2014年11月の記事一覧

今夜、おうし座+しし座“ダブル流星群”7元同時中継、火球クラスの大物も? -INTERNET Watch

チャンスや!

よっしゃ!

 

Loading the player...

 

 

       
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
 ̄ ̄        

 

スライサーで手抜きして細かく切ったゴボウ(あく抜き済み)とにんじんをサラダ油で炒める。

ゴマ・カレー粉・ガラムマサラ・七味・砂糖・酒・みりん・醤油あたりをペーッと入れつつ炒める。

スパイシーきんぴらのできあがる。

味見して、ひとつまみでご飯3口いけるくらいの濃い味付けになってることを確認する。

急遽鶏肉を一口サイズに切って炒める

先ほどのスパイシーきんぴらと合わせる。

スパイシーきんぴら鶏中和のできあがり。

最初から鶏肉と合わせるためにちょっと濃いめの味付けだったんです、という事にする。

何万もするレンズや、何千円もするガスコンロは買うのに半年~数年ほど躊躇してしまいますが百均の商品にはそんな躊躇いらない。

という事で紅葉を狩りつつ百均巡りをしていたら新商品見っけ

左のやつ

グリーンオーナメント NO.31044 LED懐中電灯 Wide&Spot

右のやつ

グリーンオーナメント NO.31041 スーパーLEDズームライト

ちなみに購入した百円ショップは以前、ちょっと変わったソーラーガーデンスポットライト新種のLEDライトを発見したお店です。

もはや断言できますけどここの店長確実にLEDライト好きですよね。

そんな広い店舗じゃないのに、今回購入したものも含めてLEDライト関連商品だけで20種類以上置いてあってしかも新商品が出たら逐一仕入れるとか異常すぎる。それをちょいちょいチェックしにいく私も異常すぎる。店長が女性だったら結婚したい。

さてお店の話は置いておいて今回のLEDライト、どこが違うのかわかりますか、わかりますよね!さすがお客様!そう!

ズーム機能付いてる!!

ズームがあるということはレンズやスライド機構も備えているという事で百均LEDライトもついにここまで来たかと。

とりあえずNO.31044のほうから見ていきます

先端をひねるとちょっと伸びます。

電池ケースは5LEDや9LEDのライトと同じやつですがON/OFFスイッチはスライド式

なんか全体的にちゃちな印象。

使用されているLEDはちょっと大きめの砲弾型。これは前に購入したやつと同じLEDかなー。

通常の5mm砲弾型LEDと比べたら明るいですがそれなりな明るさだし改造ベースに使いにくそうなので急激に興味が失せてきましたシワシワシワ

 

続いてNO.31041のほう

これは単純にスコッと先端を引き出すと伸びます。それなりに抵抗感もあって勝手に伸びるような事は無い感じ。

また先端の白いパーツ・緑のパーツそれぞれがねじ込み式になってて作りが丁寧。

レンズになんかゴミとかいっぱいついてますけどそこはまぁご愛敬。

ってあれ・・・このLEDの影は・・・。

うわっスゲェ

パワーLED使ってる

パワーLEDとは・・・パワフルに光るLED。安いLEDライトで使われているLEDに比べると格段に明るいが高い。(単品で買うと安いものでもLEDだけで100円くらいする。)

参考

うちの怪しいテスター実測値で8.6Ωくらいの抵抗しかついてないからパワーLEDとはいえオーバーロードだとは思うけど100円なら仕方ないか。

それでいて放熱板がねぇ・・・けど100円なら仕方ないか。

ただ明るさがイマイチだったら結局お買い得とは言い切れないですわよ奥様

ヒャー!!

アカルイー!!

LEDそのものもさすがパワーLEDという明るさですがそれより集光が綺麗にされてるなー、という感じ。

先日購入したUSBライトなんかはムラッムラなのに。

ちなみに、9LEDをベースに日亜化学の1WパワーLED+秋月で売られてたレンズを仕込んだものがこちら

(LEDライトやカメラの位置は違いますがシャッタースピードなど撮影の設定は同じです)

いやぁこれは9LEDとかのライトを買ってきてちまちま改造する時代は終わりましたねぇ。

むしろこのライトの部品を使って改造するのが捗りそう。

ライトを改造する趣味のない人も

この右のパッケージを見かけたら単4電池と一緒に買っておいて損はないと思います。あ、左のパッケージは無視してかまいません。

紅葉

紅葉が綺麗な季節ですから出かける時には一応カメラを持っていくけど、黄砂なのかなんなのかもやってて撮る気が起きなかったり大して撮る物なかったり絶景ポイントは人多すぎて撮る気になれなかったりでなんか悔しいのでトンネル内写真のサムネイルだけをこうやって並べたらどうですかなんとなく紅葉撮影したっぽく見えないですかね、見えないですね。チッ

さむさむ

Loading the player...

超絶むいさー

さむ

さむい

焼きたい

レンズを買い換えずにすんだお金でレンズを買うのはやめて、焼きたい。

肉とか魚とか野菜とか焼きたい。

 

肉とか魚とか野菜に飽きたら

たこ焼き焼きたい。

 

たこ焼きに飽きたらおもちも焼ける。

 

焼きたい。

浮いたお金

レンズが壊れたので買い換えるつもりでいたら直っちゃったのでよし、この浮いたお金で新しいレンズを買おう。

猫「えーっ」

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSM|株式会社シグマ ←旧型になってしまったのですでに404

2012年12月頃購入

2014年2月頃故障 → AF作動関係のギヤケースユニット交換

2014年10月頃症状再発

MFで使うことがぼちぼちあるのにMFで使えなくなってしまったこのレンズ。

下取りとかヤフオクに流すにはちょっとアレなので、最近キヤノンの一眼を買ったらしい後輩くんにあげて、かわりに新しいレンズを買おうと思ったんですがどうせならその前にちょっとばらしてみようかと。

レンズをばらすのはキヤノンのEF50mm F1.8 Ⅱ以来

安いレンズはこういうお遊びが心置きなくできて好きです。壊れなければもっと好きです。

まさかAF⇔MFの切り替えスイッチが壊れるなんて単純な事はないでしょうから基板まわりのトラブルで、ばらしたところでどうしようもない気もするんですがケーブル断線見つけちゃうとか、コネクタ抜き差しで直っちゃうとかいう奇跡があるかもしれないのでバラしてみちゃう。

これがおそらく前回の修理で交換されたであろうAFの「ギヤケースユニット」にあたるものかなー。

画像左側にあるのが超音波モーター(HSM)?以前バラした50mmについていたモーターと比べたらずいぶんコンパクトにできてて超音波モーターすげーなーという感じです。

右上の金色ギアがレンズ内のフォーカス調整用レンズにつながるギアとかみ合います。

残念ながら目視で「コレ!」とわかるような破損などは見当たらず。

組み直し。

で、取り付けた直後は症状再発したので「あーやっぱだめかー」と。

ちなみにAF⇔MFの切り替えスイッチ部分のカバーを外すと

こんな感じになってまして、スライドスイッチの奥にギアが見えます。

このギアがバネで加圧されていて画像で言うと左右に動くようになっていて

さらにスイッチカバー側にこのギアを押し込む出っ張りがついているのでスイッチをMF側に切り替えると、スライドスイッチを動かすと共にギアを画像右側に押し込んでAFモーターからの駆動を切るという機構になっているようです。

言葉ではいいあらわせられないので動画でどうぞ。

Loading the player...

というような事をしていたらなぜか直ってしまいました。なんでや

現象から言うと、スライドスイッチを動かす出っ張りとスイッチがうまくかみ合って無かったのか・・・?

なのでカメラ側にMF状態だというのが伝わらずAFモーターが動くもののギアは逃げてるのでその駆動がフォーカスレンズまで伝わらず。みたいな?

まぁとりあえず直ってよかった。

 

以上の記事はレンズの安易な分解を推奨するものではありません。分解する事により故障など悪い事がおきても私は責任をとりません。

鶏ムネカレー

鶏ムネ肉が安かった時に作るカレー。

大きめに切った鶏胸肉にカレー粉をまぶしてちょいと焦げ目が付くくらいまで焼きます。

焼けたら圧力鍋に入れて肉が浸るくらいまで水を入れたら15分~加圧します。

その間にフライパンですり下ろししょうが・にんにく・薄切りにしたタマネギ・クミンシードを炒めます。

粉だけで作るスパイシーなカレーを目指す場合はここでカレー粉・ガラムマサラやらを投入して一緒に炒めたらいいんじゃないの。

うちはあんまりスパイシーにするとどうも家族受けが悪いため最終的にカレールーを使いますのでこれ以上スパイス系は入れません。

炒めてる間に肉がほろほろになったか確認します。

OKならお箸とかお玉とかで肉をほぐしておきます。

わざと軽く焦げ付かせたりしながらもタマネギが炒まったので鍋にまとめます。

カレールーを入れたら鶏胸肉カレーのできあがりです。

フレッシュな角切りトマトとかトマトの水煮缶とかヨーグルトとか入れるとさらに味わい深いものになりますがそれはまぁベースを味わってから。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2019年8月 [1]
  2. 2018年1月 [1]
  3. 2017年1月 [1]
  4. 2016年11月 [1]
  5. 2016年10月 [1]
  6. 2016年6月 [1]
  7. 2016年5月 [2]
  8. 2016年4月 [1]
  9. 2016年2月 [2]
  10. 2016年1月 [4]
  11. 2015年12月 [2]
  12. 2015年11月 [1]
  13. 2015年10月 [3]
  14. 2015年9月 [4]
  15. 2015年8月 [17]
  16. 2015年7月 [13]
  17. 2015年6月 [19]
  18. 2015年5月 [22]
  19. 2015年4月 [21]
  20. 2015年3月 [23]
  21. 2015年2月 [22]
  22. 2015年1月 [28]
  23. 2014年12月 [27]
  24. 2014年11月 [24]
  25. 2014年10月 [21]
  26. 2014年9月 [19]
  27. 2014年8月 [8]
  28. 2014年7月 [24]
  29. 2014年6月 [25]
  30. 2014年5月 [24]
  31. 2014年4月 [23]
  32. 2014年3月 [27]
  33. 2014年2月 [25]
  34. 2014年1月 [28]
  35. 2013年12月 [30]
  36. 2013年11月 [24]
  37. 2013年10月 [27]
  38. 2013年9月 [25]
  39. 2013年8月 [26]
  40. 2013年7月 [29]
  41. 2013年6月 [30]
  42. 2013年5月 [25]
  43. 2013年4月 [28]
  44. 2013年3月 [30]
  45. 2013年2月 [28]
  46. 2013年1月 [30]
  47. 2012年12月 [27]
  48. 2012年11月 [22]
  49. 2012年10月 [25]
  50. 2012年9月 [30]
  51. 2012年8月 [31]
  52. 2012年7月 [30]
  53. 2012年6月 [30]
  54. 2012年5月 [28]
  55. 2012年4月 [30]
  56. 2012年3月 [31]
  57. 2012年2月 [28]
  58. 2012年1月 [31]
  59. 2011年12月 [30]
  60. 2011年11月 [30]
  61. 2011年10月 [31]
  62. 2011年9月 [30]
  63. 2011年8月 [28]
  64. 2011年7月 [30]
  65. 2011年6月 [30]
  66. 2011年5月 [31]
  67. 2011年4月 [28]
  68. 2011年3月 [31]
  69. 2011年2月 [28]
  70. 2011年1月 [29]
  71. 2010年12月 [29]
  72. 2010年11月 [30]
  73. 2010年10月 [31]
  74. 2010年9月 [30]
  75. 2010年8月 [31]
  76. 2010年7月 [29]
  77. 2010年6月 [29]
  78. 2010年5月 [30]
  79. 2010年4月 [28]
  80. 2010年3月 [31]
  81. 2010年2月 [28]
  82. 2010年1月 [35]
  83. 2009年12月 [30]
  84. 2009年11月 [29]
  85. 2009年10月 [32]
  86. 2009年9月 [29]
  87. 2009年8月 [31]
  88. 2009年7月 [31]
  89. 2009年6月 [30]
  90. 2009年5月 [30]
  91. 2009年4月 [30]
  92. 2009年3月 [30]
  93. 2009年2月 [28]
  94. 2009年1月 [31]
  95. 2008年12月 [31]
  96. 2008年11月 [31]
  97. 2008年10月 [30]
  98. 2008年9月 [31]
  99. 2008年8月 [30]
  100. 2008年7月 [32]
  101. 2008年6月 [30]
  102. 2008年5月 [31]
  103. 2008年4月 [30]
  104. 2008年3月 [31]
  105. 2008年2月 [30]
  106. 2008年1月 [27]
  107. 2007年12月 [31]
  108. 2007年11月 [28]
  109. 2007年10月 [29]
  110. 2007年9月 [29]
  111. 2007年8月 [31]
  112. 2007年7月 [30]
  113. 2007年6月 [30]
  114. 2007年5月 [31]
  115. 2007年4月 [29]
  116. 2007年3月 [31]
  117. 2007年2月 [28]
  118. 2007年1月 [33]
  119. 2006年12月 [30]
  120. 2006年11月 [30]
  121. 2006年10月 [31]
  122. 2006年9月 [30]
  123. 2006年8月 [32]
  124. 2006年7月 [33]
  125. 2006年6月 [28]
  126. 2006年5月 [32]
  127. 2006年4月 [32]
  128. 2006年3月 [33]
  129. 2006年2月 [29]
  130. 2006年1月 [32]
  131. 2005年12月 [32]
  132. 2005年11月 [35]
  133. 2005年10月 [37]
  134. 2005年9月 [36]
  135. 2005年8月 [34]
  136. 2005年7月 [38]
  137. 2005年6月 [34]
  138. 2005年5月 [40]
  139. 2005年4月 [36]
  140. 2005年3月 [33]
  141. 2005年2月 [36]
  142. 2005年1月 [33]
  143. 2004年12月 [42]
  144. 2004年11月 [41]
  145. 2004年10月 [16]