2015年2月の記事一覧

もやし犬

日本もやし普及協会非公認

まだWinPEのブートディスクががそこまで手軽に作成できなかった時代

そんな時代にしては比較的簡単にPEのブートディスクが作れるという事で作成した記事がこちら

EASEUS Todo Backup FreeのぶーたぶるCDを作ろう - smilebanana

あれから数年経った現在では、このソフト自体もバージョンアップされていますしAOMEIみたいな新たなソフトも登場してますし、靴紐は自動で締まりますし、キックボードは宙を飛びます。(一部嘘です)

そんなこんなでコメントを頂きました。

起動ディスクからリカバリできません。さん

なぜか友人からは「面食い」だと思われていますが決してそんな事はなくてむしろちょいぶさいくちゃんにぐっとくる事もある私なんですが、先日仕事で知り合ったちょいぶさいくちゃんに「おっこれはいいぞ。こういう出会いもありか?」なんて一人でときめいていたらそのちょいぶさいくちゃんが左手の薬指に指輪をしていることに気付いて「うおぉぉんなんだこの気持ちは!失恋!?いや全然恋なんてしてねぇし!」おっとそんなことよりも

EaseUS ToDo Backup Free Ver8 の起動CDを作成してバックアップイメージを作成したまでは良かったんですが、
その起動CDを使ってのリカバリーがどうやってもできません。

DVD-Rメディアからのリカバリーのやり方をご存じないですか?

こちらでは一旦、動作中PCのCドライブを外付けHDDにバックアップ(4.7GBで分割させてます)して

そのイメージを分割ファイルごとにDVDーRメディアに単純コピーして保管しました。

その後、空のHDD(元のと同サイズ)をPCにつないで、起動CDで起動したんですが、

リカバリーメニューがどこにもなく、リカバリーイメージのDVD-Rに交換してもEaseUSからは認識されない

という状態です。(ToolのWindowsShellからはDVDーRがマウントされているのを確認できました。)

もしかしたらリカバリーイメージをまた外付けHDDをにコピーしてそれをつないでから起動CDで起動すれば

行けるのかもしれませんが、それはなんだかなあ、という気がするのです。

起動CDから起動して、DVD-Rメディアにバックアップしたイメージからリカバリする方法、

わかるようでしたらぜひ教えて下さい。

(一部コメントに加筆しています)

なるほど「起動ディスクからリカバリできません。」さん、ちょいぶすの魅力についてはよくわかりますがそれはそれ。

手っ取り早くWin7Pro32bit環境にEaseUS Todo Backup Freeをインストールして

本来ならドライブごとが正当かとは思うんですが少しでも時間とディスク容量を少なくできればという思いからCドライブのみをバックアップ設定。

ターゲットにブランクDVD-Rを放りこんだ光学ドライブを指定したら勝手にバックアップと書き込み処理が始まりました。途中でディスクの交換を求められてDVD-Rに計2枚

ちなみにディスク1枚目の中身はこんな感じ。

2GBほどで分割される様子。

それから、リカバリ用のブートディスクを作ります。

ツールの中の「ブータブルディスクの作成」

WinPEベースで、これもCDに直接書き込みする形で実行しました。ブータブルディスクブヒィ1号ができました。

そのディスクでブートすると

先ほどのバックアップを認識した状態でブートします。

ってあれ?なんでさっき行ったバックアップを既に認識した状態でブートしてんだ?気持ち悪い。

もしかしてブートメディア作成する時にそれまでのバックアップ情報も書き込んでるのか?いやまさか。だとしたらハードディスクからバックアップ情報を読み込んでるのか?

まぁいいや、とりあえず復元処理まで進めてみよ。さっきの1枚目のバックアップディスクを入れてリカバリボタンを・・・・

 

1枚目のバックアップディスクを・・・あれ?

 

1枚目のバックアップディスク・・・

 

ここでつい先ほどまでパソコンの上に置いていたはずの1枚目のバックアップディスクが消える。

 

探す。

 

見つからない。

 

そんなばかな。数分前までパソコンの上に置いてあったのに。

 

 

 

 

 

 

 

心を整える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし結局ディスクが見つからないので、まぁいいやどうにでもなれ、と2枚目のディスクを挿入してリカバリボタンを押し、進めてみる。

 

「このディスクちげーよばーか」と怒られる。

 

ですよねー。

 

とりあえず再起動する。

 

0xc0000225エラーでWindowsが正常起動しなくなる。

 

おう。なんか変な情報が書き込まれたか。

 

そしてここで、「1枚目のバックアップディスクは中身確認するためメインPCに入れていた」のを思い出す。

そうかそうか、そうだった。再度ブータブルディスクでブートする。

さーてリカバリリカバ・・・・あれ?さっきと表示内容が違う。「Start backup now!」って何よ。

こちとらRecoveryがしたいのよ。

あー、なるほどこの状態だと確かにどこにもリカバリの表示が無い。(Browse to Recoverというボタンはあるけどその中からはDVDにアクセスできないので意味が無い)

ブヒィ。

今回はたまたまリカバリ失敗でディスクが正常に読み込めない状態だったからこうなったけど、新しいディスクにリカバリしようとした場合もこういう状態になるっていう事か?

これがFree版ゆえの制限事項なのかな。

それともブートメディアでブートした時だけの制限事項なのかな。

ともあれ

・ディスクにはとりあえずアクセスできるけどWindowsが起動できなくなっちゃった(WindowsUpdateの失敗やウイルス対策ソフトの不具合などによる)

・一部のフォルダを間違えて消しちゃった

とかいう場合には使えそうですが

 

・HDDが壊れてアクセスできなくなってしまったので新しいHDDにリカバリしたい

・HDD自体は壊れてないっぽいけどアクセスできなくなってしまったので同じHDDにリカバリしたい

とかいう場合には使えなさそう。

 

今の環境をそのまま新しいHDD/SSDにコピーしたいという事であれば、新しいディスクをUSBなりSATAなりで接続したうえで「クローン」という機能があるので、それを使えばいけるのかな(未確認)

 

(ちなみに0xc0000225エラーでWindowsが立ち上がらなくなってしまった件についてはパーティションテーブルを復元して元に戻しました。詳細は省きますがTestdisk的なあれで。)

 

おそらく多くの人はディスクが故障した時にさっと新しいディスクにバックアップイメージからリカバリできる事を求めてバックアップするわけで、それができないとなるとなんだかなぁ。無料版は昔からこんな仕様だったんだろうか。

AOMEI試してみるか。

完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free

必殺奥義

ぎゅおんぎゅおん

とらはレベルアップした!

必殺奥義「ランニングゲロ」を覚えた!

ランニングゲロ とは

 ゲロが出そうな瞬間ダッシュを開始する事により、広範囲にゲロをまき散らす技

個人的に興味が尽きない、わりに試乗車が全然ないスズキのAGS車。

世間ではちっとも話題になっていませんが、多少車いじってる人に話を振ると盛り上がったりしますし「AGS」という検索ワードで飛んでくる人もちらほらいるので気になっている人はいる様子。

新技術?であるにも関わらず構造が簡単にできるからか発売から半年、今のところリコール無し。

ここぞとばかりに行くぜぶひぶひAGS、キャリィ→アルト→エブリィと採用車も順調に増えてきました。

スズキ株式会社 四輪製品ニュース 2015年2月18日 スズキ、新型軽商用車「エブリイ」新型軽乗用車「エブリイワゴン」を発売

そんなAGS車の加速動画があったのでご紹介

はぁ、なるほどなるほど、こんな感じか。

MTの運転に慣れた普通の人が運転してるくらいのシフトスピード?

ちなみに比べちゃ行けないデュアルクラッチのお高い車はこんな具合

っていうか新型Passatってこんな近未来メーターになんの!?すげぇな!

新型Passatすごい!

あれ!!何の話だっけ!!あ、そうそうAGS!

この動画とかすごい参考になると思う!いやーしかし新型Passatすげぇな未来やな

都市部ではIngressの移動手段として「クロスバイクがいいぜ」みたいな話になっているとかいないとか。

なるほどこれくらいの価格なら買いやすい。

しかし地方都市では自転車でポータル間をホイホイ移動できるエリアはごく一部。(本格的なロードレーサー+本格的なふともももちならいざ知らず)

ならばバイク・・・そうだ静かに走れてハックが終わったらサッと立ち去れる電動バイクとかいんじゃね!?

以前調べた時には1充電での走行可能距離が40kmも行かない原付一種規格のEC-02とかPASSOL-Lとかしかない残念な状態だったけど、あれから約10年。

そろそろいい感じの電動バイク発売されてるでしょ!?

→されてない。

 

メジャーな二輪メーカーで一般向けに電動バイクを販売しているのはYAMAHAとSUZUKI。

EC-03製品情報 - バイク スクーター | ヤマハ発動機株式会社

>259,200円[消費税8%含む]

>定格出力 0.58kW

>最大トルク 9.6N・m(0.98kgf・m) / 280r/min

>1充電走行距離(定地) 43km(30km/h)

e-Let's / e-Let's W|スズキ バイク

>e-Let's 321,840円 / e-Let'sW 408,240円

>定格出力 0.58kW

>最大トルク 15N・m(1.5kgf・m) / 350rpm

>一充電走行距離 30km / (バッテリー2個搭載時60Km)

 

 

       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ    し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ    て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ   い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ   な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l    .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !    :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /    .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /      :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人

 

 

他、ちらほら新顔も見られるものの、調べてみたらモデルの詳細が出てこなかったりあっという間にメーカーが撤退していたり。

中でも生き残っている?のが

ミレットTOP | 電動バイク | 株式会社プロッツァ

>車両本体(メーカー希望小売価格) ¥180,000(税別)

>定格出力 0.50kW

>定格トルク 8.0N・m

>定地走行距離※1 40km

 

EVバイク フロスティEV(FrostyEV) | 株式会社吉角

>販売価格 368,000円(税込)

>モーター定格出力 600w

>定地走行距離 60km

>日本製

 

EM100 / EM100 CARGO - ADIVAADIVA

>メーカー希望小売価格 ¥419,040

>定地走行距離 49km

 

A4000i 特徴 | テラモーターズ株式会社

>メーカー小売り希望価格 ¥499,000(税込¥538,920)

>定地走行距離 60km ※2

※必要免許 AT小型限定普通二輪以上

とか。

ウーム、価格と走行距離が比例しない・・・。

もうちょっとハイパワーで長く走れるやつないのかよ!

原付規格じゃなくて自動二輪規格みたいなので!

→あったよ!

製品紹介:ベクトリックス ジャパン 100%電動大型スクーター、100Vコンセントで充電可能。「電気は、スピードになる。」

VECTRIX VX-1 Li/Li+

>最大出力(ピーク時) 21 kW (28.2 HP)

>最大トルク 65 Nm

>航続距離 64-96 km(Li) / 88-136 km(Li+)

わぁすてき!!

これぞまさに理想的な電動バイクだわ!Li+のほう欲しい!おいくらなの!?

車両本体価格

VX-1 Li
1,290,000円
VX-1 Li+(Liプラス)
1,480,000円

 

\                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                 -‐
   ー               うわぁ たっけぇ
. __              ハ,,ハ               --
     二          ( ゚ω゚ )          = 二
   ̄            /    \              ̄
    -‐       ((⊂  )   ノ\つ))       ‐-
                (_⌒ヽ
    /            ヽ ヘ }         \
                  ノノ `J                  
         /                 \
        /                    ヽ
    /  /               丶      \
   /   /    /      |   i,    丶     \
 /    /    /       |    i,     丶     \

 

けど高いだけあってよさそうだなあ・・・

静かなバイクでこういう運転してると危ないと思います。

 

LEAFやi-MIEVの価格を見るに、国産メーカーが同じようなバイク作ったとてやはり同じような価格帯になるんだろうなぁ。

 

さて、ここでノーマル自転車よりも快適で電動スクーターほど高くない電動アシスト自転車について調べてみましょう。

ラインナップ - 電動自転車 | ヤマハ発動機株式会社

電動アシスト自転車 | 自転車 | Panasonic

うん?10万前後~高いやつでも20万しないのか。

でいて上位モデルなら50kmくらい走れそう。

あれ?これ安くね?(馬鹿になってる)

ゲンコツる

Loading the player...

忠誠の証

許してない

Loading the player...

許したのかと思いきや気付いてなかっただけでこのあと右を向いて茶色いのに気付きウーウー威嚇し追い払うのでした。

少し許す

あ、すごい、嫌われ者のとら(一番左)と嫌い者のもも(真ん中)が隣で寝てる。

普段はフーフー言いまくって近づこうとしないのに。珍しいから撮っとこう。

と思ったら

二日連続で一緒に寝てる。許したの?

記念硬貨

財布の小銭を整理していたら変な硬貨が。

ゲェーッ!

偽造硬貨つかまされたー!?

って、ん?EXPO'75・・・OKINAWA・・・昭和50年?

これはあれか?

 

もしかしてレアなやつか?

 

1枚で

 

何千、何万円とするやつか!?

 

沖縄EXPO75の百円記念硬貨を持っているのですが、現在どれくらいの価値... - Yahoo!知恵袋

>昭和50年の沖縄EXPOを記念して発行されたものですが、発行枚数が12,000万枚というもの凄い数が発行されて、カタログ価格には美品200円ャ300円と値が付いていますがコインショップで求める人はいないでしょうね。

>おもな100円記念硬貨

>1972年01月28日発行 札幌オリンピック記念百円白銅貨:3,000万枚

>1976年12月23日発行 天皇陛下御在位五十年記念百円白銅貨:7,000万枚

>

>12,000万枚がどれ程大量か分かると思います。

おい誰か欲しいやつおるか

るのーじゃぽんるーてしあ

調子の悪い車はプラグ交換であっさり直ってしまったんですがそれはそれとして。

たまたま、偶然、ちょうどいいタイミングで車屋さんにフィットハイブリッド(fit3/Fパケ?)の試乗車が置いてあって、いやまさか気になるからわざわざ手配してもらったとかいうわけじゃなくてもうほんと偶然置いてあったんですけど、部品交換してる間に自由に乗ってきていいよ的な話だったので思う存分うろうろしてみました。

ら、以前発売当初1~2km試乗した時にはわからなかったイマイチ感が。

平坦で直線の道をトローッと走ってる分には特に不満ないんですが路面状況が悪い道や、峠道みたいなカーブが続くところでホイホイ振り回してみるとなんというかぼよよんぼよよんどんぶらこっこいやこれ怖いわ酔うわ的な。

あれだと買うとしてもサス交換必須だなぁ。Sパッケージにサス交換って300万弱くらいしそうだなぁ。お高いなぁ。なんにせよi-DCDがこっそり改良されるであろうフルモデルチェンジ待ちかなぁ。(2015年モデルで既に改良されているという噂もある)

そんな事考えていたら

(孤独のカメラ)

お、なんじゃこのハッチバック。

ルノー・ルーテシア0.9L・3気筒ターボ+5速MT搭載車 再びチョイ乗り:世良耕太のときどきF1その他いろいろな日々:So-netブログ

ルノーかぁ。

RENAULT JAPON | ルーテシア

お、DCTあんじゃん。けどルノーってお高いんでしょう?

あら、良心的価格。

ルノー・・・。今年のF1でパワーユニットの調子がよかったら考えようかしら。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]