2013年11月の記事一覧

おもしろそうなもんみっけ!

ジャパンのアマゾンでは今現在950円

ちなみにAmazon.comでは6.99ドルがディスカウトされて5.97ドル

Striker Hand Tools 00-105 Magnetic Light Mine Hands-Free Task Light - Amazon.com

まぁ・・・、これくらいの金額差なら許せるかな。

電池はLR44を3個使用LEDは1灯で約8ルーメン、という事らしいです。

まぁ、それなりの明るさ。

っていうか性能云々よりどうですかこのフォルム。

LEDライト好きじゃなくても男子はこの形にイチコロだよねー!ついついポチッちゃうよねー!

 

海外のレビューでチープだと言われているスイッチ。

まぁチープですけど金額考えたらこんなもんかなぁと。

思いの外磁石(ネオジウム磁石)が強力で、側面に磁石1個で貼り付けてもずるずる落ちるような事はありません。

やべーこりゃ予想以上にいいもんだったわ。大成功だわ。

なんかレビュー見てると硬くて本体開けられないので電池交換できねーよ!とかいう書き込みあるけど、いやいやそんな馬鹿な事が

なるほどこの爪を押さえて開ければええんやな。(表面と裏面で二ヶ所ある)

よーしそれっ・・・おっ・・・あれっ・・・

 

・・・あー、これ無理くさい。開けるのほんとに無理くさい。

壊す覚悟でこじっても開く気配すら見られないってこれどうよ。

 

うーわーすごい惜しい。変なストラップつけるくらいならもうちょっと開けやすくしといてくれよぉー・・・

生たこ

じじいがタコを釣ってきたけど毎回ゆでだこや唐揚げやたこ飯というのもつまらないので生のまま刺身にトライ。

そしたらまぁーあーた皮を剥くのがめんどいったら。

そして薄くきれいに切るのが難しいったら。「あー、なんとなくわかってきた」と思った頃になくなる脚。

ほどよきコリコリ感。

 

吸盤のほうだけしゃぶしゃぶ風にさっと湯通ししてみたところ

なんかすごいグロい事に。これまたコリコリしてておいしいんですけどね。

[マウス]ZALMAN ZM-M400

マウス買い換えの時期が来てしまいました。

マウスのチャタリング現象に悩まされた私が去年たどり着いたのはボタン耐久性500万回を誇るZALMAN M200

[マウス]ZALMAN M200 - smilebanana

まぁ、さすが高耐久スイッチを使ってるだけあってチャタリングは出てませんよ。

・・・チャタリングは。

 

ホイールのほうが動き悪くなってしまいましてね。えぇ。

難しいもんです。チャタリングさえ起きなければずっと付き合っていけると思っていたんですが。

あっちをたてればこっちがたたず。

さてどうしようかな、BUFFALOの法人向けのやつにしようかな。

でーもこれサイドボタンがついてないんだなー。

という事でZALMAN ZAL-M400

500万回耐久のメインスイッチにサイドボタン付き。

DPIの切り換えスイッチもありますがこれ、有効活用している人いるの?

 

めんどくさいので今回スイッチの確認はしませんがとりあえずスクロールホイールの材質がM200と全く同じようなものでした。

・・・あれ?もしかして一年後にはまた同じような・・・いや忘れよう。

おでんパフォーマンス

今夜はおでんでした。

地味に手間とコストがかかるわりに個人的にはあんまりテンション上がらない料理なのでしばしのお別れ。

揚げだし里芋

里芋の揚げ出し☆でエネルギーの補給! by あこびち牧場 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが158万品

里芋に片栗粉をまぶす時はビニール袋を使うと洗い物もなくていいです。

ちょい高めの温度でカリッとなるまでしっかり揚げると食感が最高です。

しかし時間がたつとただのふにゃふにゃになってしまうので作りたてを食べるに限ります。

うまくてもまずくても何も言わないうちの家族ですが、あっという間になくなったのでわりとおいしかったようです。

喪中ハガキ

さーて本日のブログは・・・あ、そうだ喪中ハガキ作らないと

という事で今日も危うく忘れる所でしたがギリギリのところで思い出したので喪中ハガキを作っております。

ここ数年は日本郵便が提供している「はがきデザインキット」を使って年賀状作りをしていたんですが、さすがに喪中はがきのテンプレートなんかはないよ・・・あったー!

へぇー、喪中はがきってある意味「うちには空気読んで年賀状送ってくれるなよ」っていうものなのに作れるんだねー、へー。

と思ったら

・・・ん?

 

お・・・おぅ?

こんな文面の喪中ハガキは見た事ないぞ・・・と思ったら多くのテンプレートにこの一文が。

さ・・・さすがやでえ日本郵便さん

(この一文の入ってないテンプレートも探せばあります)

先日のスズメバチの巣

蜂の巣を取ることを趣味としているおじさんに撤去を頼んだら

「どーせもうすぐいなくなっからそれまで辛抱してけろ」

と言われたとかで、どうやらスズメバチって越冬できないらしく耐えられない気温になると死んでしまい巣は無人(無蜂)になるんですと。

先々週あたりからグッと冷え込んできたのでどんなもんかと様子を見に行ってみると

おぉ・・・

 

確かにハチッ子一人飛んでねぇ・・・

 

さよならハチさんまた会う日まで、いや会いたくないけど。

新しょうがが大量に畑からやってきたものの、今年はできが悪いらしくヒョロっとしたものが多いので

千切りにして

豚肉と一緒に炒めた後、醤油・みりん・酒・砂糖でグツグツしたら

できました。

新しょうがならではのさっぱりとしたにがっ!

もっとさっぱりとした感じかと思ったら新しょうが思ったよりにがっ!

ミョウガとか好きな人ならたまらない一品かもしれませんが私にはにがっ!

喪中ハガキ

毎日香のCMを見て「ハッ!!そうだ喪中ハガキ作らないと!」と思い出す

 ↓

忘れる

 ↓

(なぜか)寝る直前になって「ハッ!!しまった喪中ハガキ作るの忘れてた!明日こそ作らないと!」と思い出す

 ↓

寝る(忘れる)

 ↓

毎日香のCMを見て(以下ループ)

先日購入した真空包装機ムダゼロMZ-280-B

近場で消耗品確保できるかしら、と家電屋・ホームセンターを巡ったところ

ドウシシャのロールとBONABONA(CCP)のロールが売られていました。

そのうち単価が安そうなBONABONAの真空パック器専用抗菌ロール袋 EX-3024-00を購入してみました。

26cm×6mで980円くらい。

30cmに切って使った場合1枚当たり49円といったところ。

ムダゼロにおまけでついてきたフィルムと違い、片面のフィルムにデコボコがあるタイプです。

早速、自家製アジの干物をパックしてみます。

 

あれぇ?

全然ピッチリこないわこれ。

吸引してる段階ではいい感じにピッチリしてるんですが、シールを始めた途端「ぷしゅぅー」とか言ってちょっと空気が入ってしまう感じ。

切り取って何回かやり直してみたんですがやはりピッチリきません。

お米なんかもやってみましたが同様。

試しにムダゼロ付属のフィルムでもやってみると

いい感じのピッチリ感。これこれ。

BONABONAのフィルムはムダゼロと相性悪いのかなー。

 

拡大図

BONABONAのやつ

スッカスカ。ふっわふわ。

 

ムダゼロ付属のやつ(MZ-01)

ピッチピチ。

 

という事でおとなしく推奨品?のフィルム(ウルトラチューブ)を注文しました。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2019年8月 [1]
  2. 2018年1月 [1]
  3. 2017年1月 [1]
  4. 2016年11月 [1]
  5. 2016年10月 [1]
  6. 2016年6月 [1]
  7. 2016年5月 [2]
  8. 2016年4月 [1]
  9. 2016年2月 [2]
  10. 2016年1月 [4]
  11. 2015年12月 [2]
  12. 2015年11月 [1]
  13. 2015年10月 [3]
  14. 2015年9月 [4]
  15. 2015年8月 [17]
  16. 2015年7月 [13]
  17. 2015年6月 [19]
  18. 2015年5月 [22]
  19. 2015年4月 [21]
  20. 2015年3月 [23]
  21. 2015年2月 [22]
  22. 2015年1月 [28]
  23. 2014年12月 [27]
  24. 2014年11月 [24]
  25. 2014年10月 [21]
  26. 2014年9月 [19]
  27. 2014年8月 [8]
  28. 2014年7月 [24]
  29. 2014年6月 [25]
  30. 2014年5月 [24]
  31. 2014年4月 [23]
  32. 2014年3月 [27]
  33. 2014年2月 [25]
  34. 2014年1月 [28]
  35. 2013年12月 [30]
  36. 2013年11月 [24]
  37. 2013年10月 [27]
  38. 2013年9月 [25]
  39. 2013年8月 [26]
  40. 2013年7月 [29]
  41. 2013年6月 [30]
  42. 2013年5月 [25]
  43. 2013年4月 [28]
  44. 2013年3月 [30]
  45. 2013年2月 [28]
  46. 2013年1月 [30]
  47. 2012年12月 [27]
  48. 2012年11月 [22]
  49. 2012年10月 [25]
  50. 2012年9月 [30]
  51. 2012年8月 [31]
  52. 2012年7月 [30]
  53. 2012年6月 [30]
  54. 2012年5月 [28]
  55. 2012年4月 [30]
  56. 2012年3月 [31]
  57. 2012年2月 [28]
  58. 2012年1月 [31]
  59. 2011年12月 [30]
  60. 2011年11月 [30]
  61. 2011年10月 [31]
  62. 2011年9月 [30]
  63. 2011年8月 [28]
  64. 2011年7月 [30]
  65. 2011年6月 [30]
  66. 2011年5月 [31]
  67. 2011年4月 [28]
  68. 2011年3月 [31]
  69. 2011年2月 [28]
  70. 2011年1月 [29]
  71. 2010年12月 [29]
  72. 2010年11月 [30]
  73. 2010年10月 [31]
  74. 2010年9月 [30]
  75. 2010年8月 [31]
  76. 2010年7月 [29]
  77. 2010年6月 [29]
  78. 2010年5月 [30]
  79. 2010年4月 [28]
  80. 2010年3月 [31]
  81. 2010年2月 [28]
  82. 2010年1月 [35]
  83. 2009年12月 [30]
  84. 2009年11月 [29]
  85. 2009年10月 [32]
  86. 2009年9月 [29]
  87. 2009年8月 [31]
  88. 2009年7月 [31]
  89. 2009年6月 [30]
  90. 2009年5月 [30]
  91. 2009年4月 [30]
  92. 2009年3月 [30]
  93. 2009年2月 [28]
  94. 2009年1月 [31]
  95. 2008年12月 [31]
  96. 2008年11月 [31]
  97. 2008年10月 [30]
  98. 2008年9月 [31]
  99. 2008年8月 [30]
  100. 2008年7月 [32]
  101. 2008年6月 [30]
  102. 2008年5月 [31]
  103. 2008年4月 [30]
  104. 2008年3月 [31]
  105. 2008年2月 [30]
  106. 2008年1月 [27]
  107. 2007年12月 [31]
  108. 2007年11月 [28]
  109. 2007年10月 [29]
  110. 2007年9月 [29]
  111. 2007年8月 [31]
  112. 2007年7月 [30]
  113. 2007年6月 [30]
  114. 2007年5月 [31]
  115. 2007年4月 [29]
  116. 2007年3月 [31]
  117. 2007年2月 [28]
  118. 2007年1月 [33]
  119. 2006年12月 [30]
  120. 2006年11月 [30]
  121. 2006年10月 [31]
  122. 2006年9月 [30]
  123. 2006年8月 [32]
  124. 2006年7月 [33]
  125. 2006年6月 [28]
  126. 2006年5月 [32]
  127. 2006年4月 [32]
  128. 2006年3月 [33]
  129. 2006年2月 [29]
  130. 2006年1月 [32]
  131. 2005年12月 [32]
  132. 2005年11月 [35]
  133. 2005年10月 [37]
  134. 2005年9月 [36]
  135. 2005年8月 [34]
  136. 2005年7月 [38]
  137. 2005年6月 [34]
  138. 2005年5月 [40]
  139. 2005年4月 [36]
  140. 2005年3月 [33]
  141. 2005年2月 [36]
  142. 2005年1月 [33]
  143. 2004年12月 [42]
  144. 2004年11月 [41]
  145. 2004年10月 [16]