2015年7月の記事一覧

どうも!文字情報だけではいまいち頭に入らないというか、脳みそにうまいことこびりついてくれないので、絵としての情報を記憶することでうまく記憶しよう的試験対策勉強法開発者のばなんなんです。ちなみにこの「ばなんなん」の元ネタになるりなんなんがまだちゃんと活動している事にびっくりしたばなんなんです。

ところでみんな、差動式分布型感知器、いわゆる空気管の規格について知っているかな?

そう、肉厚0.3mm以上外径は1.94mm以上として規定されているんだよね。

それでいて、空気管1本の長さは継ぎ目の無いもので20m以上であるべしと規定されているんだよね。

なるほどこんなわかりにくい規格の数字も

「肉厚0.3mmのステーキを見て驚いたけろっぴがいくよ(1.94mm)と叫んでジャンプした。ちなみにけろっぴが来ている衣装は20mの素材を無縫製で作り上げたものである」

という語呂合わせとイメージで覚えたら一発だね!これで空気管に関する問題が出たら1問はいただきだね!

ちなみに登場したけろっぴおじさんは警戒区域に関する問題から出張してきたおじさんで

 

自動火災報知設備の警戒区域についての定義について

1の警戒区域の面積は600㎡以下とすること

 ・主要な出入り口から内部を見渡す事ができる場合は1の警戒区域を1,000㎡以下とすることができる。

・2以上の階にわたらないこと

 ・2の階にわたって警戒区域の面積が500㎡以下の場合は2階分まとめることができる。

・1の長さは50m以下とする

 ・光電式分離型感知器を設置する場合は100m以下にすることができる。

 

というものだけどふとした時に600と500、どっちがどっちかわからなくなっちゃうのでそれをきちんと覚えるために

1の警戒区域は600㎡以下

 警       6

 け      ろ

けろけろけろっぴ

 

ということで生まれた警戒区域周知オリジナルキャラクターけろけろけろっぴおじさん通称けろっぴおじさんの事なんだね。

ちなみにガス漏れの警戒区域もおなじような感じだからまとめるとこれらを覚えておくだけで(同時に出題されていれば)3問突破だね!

 

というたのしい受験ライフを過ごしています。頭が沸騰する。

ぽんぽこぽんぽこ

オスなだけあってか、一番年下なのにトラ(上)はでけぇなぁ。多分一番でけぇなぁ。と思っていたんですがこうやって並んでいるのをみるとさくら(下)のほうがでかそうな。

猫のサイズ感は意外とよくわからない。

お猫初め

Loading the player...

おにゅーの夏用布団が猫まみれになる様子。

冬用布団に比べると、夏用布団は人気がない。

捕獲2015

12時半頃、無事捕獲

 

即、水攻め

バナナおじさんのストレスレベルが2下がって86になった。

脱走2015

忙しいっちゅーてるのに猫さん脱走。

(記録に残っている限りでは2年ぶり)

試験合格応援ソング案

定温2種は4m 定温特殊は8m

煙3種は4m 煙2種は15m 煙1種は20m

差動は8m 空気感(作動式分布型)は15m

炎は20mをこえる

 

というキーワードを盛り込んだ曲を誰かが歌ってくれればその曲を覚えているだけで1~2問正解できるのに。

 

 君がくれた定温2種の感知器は4m未満の高さに取り付けるよ

 今度は8m未満の高さに取り付けられる定温特殊がほしいな

 

みたいな。

いや逆にそんな歌、頭に入ってこんか

先日名古屋へ行った時に購入したカクキューの「味噌カツのたれ」を使って味噌カツ丼

あ゛あ゛ーうまい゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛名古屋と結婚したい

資格を取ろうと思いついて申し込みをしたら仕事(もしくはプライベート)が忙しくなるというジンクス!猿と猫のアイコラ画像とか作ってる場合じゃない!

ごはんの手3

Loading the player...

引き続き「エサが欲しいときゃ左足出せ」キャンペーン実施中です。

ごはんの手 - smilebanana

ごはんの手2 - smilebanana

お見合い写真

とらが前足そろえてモデル立ちしてたので思わず撮ってしまった。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]