2011年9月の記事一覧

電池切れ2

  • LED

11091201.jpg

中秋の名月・・・じゃないよ!電池きれかけのLEDライトだよ!

という事で、先日Amazon.comで購入したLEDライトの電池がはやくも切れてしまいました。

Amazon.comでの初お買い物届いた編 - smilebanana

↑この記事に出て来る丸いくて明るいほう。

9月2日くらいに中古の電池を入れて取り付け。

9月12日くらいに電池が切れてしまったので、新しいアルカリ電池に入れ替え

そして今現在また電池切れかけで超暗い状態に。

そう、つまり電池1ヶ月もちませんでしたーっ!!

ほほほほ・・・。

11093001.png

うちのなかで一番人が通るところにつけてて一日に何十回と点灯してるからかな・・・。

このままだと電池代が毎月600円ちょっとかかってしまう・・・

東芝ホームアプライアンス株式会社:ニッケル水素電池「充電式IMPULSE」と専用充電器の発売について/プレスリリース

この新しい電池が気になる・・・

 

ちなみに、一緒に買ったもう一つのセンサーライトのほうは良好です。(未だ1回も電池交換無し)

11090108.jpg

ふるんふるん

見所はふるんふるんする指先です。

製氷できません

11092801.jpg

我が家の冷蔵庫(三菱 MR-S40NE-T 2003年製)が壊れたようです。

月曜日に自動製氷ができていないのを確認したものの

「どうせまた誰かが半開きで放置してたんだろ」くらいに思っていました。

が、扉をきちんと閉めていてもできるのは板状の氷のみ。(写真参照)

あれ?・・・これはもしかして壊れた?

という事で検索してみると

価格.com - 『製氷機が壊れました』 三菱電機 MR-S40D のクチコミ掲示板

わんさか。

ちなみに、リコール的なものが出されているモデルもありますが

三菱電機 お客様へのお知らせ

3ドアタイプ MR-CU37E、MR-CU37NE、MR-CU33NEの、自動製氷機の製氷皿が稀に破損し...

うちのは該当モデルでは無いみたい。

とりあえず中をデジカメで撮ってみました。

こういう時小さいデジカメは便利だわ・・・。

よく壊れるという、製氷機の奥側は大丈夫だけれども・・・

んあ?

11092802.jpg

なんか奥側じゃなくて手前側が割れてんべや!!

もう一度。

どういう仕組みなのかちょっとバラしてみちゃおうかしら・・・とか思っていたら同じ症状の人を発見。

なるほどそういう事か・・・・。これ無料かなぁー・・・。

世代間

「この芸(?)に名前をつけてください」と言われて瞬時に

・東京タワー! とか言っちゃう人はもう年寄り。

・東京スカイツリー! とか言っちゃう人は現代人。

・エッフェル塔! とか言っちゃう人は変態。

・猫カワイイ! とか言っちゃう人はもうちょっと人の話を聞け。

なーまーくーびー

900V

11092501.jpg

電撃ラケット・改2のばちばちこうげきー!!

こうかはばつぐんだー!

なぜかしらんが足がもげたりするぜー!

グロい事このうえないぜー!

 

生誕記念モンブラン

11092401.jpg

モンブランです。

誰がなんと言おうとモンブランです。

11092402.jpg

現在の「モンブラン」に対するアンチテーゼ的ななんとかかんとか。

11092403.jpg

内部はメレンゲで作ったサクサク生地・生クリーム・栗クリームという三層構造になっています。

電撃ラケット・改2

中型~大型の蜘蛛に対しては殺傷能力が不足していた電撃ラケット・改

じぇりーさんは言いました。

て言うか、単純に電池を直列で10個くらい繋げたら、どう?

・・・試してみようじゃないか。(10本は明らかにアホなのでやらないけど)

(後から見たらうちのテスターは600Vまでしか対応していなかったので今後出て来る数値は参考程度に)

11092301.jpg

標準の単3電池2本(3V)ではバチバチ部の電圧は570V。

 

1本プラスの単3電池3本(4.5V)での電圧は640V。

さらに1本増やした単3電池4本(6V)での電圧は900V

おまけで角形電池(9V)を使った時の電圧はなぜか下がって600V。

電気の世界には詳しくないのでよくわからないんですが、実際使って見ても電池4本が一番強力なようです。

標準状態で小型の蜘蛛に電撃を与えても、「ジジジジ・・・」と火花を出して焼けるだけなんですが

チート状態(6V)で小型の蜘蛛に電撃を与えると、「パン!!」と炸裂音を出してはじけます。

おおまさにこれぞ「電撃」!

ちょうど小蜘蛛の大群がいたのでそこへ突っ込んでみると、「パン!!パン!!パン!!」と気分はまるでムスカ大佐

 

見ろ! 蜘蛛が虫のようだ!!

 

・・・

 

私が近いうちに死んだら、蜘蛛の呪いという事でひとつよろしくお願いします。

改造は大変きけんだよ!真似してはいけないよ!

n-eco

11092201.jpg

私が猫で暖を取っているのか

猫が私で暖を取っているのか

実際のところはどちらも暖かく、いわゆるうぃん-うぃんの関係であるように思えるがしかし

・動けない

・重い

など私側の負担が圧倒的に多い。

11092202.jpg

困るわー。ほんと困るわー。

生命力

お詫び。

当社にて改造した電撃ラケット・改を試験したところ、中型~大型の蜘蛛に対しては十分な殺傷能力を有して居ない事が判明しました。

11092101.jpg

バチッとやった直後はビクンビクンだらーん状態になるのですが、翌日様子を見に行ってみると何事も無かったかのように復活。

電撃が不足していたのかと思い再度、煙が出る程度までしつこくバリバリーとやってみるもその翌日にはやはり復活。

どうやら人間でいうスタンガンかそれ未満の攻撃力しか無いようです。

但し足を拡げても1~2cmにしかならない小型の個体に関してはそのような復活が見られなかったので十分効果的であるように思います。

中型~大型の蜘蛛に関しても、もしかしたらコツというか急所というか秘孔的なものがあるのかもしれないので引き続き調査を続け、分かり次第またご報告させていただきます。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]