2013年3月の記事一覧

義務感

春だし、1回くらいは桜をのせとかないとな、的な。

こわれたUSBメモリを

壊れてしまったUSBメモリ、フリーソフトでどうにかできないか試してみましたが

Recuva - Undelete, Unerase, File and Disk Recovery - Free Download

そもそもスキャン対象に選べない。

 

データ復旧ソフトウェア FromHDDtoSSD Ver2.1系 + ストレージ検査、ストレージ故障予測、データバックアップ

スキャン途中でフリーズ。

このソフト、いろいろいじればなんとかなりそうな雰囲気はあるんですが何かと素人向きじゃないので正直よくわかりません。

という事で困った時はとりあえずファイナルデータの体験版でスキャンしてみるほうがいいとおもうよ!

データ復元ソフト ファイナルデータ / まずは、無料体験版。復元の可能性を今すぐチェック!

USBメモリがこわれた

人のものが壊れるケースは何度か目にしてきましたが、自分のものが壊れたのは初めてです。

という事でUSBメモリが壊れたようで、突然アクセスできなくなりました。

状況としては

1.USBメモリをパソコンに接続して作業中、中に入っているファイル・フォルダの一部が文字化けしているのに気づく

2.「アレ?」と思い違うポートに挿し直す。

で・・・でたぁー!!

「ディスクはフォーマットされていません。」やぁー!

ということで、このUSBメモリはどのパソコンに挿してもアクセスできなくなってしまいました。

 

 

 
 
 

      うっわマジかー・・・
            ___
       /      \  やべーやべーこれはやべー・・・
    γ⌒) ノ  \ u(⌒ヽ 
   / _ノ (●)  (●) \ `、
   (  <   (__人__) u  |  )
    \ ヽu  ` ⌒´   / /

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
            なんちて
           ____
  .ni 7      /ノ   ヽ\  
l^l | | l ,/)   / /゚ヽ  /゚ヾ\      .n  
', U ! レ' / /   ⌒   ⌒  \   l^l.| | /)
/    〈 |  (____人__)  |   | U レ'//) 
     ヽ\    |lr┬-l|   /  ノ    / 
 /´ ̄ ̄ノ    ゙=ニ二"   \rニ     | 
                      `ヽ   l

 

 

必死な思いでここへたどり着いた方には申し訳ないんですが私の場合、ほとんどのデータはバックアップとってあるし、バックアップとれてない最近のデータも消えたところで問題無いようなものなのでダメージは2くらいしか無いんですー。

これが他人のもので「USBメモリにしか入れてないデータがあるんですぅぅぅぅ」とかいう話だったら焦りながら汗かきながらそれでいて冷静に

「それがお金を払うに値するデータであるならば、今すぐデータ復旧のサービスにでもさっさと送りなさいよ」と答えるんですが

データ復旧.comはデータの復元実績No.1|日本データテクノロジー

今回はそんなでもないので、とりあえず手持ちのFINALDATAでスキャンをかけてみました。

ゴリゴリ。

スキャンしたUSBメモリは8GBのものでしたが、終わるまでに1時間30分くらいかかった気がします。

既に削除したはずのファイル(フォルダ)も含めて色々出てきました。

以前同じような状況でスキャンした時には、ファイル名やフォルダが文字化けを起こしていましたが今回それはありません。

が、その代わり肝心の中身が・・・。

きれいな状態で復元されたものもあれば、壊れているものも多数。

※拡大

というか大多数。

傾向としては、タイムスタンプの古いものは大体壊れている感じ。

むしろ無事に復元されたのは最近保存したファイルだけ。

と、いうことは・・・

 

・復元できなかった古いファイル→バックアップ出来てる

・バックアップできてない新しいファイル→復元出来た

 

なんと!ダメージ0や!

やったー!わーいわーい!ということで

みんな!

USBメモリもバックアップは大事だよ!

あとFINALDATAは忘れたころにぼちぼち役立つよ!

ただし役に立たない事もあるから「オイコラ役に立たなかったじゃねーか」と文句を言われてもわたしゃ知らないよ!

「このデータがないと私の首が!いや社内での立場という意味じゃなくて人体のパーツ的な意味での首が!命が!」

というほど本当に大事なデータが入っていたのなら素人がゴソゴソしないでさっさとデータ復旧サービスに連絡を取ることが大事だよ!

っていうかそもそもそんな大事なデータをUSBメモリにしか保存してなかったという事辞退が(略

MFわきわき

MF(マニュアルフォーカス)動画練習中です。

好き嫌い

おでこわきわき→OK

首もとぐいぐい→NG

お安くiPhone。

普通の人には真似出来ない方法ですが、24ヶ月目までは月額8円で運用してきた私のiPhone4。

月々8円~使えるiPhone4 - smilebanana

24ヶ月を過ぎた現在は

こんな感じに月額318円で運用中です。

Wi-Fiでしか使わないので解約しちゃってもいいんですが、「回線を残しておけば何か役にたつかな~」と思い今まで残していました。

ほんとです。解約するのを忘れていたわけじゃないんです。ウッカリじゃないんです。ちゃっかりです。

さて、そんなちゃっかり残しておいた回線が役に立つ時が!

au、iPhone5を一括0円で投げ売りへ 最低維持費も毎月わずか3円で祭り開始 | すまコジ

なんですか、auの期末鼻血キャンペーンでMNPならiPhone5を10,000円で購入出来るんですって?

しかもWi-Fi運用なら(2年間は)月額3円~使用できるんですって?

こ・・・これはauショップ行ってみるか!!

・・・と思ったんですが・・・。

なんか6月には5Sが出るっちゅー話ですよね・・・。

クアッドコアになるとか?

IGZO搭載するとか?

ドコモが売り始めるとか?

まぁメインで使うわけじゃないし、スペック的には別に5でもいいんですけど料金的にはドコモが参入すればさらに一波乱ありそうですよね・・・。

という事で待ちかな・・・。

野生を取り戻せ

久しぶりに綱引き

 

ローレライ!ローレライ!

ローレライ!ローレライ!

おわり。


色々改造したソーラーLEDガーデンライトの明るさを比較したいと思います。

撮影条件は揃えてあります。

5mm砲弾型LEDを3個取り付けたもの・プリンカップ(参考)

拡散処理してないのでスポット配光です。

SMDタイプの3チップLEDに交換したもの・プリンカップ(参考)

ライトの足元を広く照らしてくれます。

SMDタイプの3チップLEDを2個並列接続したもの・プリンカップ(参考)

2倍明るくなるかと思いきやそうでもないっていう。

昇圧ドライバを秋月のCL0116に変更してSMDタイプのLEDに交換したもの・コレクションケース

ケースが違うというのもあるかもしれませんが今までの中では一番の明るさ。

ちなみに、大きめのケースに4個ぶっこんだやつはどうかと言うと

SMDに交換したのを4個分ぶっこんだやつ(参考)コレクションケース

どうです、4個もぶっこんでるのに大して明るくないでしょう。

 

という事でよーし4番(CL0116に交換したやつ)を量産するぞー

おかねがないときはでんしこうさくするとじかんがつぶれていいよ

Garden Creations JB5629 Solar-Powered LED Accent Light

という事で性懲りもなくソーラーLEDガーデンライトを改造します。

これまでもLEDの数を増やしてみたりLEDをSMDタイプにつけかえたりしたんですが

ソーラーLEDガーデンライトの改造

ソーラーLEDガーデンライトSMD化

プリンカップに乗せる形式だと軽すぎて強風の時転がったりするので安定感を増そうという事で

ダイソーのコレクションボックスミニ(ワイドタイプ)を使う事にします。

スペースがたっぷりあるので部品をバラして

乗せてつないで。

単純に4つ分並べてみましたが、思ったより明るくなくてガッカリでした。

 

これはあれですね。

どうやら個数を増やす方向での改造よりも単体での性能を向上させる改造をしたほうがよさそうですね。

わかりやすく言うと、4人の貧乳 < 1人の巨乳。

ビバ巨乳。偉大巨乳。

つまりそういう事ですよ。

多分そういう事ですよ。

 

さ!巨乳化を目指して昇圧ドライバICを得体の知れないANA618から秋月で売られているCL0116に交換します。

LEDドライバIC CL0116(4個入): 半導体 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

>シンプルなワンチップのソーラーLEDコントローラ
>昼間は太陽電池で電気を蓄え、暗くなるとLEDを点灯させます。
>小さなソーラータイプのナイトライト等に最適です。

インダクタもよくわからないものから指定品(330μH)に交換しました。

さぁ交換前(ANA618)と交換後(CL0116)で比較してみましょう。(LEDは元からついていたものを使っています)

交換前

交換後

あ・・・あれ?結構微妙・・・これでは巨乳とは言えない・・・けどまぁ、一応は明るくなってる様子。

という事で

これまたダイソーのコレクションボックスミニ(ハーフタイプ)に

入れました。

LEDはSMDタイプのものに交換してグルーガンで固定。(もうちょっとスマートな固定方法ないもんかな・・・。

 

次回、貧乳の人に刺し殺されてなければ今まで改造してきたものをまとめて比較したいと思います。

某であごすてぃーにの話

以前、フェラーリのラジコンシリーズがCMで流れていた時に一度取り上げたことがあるデアゴスティーニのおはなし。

週刊フェラーリ ラジコンカー - smilebanana

当時の私は、既製品探して買ったほうが割安。かといって既製品を一括で買うようなお金がない、のなら諦めるかローンでも組んで24回払いにでもして買ったほうがまだ割安だなー、とか思いました。

最近はロボットのやつが人気らしいです。

ロビ| DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

創刊号790円・通常価格1,990円・全70号で完結(予定)

 謎の数式:790+(1,990*69)=790+137,310=138,100

そんなデアゴスティーニ商法すてきな商品について、伊集院光さんがラジオにてちらりと以下のように触れていました。

あのさ、今やってるロボットのやつあんじゃん。

すっげぇ売れてるらしいんだけど、何人最後までたどり着くかね。

だってあれ、結構全部買うと、最初の1巻は特別価格でパーツがころんてくるわけじゃん。

デアゴスティーニに対して今までちゃんと、酸いも甘いもかぎわけてる人が買ってるわけじゃないと思うんだよね。「大ヒット」ってことは。

「結果、姫路城天守閣だけだったな」みたいな(笑)人とか

「ハーレーダビッドソンの前輪だけが家にコロンてある人」はいるじゃん、ディアゴスティーニ向きでは実はなかった。っていう。

もしくは最後までハーレーダビッドソンも買ってさ、戦艦大和も最後まで買ってさ、最終的には戦艦大和の頭から後まで全部あって、で後ろに槇原敬之と松本礼二が殴り合いのケンカしているフィギアまで全部綺麗にやった人があのロボットのやつ買う分には問題無いと思うんだけど。

テレビでもうさ、完成しちゃったロボットがかわいく歩いちゃったうえにさ、なんかわかんないけど「僕もぅねむぃ」みたいなのやったとこみて買ってるけど。

あれさ、実際全部買うと結構な値段だよ。

あの出来上がりを全部見た上で、ほいで「特別定価980円(編注:実際は特別価格790円)」って言われるとあのロボットが980円みたいな感じちょっとするけど、おそらく全部出るまで買ったら十数万いくと思うよ。

でおそらく、それが手に入る時期、いつ!みたいに言うと、そうとう多分先だと思うんだけど・・・

ちょっといいかな、この話なんで俺はじめてる!?

するとしばらく後、かつてデアゴスティーニで集めていたというリスナーからの反応があり

ペンネーム○○から

僕、デアゴスティーニ、10年ぐらい前に、ゴキブリみたいな形の小さいロボットができる、センサー付きの「リアルロボット」っていうのを購読してました。と。

で、定期購読した20号目あたりから何かちょっと雲行きがおかしくなってきて「全120号にします」とか「やっぱり100号にします」みたいな話が出てきて、最終的に、「スッ」と90号ぐらいで終わりになった、と。

で、30号目あたりからもう隔週に変わってて、90号が出終わったときには3年くらいかかった、と。

多分、と。

で、なんで最後急に「多分」、て書いたかって言うと、あのー、自分の部屋の押し入れの4分の1くらいが未開封のその本で埋まっている、と。(笑)

ほいで、途中で買うのをやめてるらしいんですけど(笑)

で、その時もそうなんだけどちょっと複雑なパーツがついてる号は高くなったりとかするらしいんです。

だから、大変よ、っていう(笑)

一筋縄の覚悟ではいきませんよ、っていう。

でその、こういう目にあってる先輩から言わせてもらいます、と。

「今売ってるロボットのやつ、欲しいですけど」と。

「欲しいけど覚悟のいる道ですよ」っていうのが書いてある(笑)

まぁ、そのー。

恐らく探せばこれまで刊行されたシリーズのその後をまとめているサイトなんかも見つかるんじゃないかと思うんですが、それはさすがにミッキーの中の人を探そうとする行為に等しい気がするので控えておきます。

件のロボットについても既製品(完成品)が売られているいるんだろうなーなんて事を思うんですが、それはさすがにミニーの中の(略

おまけ

デアゴスティーニを最後まで作り上げた人の作品・完成品をご覧あれ!【画像】 - NAVER まとめ

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]