2011年11月の記事一覧

互換インクの罠Ⅱ

いつの間にか検証企業、アリオンさんから、インクジェットプリンタ用互換インクカートリッジについての新しいレポートが公開されていました。

検証企業、アリオン/ ロゴ認証試験、互換性検証、実力試験

以前チェックした時のレポートでは、プリンターメーカー名も、互換インクのメーカー名も明記されていませんでしたが

アリオン - ブラザーインクジェットプリンター互換インクカートリッジ・詰替インク印刷比較試験レポート (08/31/2010)

Allion InkJetPrinter Benchmark Test Report (PDF)

こちらはブラザーのプリンターだよ、と明記、但し互換インク・詰め替えインクのメーカー名はひみつ。

 

アリオン - キヤノンインクジェットプリンタ 2010年互換インクカートリッジ印刷比較試験 (09/29/2010)

Allion_InkJetPrinter_BenchmarkTestReport.pdf (PDF)

こちらもキヤノンのプリンターだよ、と明記。但し互換インクのメーカー名はひみつ。

 

そして次のレポートがちょっとおもしろい。

アリオン - 国内大容量タイプ互換インクカートリッジユーザビリティ試験 (02/03/2011)

【詳細版】Large capacity Compatible ink cartridge Usability test (PDF)

「うちで使ってるプリンターに互換インク使おうと思ったらインク漏れしてたから、これってよくある事なのか気になったので調べてみました」という、「お前は俺か、それともGIGAZINEか。」的な理由による試験。

ただそこらのブロガーと違うのは、「実際に100人に試してもらいました」という規模のでかさ。

さすがアリオン!おれにできないことを平然とやってのける!そこにシビれる!あこがれるぅぅ!

結果は・・・レポートをご覧下さい。

ちなみにこのレポート以降、互換インクのメーカーも明記されるようになってます。

(このレポートで試験されているのはジットのキヤノン用互換インクカートリッジと、プレジール・カラークリエーションのキヤノン用大容量タイプ互換インクカートリッジ)

 

アリオン - 2011年インクジェットプリンタ 国内大容量タイプ互換インクカートリッジ印刷比較試験 (08/01/2011)

Canon Printer Large Capacity Compatible ink cartridge Benchmark Test Report (PDF)

EPSON Printer Large Capacity Compatible ink cartridge Benchmark Test Report (PDF)

前回のようなユーザビリティに関してだけの試験ではなく実際に使用した場合の印刷比較試験。

それぞれ

キヤノンのプリンター + 7e/9対応互換インク(ジット・プレジール・カラークリエーション)

エプソンのプリンター + IC50対応互換インク(ジット・プレジール)

 

アリオン - キヤノンインクジェットプリンタ 2011年互換インクカートリッジ印刷比較試験 (10/13/2011)

2011 Japan Compatible ink cartridge Benchmark Test Report.pdf (PDF)

おまっとさん!!キヤノンの現行機種で使われている326/325対応互換インクに関する試験。

キヤノンのプリンター + 325/326対応互換インク(ジット・カラークリエーション・オーム電機)

 

 

と言うことで、ざっとこれらのレポートを見る限りどうやら互換インクの中ではジットが比較的マシなのかなという感じがする・・・んですが??

例えば、ジットのキヤノンBCI-326+325/5MP(5色マルチパック)対応の互換インク『たっぷりント』5本セットはオンラインストアにて現在4,380円。(但し新機種への対応中なのか現在在庫なし)

対して純正はあまぞーんで

 

今現在3,510円。

 

続いてジットのキヤノンBCI-321+320/5MP(5色マルチパック) 対応 『たっぷりント』5本セットはオンラインストアにて現在4,080円

純正はあまぞーんで

今現在3,240円

 

ジットのキヤノンBCI-7E+9/5MP(5色マルチパック)対応 『たっぷりント』5本セットはオンラインストアにて現在4,680円

純正はあまぞーんで

今現在3,780円

 

ジットのエプソンIC6CL50(6色セット)対応『たっぷりント』6色セットはオンラインストアにて現在5,980円

(※ていうかこのオンラインストアにある『純正品:11,960円』ってどっからもってきた金額だ?コレ。エプソンのオンラインストアでも5,980円なんですけど・・・)

今現在4,589円

 

あれ?純正のほうが安いやんけ・・・。

しかもレポートを見る限り、インクが1.5倍やら2倍やら入っていようが実質の印刷可能枚数はよくても純正の約1.1倍、むしろ純正よりも少ない枚数しか印字できない事も多い。

それでいて印刷せずにおいておくとジワリジワリとインクが減ったり詰まったりしてインクが出なくなったりする。

さて・・・、さて?

田舎と不審者

不幸なことに 今度中学の同窓会的なものをする事になりまして 不幸なことに 幹事的なポジションに私が選ばれてしまい 不幸なことに 大変めんどくさいです。 不幸なことに。

ただ不幸中の幸いなのが、同級生がやっているお店を会場に使う事は決まっているので店選びで悩まなくてもいいという事なんですがしかし、メンツを揃えるというだけでも結構めんどい、案外しんどい、超めんどくさい。 不幸なことに。

中学時代の同級生となると、「連絡先を誰も知らない」という音信不通的な人が数人いるため、そのうち実家がわかっている人については直接実家にアタックしてみましたが、アレですよね。現代ってやんなっちゃいますよね。

人口1万人にも満たないおらが村のような田舎であっても突然

「やぁどうもババア、私、チョメスケ君の同級生で不幸なばなりえんぬといいますが、チョメスケ君と連絡とりたいのですけどね。どうもどうも。」

って来訪者が来たらおもっくそ怪訝な顔で警戒されて

『いえ、チョメスケとは今連絡取れません。知りません。』

って対応されちゃうんだよね。

終了。田舎は無防備説終了。「同級生詐欺」にひっかかる事はなさそうだよかったね!

 

けどまぁさすがに、(オバサンからはよく好かれる)私の顔をよく見せて耳元で優しく語りかければ

『あらよく見ればあなたはばなりえんぬさん。ちょっと待ってね、今チョメスケは神戸にいるのよ~。でも今子供が小さいから帰ってくるのは難しいかも~。』

と、急速に個人情報を漏らし始めてくれるんですけどね。

これも全て、若いお嬢ちゃんにはウケないけどお母さん世代にはわりとウケる私の顔のお・か・げ。

 

・・・えー、なんの話でしたっけ

40日目 N+N+N

新猫を迎えてから記念すべき40日目。

一つ実験をしてみましょう。

ここに一つの結合猫物質があります。

この結合猫物質に猫マクロファージトーラーを加えてみると・・・

猫マクロファージトーラーはすぐさま結合猫物質の片割れに攻撃をしかけ、結合をといてしまいます。

 

ちなみに猫物質の中でも物質さくーらー・物質ちょーびーは特にこの猫マクロファージトーラーの攻撃を受けやすく

場合によっては結合していない単独状態であっても攻撃を受け、消滅してしまう事があります。

「げぇへへへ」

 

 

 

 

いつもすみせんねぇ・・・ダンナ・・・

38日目 びっくりした

そろそろ馴染んだかと思ったか!? まだだよ!!

37日目 和解の日は遠い

音声はございませんので、各自中島みゆきあたりをBGMとして流してお楽しみ下さい。

茶の間テレビがやべー

昭和か!!

エレコムM-IR02DRBK

注文していたマウスが届きました。

パッケージ表面には「高耐久OMRON Switch採用」

でも保証は6ヶ月。

 

添付のアルカリ単三電池2本をセットした状態で114g(レシーバーは別)

ちなみに電池1本でも動作するみたいでその場合だと91g(レシーバーは別)

 

早速使用されているオムロンスイッチを確認すべくバラしてみると・・・

お・・・?D2FC-3M?なんじゃこりゃ。

ググっても読める内容の情報があんまり出ない・・・けれどもこちらのサイトを見るに

新品omron欧姆龙微动开关D2FC-3M黄点 鼠标微动开关 C01 -电子器材/元件/配件-开关元件 | 网购-拍拍网

5が特価を穿孔して売れることに突き進んで、omronのオームの竜新は微動スイッチのD 2 FC-3 Mの黄色の点キーが卸売りすることが可能なことを品定めします!

D 2 FC-3 Mはオームの龍のために2010年の作り出した新型の号、0.74 N、キーの程和のD 2 FC-F-7 Nは比べてみじかめに点、いっそう纏まった少し、段断感は強まって、手触りはいっそう明瞭で、D 2 FC-FL-N(国産の灰は点を打ちます)と方法は異なっても効果は同じのカ所があって、国産オームの龍の入念に作られた物! 麗をはっきり見せる黄色はキーを押して人眼前にちょっと亮を使って、爽やかさをいっそう感じます! 速い行為!

魔サソリゲームの鼠を整備可能に、羅技の¥RAZER¥マイクロソフトの¥両飛燕などのそれぞれのブランドタイプマウス、前提はただ見掛けは形状的に基本的に同様で即ち使用可能に

当面の所知の魔サソリゲームの鼠はするとこの金銭微動見上の図と下船した図が解図を壊すことを採用します。

2010年にリリースされた新しいスイッチ(D2FC-F-7Nの後継品?)・・・みたいな感じ??

おぉこれは期待できそう・・・だけどさらにコストダウンが進んでいる・・・という恐れも・・・。

ま、耐久性に関しては1年後を乞うご期待、という事で。

 

長電池寿命がウリなので、しばらく放置した後動かし始めた時にラグがあったりするのかなー、と思いきやそれはなく。

但し、常時、なんかこう・・・

動かしはじめにラグがある気がする・・・?

これがワイヤレスマウスの遅延ってやつか・・・?

でもロジクールのマウスではこんな違和感を感じたこと無いんだけどなぁー。

ただ「気がする」程度なので本当に気のせいなのかもしれないですけど。

 

ちなみに有線マウスだとこんな感じ。

 

それと、サイドボタンの位置が惜しい。

私はわりとしっかり包み込んで持つタイプなんですが、そうすると親指がこんなポジションに。

【進む】ボタンのほうは自然に指先で押せるんですが

【戻る】ボタンのほうは親指を無理に曲げるか、ちょっと握り直さないと指先で押せません。

指の腹の部分で押すようにすれば握り直さなくてもいけるんですがちょっと慣れが必要かな・・・。

もう1cmくらいサイドボタンが先の方にあればいいのに・・・。

 

ンマー、致命的に「ここが嫌!」っていう部分は無いので使ってみようと思います。

降臨

やってきてわずか1ヶ月でなんだか漂う王の風格・・・。

「・・・そのもの金色の毛をまといて猫臭い家に降りたつべし・・・」

あの言い伝えは本当だったんだーッ!!

昨日の続き。

マウス(エレコムM-IR02DRBK)の注文を入れた後、以前ロジクールのマウス(MX-610)を改造した時の画像を見返していたら・・・

(↑チャタリング絶賛発生中だったMX-610の左スイッチ)

 

            ・・・・おや?
    ∩___∩ 
    | ノ/   ヽ ヽ
   /  ●   ● |
   | ∪  ( _●_) ミ
  彡、   |∪|   | 
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /

 

チャタってたMX-610もオムロンのスイッチ使ってんじゃん。

嫌な予感がしたのでこれまた絶賛チャタリング発生中のロジクールVXRevolutionをバラしてみると

(ちょっと見にくいですが)これもオムロンのスイッチ使ってんじゃん。

 

・・・ってことはあれか、「オムロンのスイッチ使っていれば高耐久!」ってわけじゃないのか。あれぇー。

ちなみにスイッチの型番はどちらもD2FC-F-7Nでした。

forPCActionGamer Wikiによると

MOUSE TIPS - forPCActionGamer Wiki*

>D2FC-F-7N
シリーズ中、もっとも多くのマウスに使われているもの。Logitech社製マウスや、Razer社製マウスなど、各社に広く採用されている。

>D2FC-F-7N(MS)
マイクロソフト社製マウスに採用されているもの。通常のD2FC-F-7Nとの違いは不明。なお、現行マイクロソフト社製マウスのほとんどはタクトスイッチ採用であり、これを採用しているのはIME3.0、IMOなど一部マウスに限られる。

>D2FC-F-7N(10M)
G9に採用されているもの。耐久性の向上が図られているものと思われる。なお、G9の公称耐久性は800万クリックであるが、これはD2FC-F-7Nを採用したG3 Optical等でも同じである。

・・・これは販売価格から考えて、エレコムM-IR02DRBKにも通常(?)のD2FC-F-7Nが乗っかってそうですなぁ・・・。

届いたら開けてみようっと。

ということで続きます

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]