2009年1月の記事一覧

決断の時

09013101.jpg

週末です。

外の気温は4.7℃です。

車は水垢だらけです。

今は雨が降ってません。

外の気温は4.7℃です。

 

洗車するかしないか…

悩みました…

本当に悩みました。

こんな寒い中洗車したら風邪ひくかもしれない。

でも水垢がひどすぎる。

けど寒い。

けど明日は予定あるし、今日洗車しとかないと後々後悔しそうな気がする。

けど寒い。

 

うーむ……

 

なんて感じに玄関の前で突っ立って悩んでたら、その人影にびびった母親が出てきて

「ア……アンタ何しとん…」

と聞いてきたくらい悩んでました。

結局、洗車したのかどうかは敢えて言いませんが

09013102.jpg

 ↓↓↓↓

09013103.jpg

水垢があんまり落ちなくて絶望した事だけお伝えしておきますよ。

カップヌードル MYベンディングマシン プレゼントキャンペーン/日清CUP NOODLE

 09013001.jpg

 09013002.jpg

09013003.jpg

09013004.jpg

09013005.jpg

09013006.jpg

      /\___/ヽ     !!!!!!!!!!
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:|
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.     |   ´トェェェイ` .:::::::|
     \  |,r-r-|  .:::::/
     /`ー`ニニ´‐―´\

09013007.jpg

また、こえてはならない一線をこえてしまった感覚

 <YouTube版

サムネホイホイにつかまって

「なんじゃこりゃ。元ネタがあるのか」

へー。

タグにある「ケメコデラックス!」がついつい気になって

09012901.jpg

…………

恐るべしケメコデラックス!………

で、初心に戻って

これは・・・3Dでモデリングしてぽちぽち動かしてんのかなぁ。

相当暇な人じゃn大変な努力の結晶ですね!

いやいや、それにしてもこれは…もう一回見よう…とかって見入ってると、仕事中に

「リビドーリビドーリビドー……」とかうろ覚えな歌詞の鼻歌歌う事になっちゃうよ!という警告。

 

カラオケ行くと、新譜の所に

ケメコデラックス!

っていうのがちょいちょいあって

「ケメコってなんだよ!!!しかもデラックスて!!!」

と笑ってたんですが、これでもう悩むことはなくなったね!

マーベラス!

とりのこ用紙

鳥の子用紙ってあるじゃないですか。

あの鳥の子用紙にですね、

 

え?

 

だから鳥の子用紙ですよ。とりのこ用紙。

小学校の時とか使ったでしょう?

夏休みの自由研究とか、「とりのこ用紙1枚にまとめること」ってなってたでしょう?

とりのこ用紙ですよ。とりのこ。

模造紙 - Wikipedia
模造紙(もぞうし)とは、製図や掲示物の作成、小学校での自由研究の発表などに用いられる、大判の洋紙。
 
呼び名
鳥の子用紙
 
愛媛県・香川県では、地域によって鳥の子用紙と模造紙とが混在している。ただし自由研究等では、画用紙などに代用され、用途は狭まりつつある。

へぇー、奇遇ですね。オアフでも模造紙の事を鳥の子用紙って呼ぶんですよ。えぇ。

ババアが忙しい

  ↓

ババア、あたふたしながら洗濯

  ↓

ババア、あたふたしながら洗濯物を干しに外へ出る

  ↓

ババア、玄関の扉を閉め忘れる

  ↓

猫、外へ脱走

  ↓

猫、雪解けでドロドロになっている外をしばらくウロウロして家の中へ戻ってくる

  ↓

阿鼻叫喚

  ↓

猫、風呂に入る入れられる

 

09012701.jpg

ババアが忙しいと猫が風呂に入る。

メタボリック監視社会

ハイどうもー

いやー、ボク最近ねー、すこーしずつお腹がぽにょぽにょってきてるので腹筋運動をせなあかんなーと思てるんですよー。

でもねー、ホラどうしてもヒザの上がこういう状態じゃないですかー。

09012601.jpg

猫を押しのけてまでやるもんじゃないでしょ、腹筋運動って。

やっぱね、猫との調和と、対話と、親和と、未来と、太陽と。

 

仮に猫がいなくなった時を見計らって腹筋運動をはじめても

09012602.jpg

 

 

09012605.jpg

 

 

09012604.jpg

 

 

09012603.jpg

めっさ監視されてるんですよ。

もうやってられないですよ。

幸せすぎて。

09012501.jpg

空気清浄機のフィルター交換をしました。

って空気清浄機じゃねぇよ!

09012502.jpg

パソコンだよ!

という事で2ヶ月ほど前に吸気ファンを追加したうちのTHREEHUNDRED

相変わらずの排気過多なので細かいところからホコリを吸おうとはしてますが

09012503.jpg09012504.jpg09012505.jpg

09012506.jpg09012507.jpg

09012508.jpg

内部は比較的クリーンなので気にすんな。とホコリの発生源様もおっしゃっています。

09012509.jpg

今回は前面に貼るフィルターをエアコン用のものに変えてみる。

また2ヶ月後をお楽しみに~

 

楽しみ?

なんという洗車日和

09012401.jpg

 ァ        ァ,、
 ,、'` ( ^∀^) ,、'`
  '`  ( ⊃⊂)  '`

洗車シタイノニー

ただでさえ1ヶ月くらい洗車してないのに

年末からこっち、2~3回雪が降ったり溶けたり降ったり溶けたりしたもんだからもう車がどろどろのぐろぐろ。

ぼちぼちみっともないので

よし、週末は洗車しよう!

と張り切っていたのに

09012301.jpg

 

         洗車日和だネ!
 
   ハ,,ハ
 ( ゚ω゚ )      n
 ̄     \    ( E)
フ     /ヽ ヽ_//

 

09012302.jpg

 

カッチカチやぞ!!

パーティション操作。

今回の生け贄は、40GBのハードディスクを搭載したWindowsVistaBusinessインストール済みのパソコン

09012201.jpg

ハードディスクのパーティションが、Cドライブ:25GB / Dドライブ:10GB / リカバリ用領域:2.5GB と切られておるのですが

そのうちCドライブをあと5GBほど大きくしたい(その分Dドライブを小さくしたい)と思います。

但し、条件が一つ。

CドライブもDドライブも、今入っているデータはそのまま。

以前のエントリーでは、KNOPPIXに含まれているQTPartedというツールを使ってパーティションの操作を行ったんですが、QTPartedで上に書いてあるようなパーティション操作をする場合は、一回Dドライブ(パーティション)を消してしまわなければなりません。

(しかもQTPartedにはバグがあって、NTFSのパーティション操作をすると問題があるとかなんとか。)

また、WindowsVistaなら標準でパーティションサイズを変更する機能を持ってるんですが、その場合もやはり一回Dドライブ(パーティション)を消してしまう必要があります。

じゃあどうすんのよ

QTPartedがダメなら、GPartedを使えばいいじゃない。」

ということで、似たよーな名前ですけど随分違うGPartedというソフトを使ってみたの巻です。

ここまでが前置き。

注意 

※ここに書いてある事をもとになんかやってデータが消えたりパソコンが壊れたりしても私は責任とりません。

※ここに書いてある事が大間違いでも私は責任とりません。 

※大事なデータを入れたままパーティションをいじくるのは自殺行為です。

※作業の前には必ずバックアップをとって、「最悪、データが消えてもまぁいいや」くらいの緩い気持ちでやりましょう。

※時間的な余裕があるなら、作業の前にデフラグをかけておくほうがいいかもしれません。

※関係ないハードディスクドライブは取り外してから作業を行うほうがいいと思います。

STEP1 GParted Live CDを作るよ!

まず、GPartedを起動するためのブートディスク(GParted Live CD)を作ります。

http://gparted.sourceforge.net/

ここにアクセスして

09012203.jpg

Downloadsページに飛んで

09012204.jpg

Browse Stable releases of GParted Live の右側にある hereをクリックして

09012205.jpg
その時点での最新版っぽいisoファイル(現時点ではgparted-live-0.4.1-2.iso)をダウンロードしてCDに書き込みます。
そうすればほら、GPartedLiveCDのできあがり!
「ISO?何これどうすんの?」とか思った人はとりあえずGoogle検索すればいいんじゃないか。

STEP2 ブートするよ!

09012202.jpg

STEP1で作ったCDをCD-ROMドライブに突っ込んでパソコンを起動します。

「マイガッ!うちのはネットブックだから光学ドライブなんてついてねぇよ!」
という人は、USBメモリを使って「GParted Live on USB」を作ったらいいんじゃないか。
作り方は、(英語がわかる人なら)ここに書いてあるようなんだけど、日本語しかわからないという人ならGoogle検索すればいいんじゃないか

09012206.jpg

内蔵ハードディスクよりもCD/DVDドライブ(USBメモリで作った場合はUSBデバイス)が先にブートするような設定になってれば、こんな画面が表示されるのでそのままエンターキーを一回叩きます。

09012207.jpg

文字がたくさん流れますのでしばらく眺めます。

一生懸命追いかけて動体視力を鍛えるのもよいでしょう。

ちなみに、これほんの一部ですからね。これがぶぁぁぁぁあって流れるの。恐い!

09012208.jpg

突然画面の色が変わってキーマップ(す)について聞いてきます。

そのままエンターキーを一回押します。

09012209.jpg

続いて、何人か聞いてきますので、15と入力してエンターキーを押し込みます。ジェパーン!

09012210.jpg

さらにしつこくなんやら聞いてきますので、そのままエンターキーを叩きます。

STEP3 いぢくるよ!

09012211.jpg

ようやくGPartedが起動しました。

QTPartedみたいにハードディスクを選択しなくても、勝手に内蔵ドライブっぽいのをデフォルトで表示してくれるようです

 09012212.jpg

今回は二つ目のパーティションを縮めてから、一つ目のパーティションを拡げます。

ので、まず二つ目のパーティションの所で右クリックして リサイズ/移動 を選択

09012213.jpg

ハイ奥さん見て。ズバリ見て。ここがポイント。

画面に表示された横長のバー。そのバーの左端を右に向かってドラッグして。ズバリして。

ちなみに薄い黄色で表示されてるのが使用されている領域みたいなのでそれより小さくはできません。

細かいサイズ調整がしたい場合は下側の欄に直接数字を入力してもいいかもね。

丁度よい大きさに変更できたら、右下の リサイズ/移動 ボタンをクリック。

09012214.jpg

さて、続けて一つ目のパーティションを拡げます。

ので、一つ目のパーティションのところで右クリックして リサイズ/移動 を選択。

09012215.jpg

今度は横長のバーの右端を右に向かってドラッグ。ひたすらドラッグ。後側の空き領域が0になるまでドラッグ

できたら、右下のリサイズ/移動ボタンをクリック。

09012216.jpg

で、これまでの操作はまだ予約しただけに過ぎないので、操作を完了するには「適用」を行う必要があります。

メニューバーの中の 編集 - 全ての操作を適用する をクリック。

09012217.jpg

確認してくるので、よろしければApplyボタンをクリック

09012218.jpg

ゴリゴリと処理が始まります。

データの移動を伴いますので

ハードディスクの容量によって数分~数十分(数時間?)かかります。

09012219.jpg

ちなみに今回は15分ぐらいで終わりました。

09012220.jpg

で、終了する時にはGPartedを閉じて、画面左上にあるExitアイコンをダブルクリック。

09012221.jpg

Reboot: か Shutdown: を選択してOKボタンをクリック。

09012222.jpg

シャットダウン処理が終わったら勝手にCD/DVDドライブが開きますので、CDを取り出してEnterキーを叩いたら終了。

09012223.jpg

パーティションの変更後、Windowsの初回起動時にチェックディスクが実行されますので、処理が終わるまでおとなしく待ちます。

やっと終わったー

09012224.jpg

と思いきや、起動後さらに「再起動してね」というダイアログが表示されるのでおとなしく再起動します。

今度こそやっと終わったー。

作業前

09012201.jpg

作業後

09012225.jpg
ご利用は計画的に。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]