雑記2014 一覧

sakura

雲の画像と猫の画像と変態の画像と懐メロ動画でお茶を濁すsmilebananaへようこそ

当時は一生懸命ギター弾いたりドラム叩いたりしてましたが今は主に猫のケツを叩いています。

さる

新しく購入したレンズのテストがてら、イングレスのポータルハックがてら、車のメンテナンス警告灯を消してもらうがてら、車のワイパーブレード交換がてらデジタル一眼レフカメラを持ってお出かけしましたが、途中で雪が降り出したり雨になったりして撮影したのは結局この1枚でした。

野生の猿

食い合わせ

先日発見した、是非皆様におすすめしたいなという組み合わせ。

 

1.冷凍いちご・ヨーグルト・牛乳・はちみつをミキサーでギャーンとしたやつ

2.味噌ラーメン

 

以上2点を用意して、ヨーグルトドリンクを一口飲んだ後味噌ラーメンを食べてみましょう。

いちごとヨーグルトの酸味、味噌の濃厚なコク・・・

そう、ゲロの味

いやー、びっくりしました。この二つを一緒に食べたらゲロの味がするんっす。怖いっす。オススメっす。

おべぁ

昨日のカレー、意外と悪くなかった。やはりカレーは偉大。

なんかすごい青臭いカレー風味のどろどろのができた。できたんご。

何やったんやあの葉っぱ

フライングTHE流星群

「うぇーん寒いよう月が明るすぎるよう」と泣きながらそれでも意地になって流星を撮るためにお外でカメラをいじいじ。

けどなんかこう言いしれぬ不安感。

そもそもあの有名なふたご座流星群様がいらっしゃってるというのにこの静かな世の中はなんなのか。

そういえばヤフトピとかに流星群の文字が出ているのを見ていない気がする。

みんなすっかり流星群とかどうでもよくなっているのか。

年の為にもう一度情報を確認してみる必要があるのか、ないのか、あるのか。

ふたご座流星群(12月)

 

 

 

 

 記者:こちらのサイトによると「14日の日没後から15日夜明けにかけて好条件で観測できる」とありますが、まずなぜそんな流星群を1週間早い6日~7日にかけて撮影しようとしていたのか伺いたい

わたし:6日から7日にかけての撮影に関してはあくまでリハーサルであり全く流星が撮影できない事は当然想定内でありました。もちろん14日が本来の見頃であることは知っておりました。

 記者:リハーサルという事であれば前日や前々日あたりに行ったのでもよいのでは?

わたし:平日はバタバタするという事もあり土曜に行うのがベストである、であれば本番前週である6日に行うのは至極当然であります。重ねて申し上げますが14日が本来の見頃であることは知っておりました。

 記者:先ほどから「14日が本来の見頃であることは知っていた」とおっしゃってますが12月6日のエントリーには「本番は明日ですけど」と、まるでふたご座流星群の極大期が12月7日であると勘違いしているような記載がありますが。

 

(記者側が提示した資料)

 

わたし:(資料を確認する)

 記者:さらにですね、同エントリーの後半には「流星群の度に雲が」「本当に今流星群きてる?」などその日に流星が見られると勘違いしているかのような記載が続いています。

 

(記者側が掲示した資料)

 

わたし:(資料を確認する)

 記者:いかがでしょうか。あなたもしかしてふたご座流星群の極大期を1週勘違いしてクソ寒い中無駄に空を撮ってたんじゃないですか?しかも情報ソースを示さないもんだから、あなたのサイトを見て同じ勘違いに巻き込まれ、今日(7日)何も流れない空を無駄に見上げていた人が他にいるかもしれないんですよ?そんな人の事をどう思いますか?あなただけが勘違いで寒い思いをするのは勝手ですけどね、人まで巻き込むのはどうかと思いますよ!

わたし:えー、ちょっとお待ち下さい。・・・だよね?でしょ?・・・ハイ・・・ハイ。えー、失礼しました。あのー先ほどあなたからいただいた資料なんですけどね、これ、本当に私のサイトに掲載されていた文章ですか?確かに12月6日に投稿したエントリーによく似た感じですが私、こんな文章はのせておりません。今一度ご確認下さい。何度でも申し上げますがふたご座流星群の見頃は12月14日!日没後から15日の夜明けにかけてです!私はそれを知っていました!勘違いなどしていません!改ざんされた資料で変な言いがかりをつけてくるのはやめていただきたい!もういいですか!

 記者:改ざんされた資料とは何ですか!エントリーの更新日時が(2014年12月7日 23:24:45)になってますけど改ざんしたのはあなたのほうじゃないんですか!

わたし:それは誤字があったから修正しただけだ!私は勘違いも改ざんもしていない!ふたご座流星群の見頃は12月14日!日没後から15日の夜明けにかけてだ!私が勘違いしていて後から記事を改ざんしたという証拠でもあるのか!魚拓でもキャッシュでもあるなら出してみろ!バーカバーカ!

既視感Ⅱ

10月20日のエントリーと一部かぶりますが皆様にも既視感を味わっていただきたいのであえてそのまま一部コピペしますね。

突然ですが、おかんのガンが見つかった時の事を振り返ってみましょう。

下痢が続く

 ↓

地元病院の医者「腸のお薬出すよ!きっと治るよ!」→治らない

 ↓

医者「胃カメラで胃を調べるよ!なんかへんなのあったよ!検査するよ!」

 ↓

医者「ガンではなかったよ!でもピロリ菌がいたから除菌するよ!きっとよくなるよ!」→よくならない

 ↓

医者「もう一回胃カメラで調べるよ!やっぱ変なのあったよ!検査するよ!」

 ↓

医者「ガンではなかったよ!わかんないから大きい病院に紹介状書くよ!」

 ↓

大きい病院の医者「ガンです。余命1年です」

 ↓

大きい病院2の医者(セカンドオピニオン)「ガンです。余命半年です。」

 

 

そしてここでおとんの話。

 

 

1年前、突然の頻尿症状(30分~1時間に1回トイレ)

 ↓

とある泌尿器科の医者「おしっこに血が混じってるね。膀胱炎だね。お薬出すよ。」

 ↓

(頻尿自体はすぐ治ったものの、なんか1ヶ月に1回くらい通院して1年経過)

 ↓

医者「ちょっと膀胱のエコーとってみようか。」(なぜかここではじめてのエコー検査)

 ↓

医者「あれ?なんか膀胱に黒いものが。・・・念のためガンセンターに紹介状書くから見てもらってね」

 ↓

ガンセンターの医者「(膀胱内視鏡検査 )・・・あ、結石ですね。2cmくらいのが5個くらいありますよ。これはうちでは処置できないのでX病院に紹介状書きますね。ふむ、1年前から通院?膀胱炎?血尿?これそもそもの原因は結石だったんだと思いますよ。」

 ↓

X病院の医者「びゃーんと石を砕いて出す処置をしますんで4日間くらい入院ですね。あと血液検査の結果見ると前立腺ガンの疑いが強いのでその時一緒に組織取って調べますね。」(前回はここまで。) 

 

 ↓

 

びゃーんと石を砕いて出す処置と前立腺の組織採取終了

 ↓

X病院の医者「組織調べた結果、ガンです。12本採取したうちの2本からがん細胞が見つかってうち1本は悪質な感じです。年末PET検査しましょう。結果は年明けね。」

 

 

ががががが

 

 

おかんの場合と違って、ポンコツ医者による無駄な上げ下げが無かったのと本人が「なっちまったもんはしょうがねぇべぇ」というタイプの人なので今のところ大きな混乱(?)はなくそこだけが唯一の救い。いや救いなんてないけど。

さむすぎて、冬

 

 むす
    ぎ
   家て
 す事
 る    い
 気が起きな
 

これこれムーミン

ハァ-!!これこれこんなんのTシャツが欲しいー!

肉が無い(怒り)

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]