2011年1月の記事一覧

恐かった話 影

昼間にテレビ見てたら

テレビの横あたりを影がスッと横切ったような気がしたので

「誰かが通ったのかな?」と、後を確認してみたものの誰もおらず。

「なんだ、気のせいか・・・」と、いつの間にか横に来ていた猫を見ると

影が消えた方をじーっとガン見していたそうな。

やだちょっとやめてよ

携帯LED作業ライト ELW-24DB-S

  • LED

前々から欲しいなーと思っていたタイプのLEDライトが安く売ってた(1,500円くらい)ので買ってみました。

藤原産業株式会社

携帯LED作業ライト ELW-24DB-S

5mm直径高輝度LEDバルブ24個使用

明るさ15000mcd(ミリカンデラ)

360度回転式吊り下げ用フック・裏面マグネット付き

連続点灯時間:約14時間

本体寸法:全長 約210mm×全幅 約60mm×全高 約30mm

本体質量:約210g(乾電池(単三電池×3本)取り付け時)

なんか似たような流れを見た事があるって?それはきっとデジャヴでしょう。あるよねデジャヴ。

マグネットがついてるので金属面にくっつきます。

偶然おうちに似たような同社のLEDスティックライトがあったので、明るさを比較してみます。

SLW-18DB-F4

ELW-24DB-S

LED18個(サイド)

LED24個

単四電池3本

単三電池3本

右側が今回購入した方。

若干ムラはありますがSLW-18DB-F4よりも広い範囲を照らしてくれるようです。

ちなみに、SLW-18DB-F4はマグネットがついていませんが、本体が六角形なので地面に置いて前方を照らすような使い方ができます。

が、今回購入したELW-24DB-Sはサイドがまるっこい形状をしているので前方を照らすように置くことができません。でもより明るくマグネットがついているので金属面があれば貼り付けることができる。

正直一人で作業するとき使いやすいのはSLW-18DB-F4のほうかなー、という気がします。

PowerShot S5IS

新しいバッテリーを入れてもすぐに「バッテリーを交換してください」表示が出るようになったのでキタムラの5年保証を使って修理に出していたデジカメが修理から戻ってきました。

正月挟んだ+部品の欠品もあったらしく結局(予告通り)約3週間かかってしまった・・・。

・バッテリーボックスユニット

・バッテリーLIDユニット

以上2点が交換されたらしく

先が折れていた端子が

復活。

本来修理料金15,000円程必要なところが5年保証でダーター。(但し古いタイプのキタムラ5年保証なので保証は今回限りで終了)

ちなみに修理はキヤノンのサービスセンター大阪中之島ではなく、日研テクノ株式会社というところで行われたようです。

つかれぞめ

朝イチから出先で作業

  ↓

会社に戻る

  ↓

新しい仕事が入る(※A)

  ↓

出先で作業

  ↓

会社に戻る

  ↓

(※A)に戻る

 

というループを数回繰り返したら夜になっていたでござる。

そして飯食った後、眠気に耐えられず椅子で2時間ほど寝たら首寝違えたでござる。

今日天秤座が最下位だった占いは信じても良い。

購入して1年ちょっと(2009年7月3日)の掃除機が壊れました。

ツインバード デュアルドラムサイクロン YC-T008 - smilebanana

ボタンを押しても反応せず。

とりあえずスイッチの接触を疑って、持ち手の部分を開けてみました。

すると、このタクトスイッチを直接押すぶんには、問題なくスイッチが入る事がわかりました。

気になるのは、この基板がグラグラ動いちゃう事。こんなフリーでいいのか?

基板が動いてしまう事によって外側のスイッチ部分とうまく合ってないのかなー、的な。

さらにバラしてみると奥のほうから爪みたいなものが二つ出てきました。

その爪みたいなものを、本来ついていたであろう場所に戻してみました。

矢印の部分。

この部分が折れてしまった為に基板がずれてしまったようです。

接着剤でつけた程度ではまたすぐに折れてしまいそうなので

プーラーリーペーアー

もりもりっと補強&固定。

直りました。

やったぞすごいぞプラリペア!部屋がくっせぇけど!締め切った部屋で使うのはやめましょうプラリペア!

分解・改造は自己責任でね!

やらかしぞめ

新年早々やらかしてあやうく打ち首になるところでしたがどうにかしたらなんとかなってギリギリ首の皮一枚状態。

ところで絵を思い浮かべたら「首の皮一枚」って確実に死んでますよね。

11010301

前々から欲しいなーと思っていたタイプのLEDライトが安く売ってた(1,500円くらい)ので買ってみました。

藤原産業株式会社

乾電池式LEDスティックライト SLW-18DB-F4

5mm直径高輝度LEDバルブ22個使用(18個+4個)

明るさ40Lm(ルーメン)

360度回転式吊り下げ用フック付き

連続点灯時間:18灯点灯時 約13時間 / 4灯点灯時 約29時間

本体寸法:全長 約98mm×全幅 約64mm×全高 約37mm

本体質量:約120g(乾電池取り付け時)

11010302

電源ボタンは如何にも安物っぽい感じで固め。

11010303

側面に18個のLED

11010304

先のほうに4個のLED

1101030511010306

電源ボタンを押すごとに[18灯点灯]→[OFF]→[4灯点灯]→[OFF]と切り替わります。

真正面から見るとかなり眩しい。ほんとに眩しい。

11010307

手持ちの単4電池1本で駆動するLEDライト(右側:GENTOS GTR-041T)と比較してみます。

11010308

まずは先っちょの4灯。

ちょっとムラのある照らし方。でも中央部の明るさはなかなか。色は青め。

11010309

側面の18灯。

中央はもちろんその周辺部も相当な明るさ!

11010310

暗闇の中ライトの明かりだけを頼りに撮影してみました。まずはGENTOS GTR-041Tのほう。

11010311

側面18灯。

圧倒的なかわゆさやな!!

残念ながらネットでは取扱っているお店が見つからないので、欲しい人はお近くのホームセンターとかを覗いてみてください。

11010201

年が明けたので2010年我が家の猫たちにおける発情期のサイクルについてまとめてみます。

・4匹いますが1匹は手術済みなので3匹分。

・ちなみに3匹とも雑種のメスです。

9月~10月にかけての記録がすっぽり抜け落ちてる気がしますし、ちょうどその頃「めんどくせぇなぁ」とか思って記録するのを放置していた記憶もうっすらありますがそこはまぁそれ。あれ。それそれ。それだよそれ。

共通しているのは

大雑把に言って2ヶ月に1回やってくる。

1回の発情期間は1週間前後。

うちの母親なんかは今でも「季節の変わり目になると発情する」と思っているようですが、こうして見るとそんなでもない事がわかります。

一匹ずつ発情期のサイクルと行動について詳しく見ていきますと

さくら

11010202

若干ばらつきのあるサイクル。

そして発情すると一番やっかいなヤツ。

昼夜問わず人のいないところへササッと行ってはギャーオギャーオと叫び

あっちでピャー、こっちでピャー、スリッパ・玄関・椅子・布団・カーペットなどところかまわずおしっこしまくりなのでケージ必須。

もも

11010203

ほとんど2ヶ月に1回で安定したサイクル。

こいつもさくらほどじゃないにせよギャオギャオ泣き叫び、ピャーピャーおしっこしまくりなのでケージ必須。

耳が聞こえないせいか、普段の鳴き方は「ヒャーン」という独特な感じなんですが、発情したときの雄叫びは他の猫と同じく「ギャーオ」。

ここあ

11010204

きっちり2ヶ月に1回の安定したサイクル。(今現在発情中)

それでいて発情してもそんなに泣き叫ばず、おしっこもせず。

ケージいらず手間いらず。

ただ、発情するといつも以上にヒザの上か肩の上に乗りたがるのが困りものといえば困りもの。

あけおして

まめでととうございます。

おとしもころしくおねがいいたします。

11010101

酔ってませんよぉー。僕はじぇんじぇん酔ってましぇんよぉー。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2019年8月 [1]
  2. 2018年1月 [1]
  3. 2017年1月 [1]
  4. 2016年11月 [1]
  5. 2016年10月 [1]
  6. 2016年6月 [1]
  7. 2016年5月 [2]
  8. 2016年4月 [1]
  9. 2016年2月 [2]
  10. 2016年1月 [4]
  11. 2015年12月 [2]
  12. 2015年11月 [1]
  13. 2015年10月 [3]
  14. 2015年9月 [4]
  15. 2015年8月 [17]
  16. 2015年7月 [13]
  17. 2015年6月 [19]
  18. 2015年5月 [22]
  19. 2015年4月 [21]
  20. 2015年3月 [23]
  21. 2015年2月 [22]
  22. 2015年1月 [28]
  23. 2014年12月 [27]
  24. 2014年11月 [24]
  25. 2014年10月 [21]
  26. 2014年9月 [19]
  27. 2014年8月 [8]
  28. 2014年7月 [24]
  29. 2014年6月 [25]
  30. 2014年5月 [24]
  31. 2014年4月 [23]
  32. 2014年3月 [27]
  33. 2014年2月 [25]
  34. 2014年1月 [28]
  35. 2013年12月 [30]
  36. 2013年11月 [24]
  37. 2013年10月 [27]
  38. 2013年9月 [25]
  39. 2013年8月 [26]
  40. 2013年7月 [29]
  41. 2013年6月 [30]
  42. 2013年5月 [25]
  43. 2013年4月 [28]
  44. 2013年3月 [30]
  45. 2013年2月 [28]
  46. 2013年1月 [30]
  47. 2012年12月 [27]
  48. 2012年11月 [22]
  49. 2012年10月 [25]
  50. 2012年9月 [30]
  51. 2012年8月 [31]
  52. 2012年7月 [30]
  53. 2012年6月 [30]
  54. 2012年5月 [28]
  55. 2012年4月 [30]
  56. 2012年3月 [31]
  57. 2012年2月 [28]
  58. 2012年1月 [31]
  59. 2011年12月 [30]
  60. 2011年11月 [30]
  61. 2011年10月 [31]
  62. 2011年9月 [30]
  63. 2011年8月 [28]
  64. 2011年7月 [30]
  65. 2011年6月 [30]
  66. 2011年5月 [31]
  67. 2011年4月 [28]
  68. 2011年3月 [31]
  69. 2011年2月 [28]
  70. 2011年1月 [29]
  71. 2010年12月 [29]
  72. 2010年11月 [30]
  73. 2010年10月 [31]
  74. 2010年9月 [30]
  75. 2010年8月 [31]
  76. 2010年7月 [29]
  77. 2010年6月 [29]
  78. 2010年5月 [30]
  79. 2010年4月 [28]
  80. 2010年3月 [31]
  81. 2010年2月 [28]
  82. 2010年1月 [35]
  83. 2009年12月 [30]
  84. 2009年11月 [29]
  85. 2009年10月 [32]
  86. 2009年9月 [29]
  87. 2009年8月 [31]
  88. 2009年7月 [31]
  89. 2009年6月 [30]
  90. 2009年5月 [30]
  91. 2009年4月 [30]
  92. 2009年3月 [30]
  93. 2009年2月 [28]
  94. 2009年1月 [31]
  95. 2008年12月 [31]
  96. 2008年11月 [31]
  97. 2008年10月 [30]
  98. 2008年9月 [31]
  99. 2008年8月 [30]
  100. 2008年7月 [32]
  101. 2008年6月 [30]
  102. 2008年5月 [31]
  103. 2008年4月 [30]
  104. 2008年3月 [31]
  105. 2008年2月 [30]
  106. 2008年1月 [27]
  107. 2007年12月 [31]
  108. 2007年11月 [28]
  109. 2007年10月 [29]
  110. 2007年9月 [29]
  111. 2007年8月 [31]
  112. 2007年7月 [30]
  113. 2007年6月 [30]
  114. 2007年5月 [31]
  115. 2007年4月 [29]
  116. 2007年3月 [31]
  117. 2007年2月 [28]
  118. 2007年1月 [33]
  119. 2006年12月 [30]
  120. 2006年11月 [30]
  121. 2006年10月 [31]
  122. 2006年9月 [30]
  123. 2006年8月 [32]
  124. 2006年7月 [33]
  125. 2006年6月 [28]
  126. 2006年5月 [32]
  127. 2006年4月 [32]
  128. 2006年3月 [33]
  129. 2006年2月 [29]
  130. 2006年1月 [32]
  131. 2005年12月 [32]
  132. 2005年11月 [35]
  133. 2005年10月 [37]
  134. 2005年9月 [36]
  135. 2005年8月 [34]
  136. 2005年7月 [38]
  137. 2005年6月 [34]
  138. 2005年5月 [40]
  139. 2005年4月 [36]
  140. 2005年3月 [33]
  141. 2005年2月 [36]
  142. 2005年1月 [33]
  143. 2004年12月 [42]
  144. 2004年11月 [41]
  145. 2004年10月 [16]