車 一覧

アルトターボRS発売

おっ!

スズキ株式会社 四輪製品ニュース 2015年3月11日 スズキ、軽乗用車 新型「アルト ターボRS」を発売

>新型「アルト ターボRS」は、新開発プラットフォームなどの採用により基本性能を大幅に高めた新型「アルト」をベースに、「心躍らせる、気持ちの良い本格的な走り」を目指して開発したモデルである。
>力強い加速を実現する改良型ターボエンジンにパドルシフトを装備したオートギヤシフト(AGS)を組み合わせ、剛性を高めたボディーに搭載した。

>ダイレクトな走りを実現するAGSに、スポーツドライビングが楽しめるパドルシフト

>変速タイミングを早めて、気持ちの良いシフトフィールにチューニングを施したAGSを採用
>スポーツドライビングが楽しめる5速マニュアルモードのパドルシフトを装備

アルト ターボRS | スズキ

おぉー改良型?(チューニング)AGSにパドルシフトとな。

ノーマルアルトのAGSについてわかりやすい動画をもう一度貼り付け

いやー、おもしろそうだなー。

6億円持ってたらおもちゃとして買うんだけどなー。

個人的に興味が尽きない、わりに試乗車が全然ないスズキのAGS車。

世間ではちっとも話題になっていませんが、多少車いじってる人に話を振ると盛り上がったりしますし「AGS」という検索ワードで飛んでくる人もちらほらいるので気になっている人はいる様子。

新技術?であるにも関わらず構造が簡単にできるからか発売から半年、今のところリコール無し。

ここぞとばかりに行くぜぶひぶひAGS、キャリィ→アルト→エブリィと採用車も順調に増えてきました。

スズキ株式会社 四輪製品ニュース 2015年2月18日 スズキ、新型軽商用車「エブリイ」新型軽乗用車「エブリイワゴン」を発売

そんなAGS車の加速動画があったのでご紹介

はぁ、なるほどなるほど、こんな感じか。

MTの運転に慣れた普通の人が運転してるくらいのシフトスピード?

ちなみに比べちゃ行けないデュアルクラッチのお高い車はこんな具合

っていうか新型Passatってこんな近未来メーターになんの!?すげぇな!

新型Passatすごい!

あれ!!何の話だっけ!!あ、そうそうAGS!

この動画とかすごい参考になると思う!いやーしかし新型Passatすげぇな未来やな

るのーじゃぽんるーてしあ

調子の悪い車はプラグ交換であっさり直ってしまったんですがそれはそれとして。

たまたま、偶然、ちょうどいいタイミングで車屋さんにフィットハイブリッド(fit3/Fパケ?)の試乗車が置いてあって、いやまさか気になるからわざわざ手配してもらったとかいうわけじゃなくてもうほんと偶然置いてあったんですけど、部品交換してる間に自由に乗ってきていいよ的な話だったので思う存分うろうろしてみました。

ら、以前発売当初1~2km試乗した時にはわからなかったイマイチ感が。

平坦で直線の道をトローッと走ってる分には特に不満ないんですが路面状況が悪い道や、峠道みたいなカーブが続くところでホイホイ振り回してみるとなんというかぼよよんぼよよんどんぶらこっこいやこれ怖いわ酔うわ的な。

あれだと買うとしてもサス交換必須だなぁ。Sパッケージにサス交換って300万弱くらいしそうだなぁ。お高いなぁ。なんにせよi-DCDがこっそり改良されるであろうフルモデルチェンジ待ちかなぁ。(2015年モデルで既に改良されているという噂もある)

そんな事考えていたら

(孤独のカメラ)

お、なんじゃこのハッチバック。

ルノー・ルーテシア0.9L・3気筒ターボ+5速MT搭載車 再びチョイ乗り:世良耕太のときどきF1その他いろいろな日々:So-netブログ

ルノーかぁ。

RENAULT JAPON | ルーテシア

お、DCTあんじゃん。けどルノーってお高いんでしょう?

あら、良心的価格。

ルノー・・・。今年のF1でパワーユニットの調子がよかったら考えようかしら。

新アルトとAGS

そのスタイル、賛否両論、個人的には無い、でもカラーリングによってはあるのかも、という新型アルトが発売。

アルト | スズキ

トランスミッションはCTV・5AGS・5MTの3種類。

AGS?

オートギヤシフト(AGS)!?

あのキャリィに採用したAGSか!わーいAGSばななAGSだいすき!新技術大好き!リコール祭り大好き!

キャリィの、しかもAGSの試乗車なんてほとんどなかったんだけどアルトなら試乗車があるかも!?

県内のディーラーにある試乗車調べてみよう!

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

CVT

  ( ⌒ )
   l | /
  
⊂(#・∀・)  AGSの試乗車が1台もねぇよ!!(5MTも無い)
 /   ノ∪
 し―-J |l| |   
         人ペシッ!!
      (_)
     )(__)(_   うんこ
    ⌒)   (⌒
      ⌒Y⌒

CR-Zの時といい、フィットの時といい、私が「おもしろそうだな」と思うモデルはことごとく試乗車が無い。うんこ

非常に参考になる試乗記

新型アルト,HA36S(CVT,5AGS)試乗記|Skinski's World(独り言用出張所)|ブログ|skinski|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

す・・・すずき

最近になってかなりおさまってはきたものの、未だに「車買い換えようぜ悪魔」が時折私の頭の中でグォォォォ!!

フィット(FIT3)ハイブリッド試乗してきた - smilebanana

試乗してガッカリはしつつもやっぱり買い換えるとしたら第一候補かなぁ?というフィットハイブリッドがHotVersionの最新号(VOL.125)に登場するとのことなので買ってみました

が、ハイブリッドは一瞬出てきただけで、フィットRSのほうが主でした。

虎の子DCTも服部さんには「がんばれCVT~!」とか言われちゃって。(「※DCTです」という訂正も入らず)

なんだろうこの期待されてない感・・・。

と思っていたらスズキからこんな発表が。

スズキ株式会社 企業ニュース 2014年1月14日 スズキ、新トランスミッション「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」を開発し、インドで公開

>スズキ株式会社は、マニュアルトランスミッションの利点とオートマチックトランスミッションの利点を両立させた新トランスミッション「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」を開発した。

>「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」は新5速マニュアルトランスミッションに、クラッチ及びシフト操作を自動で行う電動油圧方式アクチュエーターを搭載した新開発のオートメイテッドマニュアルトランスミッション(Automated Manual Transmission:AMT)である。

>この「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」は、アクチュエーターとコントローラーを一体化し、トランスミッションに直付けする事で作動系の一体性を図り、またクラッチおよびシフトとエンジン協調の制御を工夫することでシフトの円滑化を実現した。

>スズキは、2月5日よりインドで開催されるデリーオートエキスポにおいて、この新開発トランスミッション「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」を搭載した新型車を公開する。

ほほう、スズキからも2ペダルMTが登場とな。

でも5速って・・・。

普通に走るだけであれば正直5速で十分だけど国内向けに作るのであれば燃費を意識して6速とか7速が必要でしょうからこれは海外向けなのかなー。

それとも軽自動車とか小排気量車用?

なーんて言ってたら実は7速のも同時に開発してて、それがスイフトにのっちゃったりして。

そしたら追っかけでトヨタもヴィッツクラスに2ペダルMTのせてきたりして。

あぁ夢がふくらむ

発表された瞬間「あらやだ欲しい。」と勢いでオンライン見積もりまでしてみちゃった新フィット(Fit3)ハイブリッドに試乗してきました。

 

 

・・・と書いておくとブログのアクセス数が急激に伸びるよ、という話を聞いたので。

さて、フィットの話は置いといてうんこの話しようぜ!うんこ!いやでもやっぱりフィットの話しようぜ!しょうがねぇなそうするか!

という事で試乗体験記。

但し断っておきますが個人的には新フィットのデザインがどうとか、内装の仕上げがどうとか、ドアの閉まる音がどうとか、遮音性がどうとかいう話には興味がありません。

私が新フィットハイブリッドで気になっているのはそのハイブリッドシステムと組み合わされている7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション この車で言うところのSPORT HYBRID i-DCD( Intelligent Dual Clutch Drive))です。

フィット / フィット ハイブリッド 2013.09

そんなDCT目当てで試乗した私の感想としては・・・、なんだかガッカリ

ガッカリポイント1

常設のタコメーターが無い。

DCTといえば、まるでゲームのようなスピードで、それでいてスムーズにギアがつながるというのが売りの一つじゃないかと思うんですが

(動画:VWのDCT)

そのスムーズなギアチェンジのつながりを目で見て楽しめるタコメーターが常設されてないんですよぉ。

とはいえ、「全く無い」というわけではなくマルチインフォメーションディスプレイの表示を切り替えるか、「Sモード」に設定すると表示されるんです。が。

新型フィットがデビュー 世界のベーシックカーへ - フォト - carview! - 自動車

 

ナニコレ。

いや何もそんなところまで「ゲームみたい」にしなくても。

 

ガッカリポイント2

普通に走ってたらシフトチェンジがよくわからない。

これはまぁ良い事なんでしょうけど。

停止状態ではエンジンが止まってて、アクセル踏み込んで加速していくと最初はモーターのみ、途中でエンジン始動。通常のモードでそのままアクセル半開とか1/3とかをキープすると、かなり低い回転数で次々ギアを上げていってる・・・ようなんですがそのつながりがあまりにスムーズで&静かすぎてよくわかんない。

そしてここで気付くわけですね。

「あ、これは確かに普段はタコメーターなんてなくてもいいわ」

と。

それより今モーターで走ってるとか回生してるとかが表示されてるほうが楽しいよねー、と。

(ただちょっと違った視点から、今までのホンダハイブリッド(インサイト)ではエンジン回転数で燃費が変わってくるのでタコメーターがあると便利だったんだよねー、という意見も価格.comにはありました。)

 

ガッカリポイント3

パドルシフトがついてないとマニュアル操作できない。

VWのDCT搭載車なんかだと、パドルシフトのついていない車でもシフトレバーに+と-のポジションがあってそっちで好きな時にマニュアル操作できるんですけど、このフィットにはそういうポジションが無いんですよねー。

なのでマニュアルシフトで遊びたい人はパドルシフトのついたSパッケージを選ぶしかないっぽい。

そして現状Sパッケージの試乗車が存在しないっぽい。ブーブー

 

という事でなんだか「思てたんと違う」感じでしたが、以上のような事を営業さんに話してみてもなんかこうピンときてないというか

「どうしてこの人そんなところに食いついてるんだろう・・・」

という目で見られてしまったので冷静になって考えてみれば、そうですね、この車はフィットなんですよね・・・。

タイプSを選択したところで、見た目がスポーティーになるだけの、大衆車なんですよね・・・。

 

まぁDCTへの過剰な期待を除いて見れば先代よりもよりハイブリッドらしいハイブリッドだし、見切りいいし、後ろ広いし、加速感そこそこよかったし(期待のしすぎは禁物)、コンビシートは座り心地よかったし、いい車でした。

ただ衝動買い(契約)するにはなんだか少しワクワク感が足りない・・・せっかくのDCTが埋もれすぎててもったいない・・・ような・・・(まだ言う

もふぃっと

Honda|クルマ|フィット セルフ見積り

色々あって気持ちを落ち着けたら、今日発表されたフィットハイブリッドがとてつもなく欲しくなりました。

「わーやだーほしいー!」と思った車はCR-Z以来ですかね。

CR-Zは後部座席が狭すぎてじじいとばばあが乗せられないのでパスしましたけどフィットなら何も問題無い。

あーはいぶりっどのりたーい。

新開発の7速DCTのりたーい。

「3~4年経つと車乗り換えたくなる性分だ」という事がわかったので残価設定形のプランでも問題無い気がするなー。

そうするとお金のやりくり的にも楽にいけるなー。

今の車のローン(残債)も一括で払おうと思えば払えるし・・・。

ただ、最大の問題点が・・・。

しばらくは大きな買い物をすると

 

「あそこの息子さん、保険金で車買ったみたいよ」

 

みたいな陰口が。

あるいは

 

「きっとお母さんの遺産で車買ったんだわ」

 

みたいな陰口が。

うーん。

あ、というか陰口云々の前にしばらくは喪に服しておとなしくしておくべきなのか。

でもえーっ。それ私に言うー?

遺影選びが難航しているときに思わず

とかツイートしちゃった私に言うー?

 

・・・なんかすみませんでした。

リンゴ教

先週の授業で、車にちょっとしたデバイス(Kiwi Wifi)を取り付ければiPhone(もしくはiPod TouchもしくはiPad)で車の様々な情報を見ることができるって勉強しましたね!

その後色々調べていると、iPhone(もしくはiPod TouchもしくはiPad)向けにわりと本格的っぽいナビアプリがあるのを発見しました。

navico - Car Navigation System

 

レビュー:Car Watch navico 全国詳細地図版

むむむむむ・・・これなら追加メーターも、音楽プレイヤーも、そしてナビさえもiPhone(もしくはiPad)一つで賄えるじゃないか・・・(iPod Touchやwifi版iPadはGPSついてないので駄目)

 

これは・・・3G版iPad買ってきて埋め込むべきなのか・・・

どうですか、りんご教信者で車好きでDIY好きなアナタ。

私の代わりに人柱となって・・・

i REV you

iPhone欲しいです。

 

いや、「なんかいいらしいしー」とか「なんかわかんないけどカッケーじゃん」とかいうフワフワした理由からじゃなくて

(別に買い換えたりしないですけど)もし仮に車を買い換えたら何はともあれ水温計と電圧計くらいは追加でつけとこうと思うわけですよ。

そんなこんなで色々調べてると、すばらしいデバイスがあってですね

こんな装置(Kiwi Wifi)を車の故障診断ポート(OBDⅡ)に差し込んで

iPHONE(もしくはiPod Touch)にそれ用のアプリ(無料のと有料のがある)をインストールしてから先程の装置とWifiで接続すると

水温や電圧どころじゃない、(車側が対応していれば)エンジン回転数・ブースト・吸気温・燃費・その他色々リアルタイムで表示できるらしいです。

さらには外車だとよく見るらしいフォルトコードの確認・リセットまでできちゃうとか。

やばーいこれやばーいちょーほしーい。

ときにiOS4でマルチタスク対応したらしいですけど、今からiPod Touch買ってきてiOS4に上げればバックグラウンドで音楽再生しつつこのようなアプリを実行できたりするんでしょうか?

そうなればオーディオのほうもiPodにまとめてしまえるのでとってもいいなと思うのですがー。

誰か教えてテルミー!アスクミー!ヘイトミー!ファックミー!

VWのCMが流れると私が泣く

テレビではフォルクスワーゲンのCMが盛んに流れてます。

外車と言えば、「燃費悪い・よく壊れる・修理代高い」というイメージがあったりなかったりしますが、現行の車はそんなに燃費悪くなく、そんなに壊れなく、修理代もぼちぼちみたいです。

特に燃費に関しては、カタログ値ではなくオーナーによる実測の燃費で

現行ポロ : 17~19km/l

現行ゴルフ: 15~16km/l 前後?

という感じみたいなので(燃費的な性能で言うと)ポロならフィットをカモれるくらいの数字。(ヴィッツよりは完全によさそう)

それでいて走りは1.8Lエンジン並みのトルクですからね!

これは言うなればポニーなのにレースに勝てるっていう事ですよ!!!(CM直伝)

まぁ価格とかシートアレンジとか日常的な装備的には国産車のほうにアドバンテージが大分あるわけですが、しかしそれはそれ。

フォルクスワーゲンには「アウトバーン育ちのムニャムニャ」とか「自動車大国ドイツ生まれのムニャムニャ」とかいうムニャムニャした良さが含まれていますから!!

 

さて本題ですが、VWのCMが流れます。

   ↓

すると、そのCMを見た人がVWに興味を持ちます。

   ↓

「あーけどちょっと新車はたけぇな」という事で一部の人がVWの中古車を漁り始めます。

   ↓

VW中古車の相場がジワジワ上がります。

   ↓

車屋「なんか知らんけど最近VWの中古車相場が上がっとるわ」
私「えーっ!そんなバハマ!!うおおおおおん」

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]