないよ。電波だけど。

 なんじゃこれ(´;ω;`) ブワッ

悲しすぎる・・・ってなんか最近よく似たよーな悲しい話を聞いた気が・・・あぁ、あれになんとなく似てるんだ。

野久保直樹(羞恥心)伝説【完全版】
*前日予行練習をするほど楽しみにしていた握手会で握手拒否される
*ライブで「帰れ」「無能」などとヤジ
*ファンレターは全てに目を通し返事もできるだけ返している
*ファンからもらったプレゼントなども逐一ブログで紹介
*ファンからのリクエストにはブログで必ず応える
*「羞恥心の普通担当」「僕は普通だから誰も気づかないですよね」「僕の歌下手だから」「落ち込んでいた」などと基本ネガティブ思考だが『ハッピース』をモットーに健気に頑張っている
*トレカやパート数で明らかに他のメンバーより干されている
*休む暇ないですねと聞かれ「仕事があるという事は本当に有り難いです」
*自分の芸能活動の方向性に悩むブログを書いた矢先につるのに羞恥心第二弾をバラされる
*握手会の様子を伝えるスポーツ紙で唯一感想コメントが載らない
*はなまるマーケットに羞恥心で呼ばれた際三人のプライベート写真が紹介されたが、野久保の顔に照明がかぶっている写真
*オールナイトニッポンでつるのと上地の二人から真顔が怖いと言われ番組最後まで二時間落ち込む
*人気もこれからという時に心を許していたマネージャーが辞め五月病になる
*唯一輝いていた誤答「二、三十円」を上地の誤答として紹介される
*好物はひじき
*カレーを食べ過ぎて翌日腹痛を起こす
*筋肉はやたら鍛えているが内臓が弱く、風邪や鼻血、下痢、花粉症といったネタが一週間に1回はブログに登場する
*キチガイチュプがおっかけにいるため、リアルタイムが命のブログがいつも事後報告
*とくダネでは上地に肘鉄を食らった挙句「あ、いたの?」
*野球ではドラフト候補に挙がるほどの才能だったのに何故か記事では趣味扱い
*ピンでのトーク番組でデビューライブでの観客の多さを誉められたが「これ皆つるのさんと上地さんのファンですから」と発言
*ものまね紅白歌合戦で司会に小久保君と呼ばれる
*掲載情報のある雑誌で上地、つるのが1ページでグラビアを飾る中辛うじてページ隅の羞恥心メンバー紹介に載っている
*出演情報がスタッフのミスで間違っており、後日ブログで謝罪する羽目になる
*始球式で球の速さで一番良い記録を出したのに力みすぎてキャッチャーまで届かない
*めちゃイケの色取り忍者で一人だけ上手くまわせてしまい粉にも落ちず裏切りも成功せずで空気
*雑誌に丸々1ページ写真とコメントが掲載されたが表紙にも目次にも名前が載ってないため探さないとどこに載っているのかがわからない
*元ドラフト候補で期待されたのに逃走中本選一番落ち
*とくダネでファン層は男性と紹介される
*トクダネの特集でファンレターを返している事を言及されたが小倉が「野久保君偉いね つるのと上地は返してないの?」と言った為につるの・上地ファンの逆恨みを受ける
*もしもツアーズではつるの・スザンヌを差し置いて珍しく目立っていたが裏がイロモネアSPだったため視聴率全く取れず
*2008年5月14日の誕生日にブログがメンテナンス
*新曲『泣かないで』は作曲者の高原が野久保の声質に合うように意識して作ったのにも関わらず、ディレクターによってまた二番に回されるハメに
*小2の頃サンタに手紙をかきプレゼントを頼んだが自宅に煙突がないため窓から入ると思い、床が汚れないように窓の下に新聞紙をひいた
*小3の頃飼い犬が老衰で死んだ。悲しみの余り真冬に添い寝して凍死しかける
*小4の頃母の口紅を塗っているところを兄に目撃され泣きながら部屋に引きこもる

(´;ω;`) ブワッ

おすらせ

数日前から怪しい怪しいと思っていたんですが、ついにパソコンが熱暴走しはじめてまともに動かなくなったことをお知らせいたします。

ちなみにこの文章は念力で いやなんでもないです。

猫が死ぬ日

08072201.jpg

さくらが死んだ

 

それは今朝の事

08072202.png

出勤前に、白目むいてよく寝ているさくらをいじくっていたところ

08072203.png

「お、今日はやけに熟睡してんなぁ。うりゃうりゃ」

08072204.png

(・・・ちょっと無反応すぎね?目も鼻も全然ピクピクしねーよ?)

08072205.png

「おーい、さくらー(ぶんぶん)」

08072206.png

あまりの無反応さと、その腕の軽さが「嫌な感触」で、焦る。

叩いてみる。

08072207.png

反応しない。

08072208.png

嘘だろ、と思いながら激しく揺らしてみる。

 

 

 

08072209.png

起きる。

08072210.png

俺涙目

訂正、さくらが死んだように寝てた。

 

今月で猫を飼い始めて4年目になりますが、今日ほど猫が死んだように寝ていたのは始めての経験でしたので、大変びびりました。

これまではどんなに深く眠っている時でも、顔のまわりを触れば必ずまぶたかヒゲか毛のどこかが反応を見せていたので。

ちなみに一番上の画像は全然関係ない時に撮ったものです。

今朝はデジカメの事なんか頭に浮かばないほどびびっておりました。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]