2012年3月の記事一覧

パーリナイ!

マスクドなかよくやろうよ主催の「白猫さんも一緒に仲良くやろうよパーティー」が行われました。

参考:新加入 - smilebanana

 (バカは入場お断り申し上げ)

相変わらずいっそくしょくはつなふいんき。

でもこの2匹はまたもとのようにペロペロし合えると飼い主は信じているんだ。

IE7~8対応のサイトは多いものの、IE9対応を明記しているサイトって少ないので、私は自宅でも会社でもIE9はインストールしていません。っていうかIEほとんど使いません。

のでよく知らなかったんですが

IE9でFlashコンテンツが表示されなくなる事があるようです。

問題のパソコンはWindows7 64bit版で、64bitのIEでも32bitのIEでも症状は同じ。

Flash Playerのインストールは問題無く行えるし、バージョン確認のサイトでは↑のようにきちんとバージョンが表示されるのに肝心のFlashコンテンツが表示されない。

インターネットオプション > アドオンの管理から確認してみると

アドオンが軒並み無効にされており、その中に「Shockwave Flash Object」がありました。

という事で「Shockwave Flash Object」を有効にしてIEを再起動してやれば改善。

 

どうやら余計なお世話機能として、アドオンが原因でIEの動作が遅くなった事を感知すると

「アドオンを無効にしますか?」なんて聞いてくるようで、ここで何も考えずなんでもかんでも無効にしてしまうと↑のような事になってしまうらしー。

「サポートする係」の人はパソコンの初期設定を行う時この閾値を多めにしておくと後々余計な苦労をしなくてすむかもしれません。

ちなみにこの閾値を設定するための画面(アドオンの選択)にたどり着くためには

・IEのタイトルバーで右クリック→[コマンドバー]にチェックを入れてコマンドバーを表示する。

 コマンドバーの[ツール] > ツールバー > アドオンを無効にする

というめんどくさい手順を踏まなくてはいけません。(もしかしたらグループポリシーかレジストリから設定できるのかも?調べてませんけど。)

 

いやー、何なのこれ。

ちょっと期限の怪しい挽き肉が冷蔵庫にあったので、塩こうじハンバーグにしてみましたが、お肉がちょっと怪しかったからか、はたまた塩こうじを混ぜて放置した時間が30分と短かったからか、怪しい風味の強い怪しいハンバーグができてしまいました失敗!!

 

挽き肉は新鮮なものを使おう!

Firefoxがプチフリ

  • Tips

会社で使っているパソコンはメインブラウザにFirefox11を使っているんですが今日になって突然、サイトを表示するたびに数秒くらいフリーズするようになってしまいました。

同一ドメイン内の移動だと平気なんだけど別ドメインのサイトに移ろうとするとフリーズ症状が出ちゃうっぽい。

別のブラウザ(IE)や、アドオン無効で立ち上げたFirefoxだと症状が出ないのでアドオンのどれかが悪いらしい。

という事で切り分けしてみたところ、Fasterfox Lite 3.9.5Liteを無効にすれば症状が出なくなるという事がわかりました。

とりあえずサクッと削除して安定動作。

 

再現できるかな?と思って自宅のFirefox11にFasterfox入れてみましたけど症状再現せず。

という事で単純にFasterfoxが悪いっちゅー事でもなさそう。

うーん?

結婚式ィ

お噂はかねがね。

最初は心から祝える結婚式も歳をとるにつれただのお高い食事会感覚になるとかなんとか。

しばらくご祝儀が返ってくる予定もないと尚更とかなんとか。

いやー、30歳が近付くときちゃいますよねー。わかっちゃいますよねー。

しかも偶然出費が続いたタイミングで招待来ちゃうとねー。涙出ちゃうわよねー。

大体がアラフォー同士の結婚式とかー。どうせ会場の空気も微妙な感じじゃないのー?いやまぁ祝いますけどー。

 

とか思ってたらすんごいよかった。

クソみたいな事考えてた僕はうんこでしたすみませんでした。本当すみませんでした。というくらい素晴らしい結婚式でした。

特別涙が出るとかそういう感動的な演出があったわけではないんですが、なんだか出席している人みんながみんな本当に祝福している事がわかるほっこりしたよい結婚式でした。

それは出席者の平均年齢が高いからという事だけではなくて新郎新婦の人柄によるところが大きかったのではないかと思います。

いわゆるいい人のまわりにはいい人が集まる的な?

つまりうんこな僕のまわりにはうんこ人間しか集まってこないので僕が結婚式をする事になったら全体的にうんこ臭い式になるんでしょうね。

幸いあと100年くらいは結婚する予定無いのでいいんですけど。よかったぁー!結婚する予定なくてよかったぁー!

 

おかしーなー、体はポンコツでも心は清らかなのがbananaちゃんの売りだったハズなのになー。いつの間にこんなうんこ人間に・・・。

MT4.2xxから5.13へ

XML-RPC経由でブログ記事を投稿しようとするとタイムアウトな感じで失敗しまくるので「もやっ」ときて「そうだアップグレードすれば解決するかも」と思い立ち大して考えずにMovableTypeを5.13へアップグレードしました。

これで少しは軽くなってくれればいいけどなー。

追記

MT4.25ダイナミックでキャッシュ有りでのページ分割 - smilebanana

で行っている設定のうち、みっつめだけ再度設定

血筋

ある日我が家にやって来て、未だに既存猫とちっとも馴染んでないトあほきちラ略してトラ。

そんなトラがまだ捨て猫だった時代、同じ捨て猫ボックスには兄弟(姉妹)と思われる猫が他に数匹いたわけで

そんなトラの姉妹を引き取った人と話をする機会があったので

「猫元気ですか?」

と聞いてみたらため息混じりに

『もうね、元気すぎて大変。避妊手術したんだけど相変わらず元気すぎて大変。もう大変。』

みたいな回答が返ってきて。

なるほど、あぁ血筋なのかな、と。あほの血筋なのかな、と。

塩こうじの基礎

ちょびっと暖めすぎたような気がする我が家の塩こうじ。

「とりあえずはできた」事にして現在冷蔵庫で安置中。

(ちなみに今までの料理で使ってきたのは同時購入した完成品の塩こうじ。)

熱で麹菌死んじゃったかなー。どうなのかなー。とか思いつつ今更ながら調べてみたら

麹菌はそもそも塩と混ざった段階で死んでしまうらしいですね。

日本味噌株式会社

これを少し科学的に解説すると、麹菌の作った酵素によって、米のでん粉やたん白質などが分解されることにより、とろみや甘み、旨みと感じられる物質ができる。さらに、酵素が含まれた塩麹を使うことにより、素材が分解されて、甘みや旨みがでる。ということです。

塩麹の説明で「麹菌の働きを塩でコントロールする」と書かれた誤った資料を見たことがあるので、あえて書きますが、麹菌は、塩と混ぜられた時点で死滅します。ただ、麹菌の作った酵素は残っていますので、物質の分解を進めて行くということです。

塩麹に使われる麹菌は、詳しく分類すると黄麹菌で、アスペルギウス属のカビで、アスペルギウス・オリゼーと言う分類種になります。そして、その麹菌を米に繁殖させる目的は、プロテアーゼ、アミラーゼ等原料高分子物質の加水分解に必要な酵素を生産させることです。
以下が麹菌が生成する酵素とその働きです。

~略~

以上のように、麹菌は様々な酵素を作ります。しかし、この酵素もほとんどが80℃以上になると、壊れてしまい本来の働きは出来なくなります。逆に言うと、高温にすることにより、永遠に続く酵素の活動を止めることが出来ます。

~略~

また、酵素が活発に活動する温度帯は、30~50℃です。その温度帯は、細菌も増殖がしやすい温度帯です。これ以上温度を上げて80℃を超えると、細菌も死んで行きますが、酵素も変性して本来の働きをしなくなります。さらに、酵素は、塩分が低いほうが活性化します。塩麹の場合は、塩分が13.5%と高いことによって、細菌的な面の防御がされていると同時に酵素の活動を緩慢にしています。だから、塩麹を作る期間を短くしたい場合は、細菌的なリスクを恐れずに、塩分を低くして熟成を早める方法があります。

なるほどぉー。

結局の所温度上げすぎるとダメって事なんやね。勉強になったね。

どうかなー。80℃までは上がってないと思うんだけど結構暖かかったからなぁー。酵素壊れちゃったかなー。どうかなー・・・。

置いてきぼり

2012年3月1日 しゃべってコンシェル サービス提供開始!

 しゃべってコンシェル | サービス・機能 | NTTドコモ

 

※私が使っているSH-12Cは対象外

・・・

 

2012年3月28日 Androidスマートフォン向けサービス「おまかせロック」提供開始!

 おまかせロック | サービス・機能 | NTTドコモ

 

※私が使っているSH-12Cは対象外

まだ買って1年経ってないのにこの置いてきぼり感。

納得いかん・・・

/*追記*/

いつの間にかしゃべってコンシェルはSH-12Cも対応になってたやったー!

塩麹豚

塩こうじを使って塩豚作ってみようと思いました。

豚のブロック肉(脂身少なめ)にのっぺりと塩麹をまとわせます。

ハーブミックスがあったのでついでにちょちょいと振りかけておきました。

塩こうじ使えばそんなに汁は出ないのかな?と思って特にクッキングペーパーでは包まず冷蔵庫に入れてたんですが、案外汁が出たのでこれから作る人はペーパーで包んどいたほうがいいと思います。

という事で、何日に仕込んだのかうっかり忘れるという致命的なミスもありつつ多分仕込んだのは土曜日だろう、という事で我慢出来ずにちょっと切って食べちゃいます。

切る段階でわかりますが、塩豚としては明らかに柔らかいです。フニフニ。

ジューワー

 

うんめぇ~・・・・

奇跡的にベストな塩梅・・・。

  

塩こうじの塩分濃度とか塗り具合とか豚肉のサイズによって変わってくると思いますが切って焼いて食う分には放置3~4日くらいで十分っぽいです。

ただなんだろうなぁ・・・普通の塩豚に比べれば格段に柔らかい(と言うか噛みやすい感じ)んだけどなんかこう、中途半端な感じ?

塩豚は普通に塩で作ってあのかったい食感を楽しむのがいいような気がする。

塩こうじの効果を確かめてみた

>なんとなくブームにのって塩こうじを作ってみましたが、果たして言われているような効果(ジューシー・やわらか・うまみup)があるのか?
>実は気のせいじゃないのか?
>そんな疑問を解消する為に・・・

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]