2012年11月の記事一覧

9年目の真実

9年間猫飼っておきながら今更気づいたんですけど・・・

 

うちの猫、顔舐めない・・・・。

 

なんかテレビとか漫画ではよくご主人様の顔ぺろぺろしゃぶしゃぶしてるけど、猫は人の顔なんて舐めないよ!

お腹減ってる時でもひたすらニャーニャー鳴くか前足でチョイチョイするだけだよ!

猫は人の顔なんて舐めないよ!

別にうらやましいから言ってるわけじゃないよ

衛生的にも、よくないでしょう?

お肌的にも、よくないでしょう?

そうだよ!舐めちゃだめなんだよ!

PowerShot SX50HS

ほんのちょっとだけ借りる事ができてしかもちょうど満月。

時は来た!

という事でまず動画。

光学50倍手持ち。ひょえー。

でも薄雲がかかってたからか、動画の場合はAFロックかけとかないとフォーカスがひょろひょろ迷っちゃうなー。

ということで静止画。(ISO-200 f/6.5 1/160秒 1200mm相当)

もちろん手持ちです。

望遠端でも結構手ぶれ補正が効くのでフレーミングが楽。

 

RAW+JPEGで撮影していたのでRAWをトリミングしてシャープネスちょいっといじってDPPのHDR加工に放り込んだのがこちら

等倍で見るとさすがにアレですが縮小すれば案外いける?

 

あと昔で言う「0cmマクロ」も健在でレンズにくっつくような状態でもフォーカスが合います。

さすがに借り物のレンズに傷を付けたらヤバイのでくっつけてはいませんがくっつけても合いそうな予感。

広角端(ISO-400 f3.4 1/30秒)

S5ISのように「スーパーマクロモード」に切り換える必要はありません。っていうか「スーパーマクロモード」なんてありませんでした。普通のマクロモードに切り換えるだけでOK。

(AUTOモードなら切り換え不要で合うのかもしれない?)

 

アーハーン。いいなーほしいなー。楽しいな-。

価格.com - CANON PowerShot SX50 HS 価格比較

公式の(……きこえますか…きこえますか…)並べてみたり… - Togetter

なんかすごい流行ってる。

これに気をよくした糸井重里さんがMOTHER4開発スタートしたりしないかな。

 

と、なぜ私がそう思ったかというと、これの元ネタはMOTHER2のアレでしょ?あの、アレでしょ?

と、思っていたからなんですが、今ラスボス戦見直してたらちょっと違う。

えーっ!じゃあMOTHER4の発売はないの!?

ガッカリだよ!!どうしてくれんのよ!!

と、思っていたら 

temporary tokage notes • 「聞こえますか…心に直接…」のオリジナル検証

えっ、えっ、つまりどゆこと?MOTHER4はあるの!?ないの!?あ、無いのね。

canon CMOSコンデジの罠

ああー、一眼用の明るいレンズが欲しいなー。

広角の明るいレンズが欲しいな-。

それで夜空や夜景を撮りたいなー。

12月にはまたふたご座流星群とかありますやんかー。

あーん欲しいなー。欲しいなー。

・・・ん?待てよ?

なんか明るくて広角なレンズのついたデジカメを持ってたような・・・。

IXY 31S「ボクがおりますやん・・・」

 

あーっ!そうかよく考えたらこいつのレンズF2の24mm(35mm判換算)だったー!明るくてわりと広角だー!

コンデジと夜空なんて組み合わせはなから頭になかったから気づかなかったー!

 

という事で色々試し撮りしようと思ったんですが、・・・あれ?なんか・・・?ちょっと・・・?

 

シャッタースピード設定が1秒までであれば

ISOを自由に設定できるんですが

 

シャッタースピード設定が1秒をこえると

ISOが100に固定されちゃっていじれなくなるのです。

 

調べたらどうやらそのような仕様みたいで。

はぁー。ちょっと高感度にして3秒露出とかはできないのか・・・。

まぁIXYだしなー。仕方ないか。

と、思いきや玄人向け(?)シリーズであるPowerShotでもセンサーにCMOSを採用している機種の大体は同じ仕様みたいで。(シャッタースピードが1秒をこえると最低感度に固定)

こっそり買おうかなと思っているPowerShotSX50HSでも同様らしく。なにーくそー

(カスタムファームとか入れたら色々できるみたいですけどね)

見られてる

出先で作業中、窓の外から誰かに見られている気がして(視界の隅になんか見える)

まぁ作業風景を観察されるというのはよくある事なので(参考:トンツクさん)気にせず作業を続けていたんですが、いやでもこの人なんか微動だにせずにこっち見てきますやん。

いややわー

こわいわー

不気味やわー

かといって振り向いて、もしも、そこに誰もいなかったら・・・

とか考えたら恐くて振り向けませんやん。

いややわー

こわいわー

 

そうこうしているうちに作業が終わってしまったので「ええい!」と振り向くと、そこにいたのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェリー。

どっこいしょういち

見事な開脚を披露する庄一さん(仮名)

風呂好き猫

我が家で唯一風呂場を怖がらない猫、寅次郎

Logitec LHR-2BREU3

買おう→買いました。

届きました。

ダイレクトショップのアウトレットコーナーでBluetoothのイヤホンが安かったのでついでに買ったところ、製品が入った箱が入った箱が入った箱というふんだんにダンボールを使用した梱包で届きました。

中には本体とACアダプタとUSB3.0のケーブルとeSATA用のケーブル、他付属品などが入っています。わりとシンプル梱包。

アイオーデータのNAS、HDL-GS1.0Tと比較するとこんな感じ。

搭載するHDDに付属してきたハンドルを取り付けます。

ネジを締める為のプラスドライバーまで中に入っているという親切さ。

本体前面のカバーを開けて・・・

NDDを・・・

挿入ーーー

なんつってな!! ガハハハハ!!

 

その後RAID1にモードを切り換えてパソコンに接続

フォーマットを行います。

今回組み合わせたHDDはWesternDigitalのWD Green WD20EZRX/Nです。

eSATA接続時のCrystalDiskMarkによるスコアはこちら。

RAID1

データを入れる前に、RAID0に切り換えて試してみました。

RAID0

ちょっと早い。

 

ディスク障害の確認をパソコンから行えないのは若干残念ですが 、うちのばあいは前面のランプを猫がチェックしてくれて異常があったら「でぃすくがやばいニャー」っつって教えてくれますから問題無いですね。

 

嘘ですけど。

お料理教室

先日、料理男子はモテるかと思ってとある料理教室に行ってみたんですが

というか、家族が行くというので同行してみたんですが、料理教室ってアレね。

想像では、なんか優雅にボサノバとか流れる中で

 

「僕これ切りますね~」 「あっお願いしま~す」 「唐辛子苦手な人います~?」

 

みたいな感じかと思ったら、実際はすーーーーげぇドタバタで

 

「もうこれ茹でちゃっていい!?」 「これ誰切る!?」 「あぁ!それ切り方違う!!」 「今からそんなにしたら煮詰まっちゃうから!!!」 「ハイできたー!!さっ食べるよ食べるよ!!」 「ハイ片付け片付け!!」 「はい撤収撤収!!」

 

みたいな感じなのね。しかも家族だけで班を組んじゃったもんだから出逢いも駆け引きもクソも無い。

いやー、全然思てたんと違ったわー・・・。

 

けどパン作りなら大丈夫だろう、という事で今度はパン教室へ行くことにします。

俺、ジャズが流れる中で優雅にパン生地こねるんだぁ・・・(但しパートナーは姉)

もこもこ

知り合いに頼まれてタイヤをオークションで探していたんですが

 

 

もこみち」というフレーズが見えた人は私の仲間です。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]