2012年7月の記事一覧

猫の鼻色

鼻色良好ちょび郎さんです。

この猫みたいに白毛でピンクの鼻だとわかりやすいんですが、どうやら体調が悪くなると鼻色が悪くなるくさい。

 

これはちょっと回復した時のものなので大分薄くなってるんですが、こんな感じで鼻まわりに拭いても取れない汚れがついてくるのです。

秋月電子通商で販売されているパワーLED用の集光レンズ

パワーLED用レンズ・ホルダーセットOSHH2045M: LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

パワーLED用レンズOSOLRA2045M: LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

パワーLED用レンズOSOLRB2030M: LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

パワーLED用レンズOSOLRA2015M: LED(発光ダイオード) 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

OSOLRA2015Mについては既に購入して日亜のパワーLEDと組み合わせて使っていますが、ちょっとレンズ側に加工が必要なもののいい感じの集光具合で最高に使い勝手のいいライトになりました。

100均LEDライトを改造 日亜パワーLED+レンズ - smilebanana

他のものはどんな感じなのか気になったので、4種類買ってみました。

まずレンズの高さを実測。

以下、フルに表記するのがめんどくさいので

OSOLRA2015M → 15

OSOLRA2030M → 30

OSOLRA2045M → 45

と表記します。

ホルダー付きは13mm。

まぁ買う前からわかってましたがこれは高さがありすぎて今回のライトへ仕込むのには向いてないです。

 

その他3種類のレンズ(単体)はどれも

約11mm。(他2種の画像は代わり映えしないので割愛)

 

左から、45ホルダー付き・45・30・15。

45とか15に関してはレンズの前面にある出っ張りを1mmくらい削れそうな感じですが、30に関しては前面が平面になっているので背面(細くなってるほう)を削るしかありません。しかし背面のほうを削りすぎるとレンズとLEDが接する感じになっちゃっうので大丈夫かコレ、的な心配が。

 

さて、各レンズを無加工でライトへ放り込んだ場合のはみ出具合はこんな感じ。

実際にはレンズの上から厚さ1mmくらいの透明な板でフタをしなきゃいけないので横から除いてレンズが飛び出ている状態では完全にアウトです。

45ホルダー付き。

こらー無理だわレベルのはみ出具合。

 

15。45・30もちょっとはみ出ます。またそのままでは日亜LED(NS3W183T)の形状と合わない(LEDは角形、レンズ背面は丸形)ので水平になりません。

 

で、なんやかんや削って削って削って3種類のレンズを詰め込んだのがこちら

 

さーそれぞれ比較。(右から15・30・45ですね)

レンズ無し

以前改造したときのもの

 

OSOLRA2015M

以前改造した時のもの

 

OSOLRB2030M

 

OSOLRA2045M

 

という事でまとめると

集光度合い(スポット具合) 45 > 15 > 30

という感じです。

30に関しては「ほどよく集光」という感じですが言っちゃえば中途半端。

それと比べて45の集光度合い!ちょっと遠くを照らすには最適っぽいです。3WクラスのLEDにこのレンズ取り付けたらどうなるんだろう・・・ワクワクしますね・・・。

・・・

ワクワクしますね!!

小バエ取り

  • LED

夏!!小バエの気節!!

 

部屋に小バエがいるんだけどすばしっこくてなかなか退治出来ないどうしようこうしよう!

 

100均のハエ用粘着シートを買ってきて

部屋を暗くしたらそのシートをデスクライトなりなんなりで照らす。

するとあら不思議、小バエがぷんぷん集まってひっかかってくれちゃう。

 

100均の粘着シートは粘着層が薄いので時々取り逃す事がありますがそれでもしばらく放置すればそれなりに取れます。

ちなみに一般的にLED光源の場合は「虫が集まらない」とか言われていますが実感としてはそんなは事なく暗い場所で光らせておけば十分集まってきます。(今回使ったのもLED電球を付けたライト)

 

あと小バエだけじゃなく通常サイズのハエも合わせて大量発生しているひどい状況の場合は、粘着シートをねずみ取り用の強力なものに変えて同じようにしてしばらく放置しておけばちょっとお見せ出来ないくらいガッツリ取れます。

へへペロ

ベッドの上を奪ってやったぜ!へへへ!(ペロリ) の略

ぺろり。

果たして5匹が揃ってベッドの上で一緒になって仲良く寝る日は来るのか・・・

ちょいちょい

逃げつつも「ちょいちょいゲーム」に付き合ってくれる程度です。

運動しろよ

アクセスログを見ていたら

はくだけで痩せちゃうよ! - smilebanana

このページのヒット件数が妙に伸びていました。

最近のアクセス数(微)増の要因としてはつぶやきからの訪問が多かったりするのですが

yamada:最近USBメモリが認識しなかったりするなう

doi:@yamada それってこれじゃないの? USBデバイスが認識されません - 解決 http://bit.ly/9KzQu6

yamada:@doi 全裸なう

今回に限ってはtwitterからの訪問はゼロですべて検索エンジンからによるものでした。

・・・邪推するとなんかおもしろいな・・・。

「ブラクラ」ってこれまた懐かしい響き。

という事でアァーッと!うっかりクリックしてしまったァー!らどうなるかというと

こんなん出てきます。

上のSSではうつってませんが大音量の変な音楽(?)とともに

こんな映像が流れるフラッシュのファイルが埋め込まれているので驚かされるかもしれません。

ちなみにダイアログのメッセージは

OKボタンをクリックするごとに数が減っていき

こんなメッセージになってからは何度OKボタンをクリックしてもメッセージに変化はなくなります。

ちなみにいくらOKボタンや閉じるボタンをクリックしてもダイアログは消えません。

パソコンであればタスクマネージャを開いてブラウザを強制終了すれば消えます。

スマホだとどういう動作になるのか知りませんが「iPhone再起動するハメになった」とかいうツイートもあったので踏まないのが吉。

ソースを確認してみたところでは

<embed height="1000" width="1000" menu="true" loop="true" play="true" src="~うんたら.swf(↑のフラッシュファイル)"

とか

for(i=0;i<10;i++){alert("v○ギイイイイイイイイイイイイイイン\n騙されましたね。あと"+(10-i)+"回クリックすれば脱出できるよ☆。");}

とか

<!--

for(i=0;i<10;i++){alert("v○ギイイイイイイイイイイイイイイン\n騙されましたね。あと"+(10-i)+"回クリックすれば脱出できるよ☆。");}

// -->

</SCRIPT> <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">

 for ( ; ; ) {

 window.alert("v○ギイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン\nまた騙されましたね。ホントに脱出できると思ったの?www")

 }

 </SCRIPT>

<SCRIPT language="JavaScript">

resizeTo(300,300);

for(i=0;i<=100;i++){

function circulate(){

var ransuu1=Math.ceil(1024*Math.random())

var ransuu2=Math.ceil(768*Math.random())

moveTo(ransuu1,ransuu2);

}

setInterval('circulate()',100);

}

とかいう記述がありました。

現時点ではビックリドッキリというだけでウイルスが仕込まれているという事はなさそうな気がします(少なくともVM内のMSEとホストマシンのESETは無反応でした)

サイト自体は少なくとも2011年11月頃から存在していて今までいろんなところで「これブラクラやーん」「くっそー」みたいな事に使われてきたようです。

普通であれば今頃はレンタルサービスの運営元に誰かが通報してアカウント削除とかされてるんでしょうが、確認してみたらまさかの「レンタルサービスの運営元自体がなんかうさんくさかった」のでみんな通報する気が失せてるか通報されてるけど運営元が気づいてないか無視してるかのどれかなのでしょう。

 

とまぁこれは大したこと無いサイトでしたが、同じ手口で、いつぞやのようなシステムの脆弱性を突いてタチの悪い事をしてくるようなサイト誘導されたらパソコンであれスマホであれあんまり笑えない事になってしまうのでちゃんとWindowsUpdateはもちろんFlashPlayerやAdobeReaderやJREなどなどソフトのアップデートもしっかり行ったうえで信頼できるアンチウイルスソフトをインストールしてパソコンは使いましょうねというお話。

こちらから、インストールされているソフトなどが最新かまとめて確認する事ができます。

脆弱性対策情報共有フレームワーク - MyJVN

 

[絵日記]トドを殺すな

ここ1ヶ月ほどお腹の調子がよくないうちのトドおかん。

お医者さんのすすめで胃カメラを飲むことに。

 

医者「ん?」

 

「あー・・・ちょっと「できもの」ができてるねー。ほらほら見て見て。これこれ。」

 

「まぁー今の時点ではいいとも悪いとも言えないけどガンだったとしてもまだ~(後半あんまり聞いてない)」

 

トド母「ガーン」

 

良性か悪性かもハッキリしていない状態でしたが、「できもの」の映像をモロに見てしまったショックと「ガンかもしれない」ショックで2%くらい痩せて、私が帰宅した時には

「お母さんな・・・胃になんかできとってん・・・。結果は来週わかるけどまぁ・・・、もし手術する事になったらあんたの行ってる○○病院で切ってもらう事にするから・・・。多分今ならそんなに手遅れじゃないハズやから・・・。」

 

気分はすでにガン患者。

 

 

結果が出るまでは主にスンスン鳴きながら古いアルバム整理をして過ごしていました。

 

 

そんなトドの検査結果が先日出まして。

 

「できもの」を5ヶ所くらいとってわりと念入りに検査した結果胃がんの可能性はナイとの事で、なんか今ヒャッハヒャハ鳴きながらピロリ菌を殺す薬飲んでますわ。

 

なでーれなでれ

猫の 態度が 大きくなってゆく・・・!

ゆーらせゆらせ

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]