セキュリティ 一覧

極悪IE

IE 6~11に未解決のゼロデイ脆弱性、Microsoftがアドバイザリ公開 - ITmedia ニュース

出かけた先での本日の主な話題はこれでした。

そして説明しているうちになぜかYAHOO!JAPANが悪者になるという。

深刻な脆弱性が見つかったInternet Explorer(IE6~11)を巡り全国各地の社内がコントでカオス : 市況かぶ全力2階建

代替ブラウザを提案する時には必ず

「やふーじゃぱんでgoogle chromeちゅーて入れて検索しての

Chrome ブラウザ - Googleちゅーて書いてあるやつ。そうそうwww.google.co.jpではじまっとるやつじゃ。それをクリックしてそこからインストールしたらええけぇの」

 

という一言も申し添えておかないと、しばらくした後

 

「なんか変な画面が出るようになったけどもしかしてウイルスにやられたんかいのぉ!?」

偽セキュリティソフトについて - smilebanana

ということになるかもしれないので注意が必要だと思います。

追記:[回避策まとめ] セキュリティ アドバイザリ 2963983 – Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

あなたのパソコンはクラッシュ寸前だべさ!!

みたいな文句でユーザーを脅し、有料版の購入を促したりするなんちゃってセキュリティソフトが地味に流行ってます。

一見かつて流行したSecurity Toolのようですが、最近流行っているものはSecurityToolのように「(脆弱性を利用して)勝手にインストール」されるのではなく、ユーザーが自分自身でインストールしているのが特徴です。

多くの場合は

こんな広告とか(yfrog滅びろ)

こんな広告とか(yfrog滅びろ)

こんな広告をよく見ずにクリックして、なんだかわからないままダウンロードして、深く考えずインストールしているものと思われます。

間違えてインストールしてしまったとしても、表示を無視するかさっさとアンインストールすれば影響無いのですが

結構ど派手に脅してくるのでよくわからない人は「嘘・・・もしかして私のパソコンヤバすぎ!?」と心配になり、システム管理者が出動することとなります。うんこ。

そこで、哀れなシステム管理者に捧げる、偽セキュリティソフトを配布しているドメインのリスト(私調べ)

*.systweak.com

*.uniblue.com

*.stoperror.com

*.ascentive.com

*.newpccleaner.com

*.toppcdoctor.net

これをブラウザなり(本物の)セキュリティソフトなりプロキシサーバーなりのブラックリストに登録しておけばちょびっとは安心。

ちなみにそれぞれのドメインで配布されているうんこソフトはこのようになります。

*.systweak.com  (RegCleenPro,AdvancedSystemProtector)

*.uniblue.com  (SpeedUpMyPC,myPCBackup,AVGToolbar)

*.stoperror.com  (RegCleenPro,AdvancedSystemProtector)

*.ascentive.com (PCSpeedScanPro,AscentivePerformanceCenter)

*.newpccleaner.com (RegistryWinner【レジストリ勝者】)

*.toppcdoctor.net (RegistryWinner)

ほかにもあるかもしれませんが、検索結果の広告欄やその他の広告欄から私が探せたのはこれだけでした。以上、何かのお役に立てれば

GOM Player 感染確認

GOM Playerが「更新してよ」と言ったので言われるがまま更新進めたらウイルス感染してパソコンが遠隔操作されていました。

みたいなことが発生したようです。

正規のソフトウェアのアップデートで、不正なプログラムが実行される事案について | セキュリティ情報 | 株式会社ラック

GOM Playerがインストールされている場合は必ず確認しましょう。

かくにんほうほう

正規のソフトウェアのアップデートで、不正なプログラムが実行される事案について | セキュリティ情報 | 株式会社ラック

2. パソコンでの確認方法

GOM Playerの設定ファイルに記載されているURLを確認します。

確認内容:インストールフォルダにある「GrLauncher.ini」をメモ帳などで開き、VERSION_FILE_URLの項目が
http://app.gomlab.com/jpn/gom/GrVersionJP.ini 以外になっていないか確認する。

(当社確認内容。これ以外にも正規の内容が存在している可能性があります。)

確認内容:ユーザーのローカルフォルダ※にあるファイル「GrVersion.ini」をメモ帳などで開き、 DOWN_URL の項目が
https://app.gomlab.com/jpn/gom/GOMPLAYERJPSETUP.EXE 以外になっていないか確認する。
※例えば、Windows XPの場合:
      %Appdata%\GRETECH\GomPlayer
Windows7の場合:
      %AppData%Roaming\GRETECH\GomPlayer

ということで、ちょっとだけわかりやすく。

(Windows7/8で確認)

1.デスクトップが表示された状態で、[Windowsキー]+Rを同時押しします。

2.[ファイル名を指定して実行]っちゅーのがでてきます。

3.名前っちゅーて書いてあるところに %appdata% と入力して[OK]ボタンを押します。

4.フォルダが開かれますので、その中から GRETECH っちゅーフォルダを探して開きます。

5.さらに GomPlayer フォルダを開きます。

6.二つか三つくらいファイルが出てくるので、そのうちの GrVersion.ini っちゅーファイルを開きます。

7.メモ帳で開かれた場合は見にくいですが DOWN_URL=となっているところを探します。

正常な場合

DOWN_URL=http://app.gomlab.com/jpn/gom/GrVersionJP.ini

あるいは

DOWN_URL=https://app.gomlab.com/jpn/gom/GrVersionJP.ini

それ以外のURLが書かれていた場合は・・・ご愁傷様です。

とりあえずそのパソコンはネットワークケーブル引っこ抜いたりWi-Fiを無効にしたりしてネットワークから切り離したほうがいいかな。

その後は・・・一応物事の順序としてはGRETECHに怒りをぶつけるか、あ、ラックさんが情報募集しているようなので協力してあげるといいかもしれません。

追記

GRETECHから公式アナウンスがありました。

報道に対する弊社からのお詫びとお知らせ - GOM Player【ゴムプレーヤー】

(6)GOM Playerインストールプログラム(GOMPLAYERJPSETUP.EXE)が安全であるかの確認方法

GOM Player日本語版のインストールプログラム(GOMPLAYERJPSETUP.EXE)にはデジタル署名がございます。ダウンロードしたGOM Player日本語版のインストールプログラム(GOMPLAYERJPSETUP.EXE)を右クリックし、[プロパティ]から[デジタル署名]タブがあることを確認してから実行してください。署名者名がGRETECH、タイムスタンプが‎2013‎年‎12‎月‎19‎日 11:11:52と表示されていれば、弊社が公式に提供している安全なインストールプログラムです。

悪いマルちゃん

「毎日jp」など「不正なソフトウェアが存在する可能性」でGoogleからブロック - ITmedia ニュース

今朝方ティータイムにlivedoorのニュースへアクセスしたら会社のESETがピロリーンと反応してましたけどこれ関連してるのかな?

ちなみに反応したアドレスは(アクセスしないでね)

tp://d.href.asia/nw/d/ajs.php?zoneid=3433&cb=64680694578&charset=UTF-8&loc=http://api.unthem.com/cast?zname=livedoornews_side3_Google_ura&format=iframe&guid=on

でした。

New York Timesをだまして広告契約、マルウェア配信に利用 - ITmedia エンタープライズ

今回もこれと同じような流れかな?

「ブラクラ」ってこれまた懐かしい響き。

という事でアァーッと!うっかりクリックしてしまったァー!らどうなるかというと

こんなん出てきます。

上のSSではうつってませんが大音量の変な音楽(?)とともに

こんな映像が流れるフラッシュのファイルが埋め込まれているので驚かされるかもしれません。

ちなみにダイアログのメッセージは

OKボタンをクリックするごとに数が減っていき

こんなメッセージになってからは何度OKボタンをクリックしてもメッセージに変化はなくなります。

ちなみにいくらOKボタンや閉じるボタンをクリックしてもダイアログは消えません。

パソコンであればタスクマネージャを開いてブラウザを強制終了すれば消えます。

スマホだとどういう動作になるのか知りませんが「iPhone再起動するハメになった」とかいうツイートもあったので踏まないのが吉。

ソースを確認してみたところでは

<embed height="1000" width="1000" menu="true" loop="true" play="true" src="~うんたら.swf(↑のフラッシュファイル)"

とか

for(i=0;i<10;i++){alert("v○ギイイイイイイイイイイイイイイン\n騙されましたね。あと"+(10-i)+"回クリックすれば脱出できるよ☆。");}

とか

<!--

for(i=0;i<10;i++){alert("v○ギイイイイイイイイイイイイイイン\n騙されましたね。あと"+(10-i)+"回クリックすれば脱出できるよ☆。");}

// -->

</SCRIPT> <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">

 for ( ; ; ) {

 window.alert("v○ギイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン\nまた騙されましたね。ホントに脱出できると思ったの?www")

 }

 </SCRIPT>

<SCRIPT language="JavaScript">

resizeTo(300,300);

for(i=0;i<=100;i++){

function circulate(){

var ransuu1=Math.ceil(1024*Math.random())

var ransuu2=Math.ceil(768*Math.random())

moveTo(ransuu1,ransuu2);

}

setInterval('circulate()',100);

}

とかいう記述がありました。

現時点ではビックリドッキリというだけでウイルスが仕込まれているという事はなさそうな気がします(少なくともVM内のMSEとホストマシンのESETは無反応でした)

サイト自体は少なくとも2011年11月頃から存在していて今までいろんなところで「これブラクラやーん」「くっそー」みたいな事に使われてきたようです。

普通であれば今頃はレンタルサービスの運営元に誰かが通報してアカウント削除とかされてるんでしょうが、確認してみたらまさかの「レンタルサービスの運営元自体がなんかうさんくさかった」のでみんな通報する気が失せてるか通報されてるけど運営元が気づいてないか無視してるかのどれかなのでしょう。

 

とまぁこれは大したこと無いサイトでしたが、同じ手口で、いつぞやのようなシステムの脆弱性を突いてタチの悪い事をしてくるようなサイト誘導されたらパソコンであれスマホであれあんまり笑えない事になってしまうのでちゃんとWindowsUpdateはもちろんFlashPlayerやAdobeReaderやJREなどなどソフトのアップデートもしっかり行ったうえで信頼できるアンチウイルスソフトをインストールしてパソコンは使いましょうねというお話。

こちらから、インストールされているソフトなどが最新かまとめて確認する事ができます。

脆弱性対策情報共有フレームワーク - MyJVN

 

Vistaの延命決定

            .:::::::;'                                    ';:::::::.
             :::::::::i                                      l::::::::.
          ::::::::::!                                     i::::::::
            ::::::::::l                                      ';::::::::
  '  ― ―‐ --  」                                     L_:::::
                                                        ̄ ̄ ̄
            __,. -┐
_ ,. -‐ '' ´   :::::::::',                                r::-  _
               :::::::::'、                                  /::::::::   ´` ' 
                ::::::::':、                           ,.:':::::::
                 ::::::::ヽ                        /:::::::
                ::::::::丶                        ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、                 _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   ___  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \   
              /    ,.∩     / (○)  (○)\.`、  \∩ おおいだいなるマイクロソフトさまー
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j 
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '          \               /   `、    \

 

Windows デスクトップ製品のライフサイクル

>マイクロソフトは Windows クライアント オペレーティングシステム (OS) をお使いいただいているお客様に一貫したサービスを提供するために、延長サポートについて、ライフサイクルポリシーを変更しました。Windows7, Windows Vista のコンシューマー製品についても延長サポートを適用いたします。

>今回の変更により、Windows XP、Windows Vista およびWindows 7 製品の現在サポートされているサービスパックをご利用いただいいているお客様はエディションに関係なく10 年までのセキュリティ更新プログラム提供の対象となります。

おめでとう!おめでとう!

ということで、Windowsのサポート終了日はエディションに関係なく以下のようになりました。

Windows XP

2014年 4月 8日

Windows Vista

2017年 4月11日

Windows 7

2020年 1月14日

 

よかったよかった。

 

・・・っていうか当然の対応ですよn


    m n _∩                   ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)    _/\___/ヽ       ( _⌒二⊃
     \ \   /________\     / /
       \ \  |{:::::::::::/   'i::::::::::::}-|  / /   ふぉーう!
        \ \|ヽ--' (、_, ) ヽー-' :|/  /
          \ .|   ´トェェェイ`   .:::|  /
           \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー`ニニ´‐―´/
               〉::::::::|::::::::::¨/
              /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
             /;;;;;;;/:::::::::::《
             <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
           /   ヽI,r''"""^~ヽ
          /   ,/ ヽ    ヽ

2012年4月10日にメインストリームサポートが終了するため、新しい更新プログラムが配信されなくなるという

Windows Vista Home Basic

Windows Vista Home Premium

Windows Vista Ultimate

しかしあれからいつの間にかライフサイクルの一覧が更新されていて

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル

WindowsVistaのコンシューマ向け(家庭向け)エディションについても延長サポートされるかのような記載に変わっています。

つまり2012/04/10でサポート終了を迎えるはずだった上記3エディションも2017/04/11までサポートされる事になったみたいだよ!

やったね!寿命がのびるよ!

ちなみにWindows7に関しても同様で、延長サポートの対象ではないため2015/01/13/でサポート終了する予定であったWindows 7 Home Premium/Ultimate/(Starter?)も延長サポートの対象となり2020/01/14までサポートされるかのような記載に変わっています。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル検索

やったね!寿命がのびるよ!

 

・・・・

 

・・・・え、これマジな話なの?

 

ということでサポートのお姉さんに聞いてみよう!

Q.これほんと?それとも誤記?どっち?

A.そうなんですよね。おっしゃるとおりライフサイクルの情報が更新されてるんです。ちょっと今確認中ですのでお待ちください。(的な回答)

 

という事でサポートの方にもまだ情報がいってないようです。(2/18 12:50時点)

/* 2012/02/20追記 */
マイクロソフトのライフサイクルポリシーが変更されて、エディションに関係なく延長サポートが行われるようになりました。
Vistaの延命決定 - smilebanana

 

2012年4月10日にメインストリームサポートが終了するため、新しい更新プログラムが配信されなくなるという

Windows Vista Home Basic

Windows Vista Home Premium

Windows Vista Ultimate

しかしビジネス向けのエディションであるBusinessとEnterpriseに関しては延長サポート対象であるため2017年4月11日まで更新プログラムが提供されます。

・・・ん?

BusinessとEnterpriseだけが持っている機能の更新ならまだしも、Vistaに共通する機能の更新プログラムなら基本的にどのエディションでも適用可能なんじゃないの?

タテマエ的には「サポートしませんよ」とか言いつつ、BusinessとEnterpriseのサポート期間が続く限りVista全エディションにそっと更新プログラム配信してくれるんじゃないの?

Microsoftだって人の子、それくらいの優しさ持ってるんじゃないの?

どうなの?

 

その質問に対する明確な答えをGoogleさんは持っていませんでした。

ので、Microsoftに聞いてみました。

Q.2012年4月10日以降の話ですけど、Vista BusinessとEnterprise向けの新しい更新プログラムが配信されはじめたときにVista Home Basic/Home Premium/UltimateでWindowsUpdateを行うとどうなるんですか?こっそり配信されたりするんですか?するんでしょ?してくれるんでしょ?ねぇそうなんでしょ?そうだって言ってよ!

A.お客様ご認識の通り、 2012 年 4 月 10 日のメインストリームサポートの終了に伴い、4 月 10 日以降、 Vista Home Basic 、 Vista Home Premium 、 Vista Ultimate への新しい更新プログラムの配信はされなくなります。
( Windows Update での提供も行われない形になります)

 

なるほど、Microsoftは人の子じゃなくて一企業だったね。

Q.そうですか。そうなんですね。まぁそうですよね。ところで更新プログラムってWindowsUpdateだけじゃなくMicrosoftDownloadCenterからも直接ダウンロードできますよね。2012年4月10日以降配信された更新プログラムを直接ダウンロードしてVista Home Basic/Home Premium/Ultimateで実行した場合はどうなるの?

A.Vista Business 、 Vista Enterprise 用に提供される更新プログラムが技術的に適用可能かどうかという点についても、基本的には新しい更新プログラムはサポートされないものとお考えくださいますようお願いいたします。
 
その為、実際の対応としましては、 Windows Vista Service Pack 2 に加えて、適用可能なすべてのセキュリティ更新プログラムをインストールし、セキュリティソフトをインストールしてご利用頂くことをお勧めしております。

 

「サポートされない」っていうのが「実行できない」という事なのかそれとも「実行はできるけど何かあっても知りませんよ」という事なのかがちょっとわかりにくいですが、文脈からすると「実行できない(適用出来ない)」という事なのかなという気がします。

予想はしてたけどオワタ。

ただ最後の一文。

今の所マイクロソフトとしては積極的に買い換えやアップグレードを勧めるようなスタンスではないんですね。

ちょっと意外。まぁマイクロソフトも現実を見てるというか、色々事情がありますからね。

/* 2012/02/20追記 */
マイクロソフトのライフサイクルポリシーが変更されて、エディションに関係なく延長サポートが行われるようになりました。
Vistaの延命決定 - smilebanana

Vista使いの憂鬱

/* 2012/02/20追記 */
マイクロソフトのライフサイクルポリシーが変更されて、エディションに関係なく延長サポートが行われるようになりました。
Vistaの延命決定 - smilebanana


  ヽ | | | |/
  三 す 三    /\___/\
  三 ま 三  / / ,、 \ :: \
  三 ぬ 三.  | (●), 、(●)、 |    ヽ | | | |/
  /| | | |ヽ . |  | |ノ(、_, )ヽ| | :: |    三 す 三
         |  | |〃-==‐ヽ| | .::::|    三 ま 三
         \ | | `ニニ´. | |::/    三 ぬ 三
         /`ー‐--‐‐―´´\    /| | | |ヽ

・・・などとMicrosoftが思っているとは到底思えないけど・・・

Windows Vista

・Home Basic

・Home Premium

・Ultimate

以上3エディションをご利用中の皆様、Xデーが近付いてきました。

WindowsVistaのメインストリームサポートの終了に伴い上記3製品は2012年4月10日以降新しい更新プログラムが配信されなくなります。

但しそれ以外のエディション(Business/Enterprise)は延長サポート対象であるため2017年4月11日まで更新プログラムが提供され続けます。ご安心ください。

とはいえ、「おうちで使ってるパソコンがWindowsVistaだよ!」とかいう人は恐らくほとんどが上記対象3エディションのどれかじゃないかと思います。

個人的には冬のボーナスが残ってるくらいのタイミングでもうちょとメディアが騒いで買い換えを促してくれてもよかったんじゃないかと思うんですけど。

 

以下上記3エディションを使っている人から私が聞かれたらこう答えるかなぁ、的、一問一答。

Q.「更新プログラムが配信されない」ってやばいの?

A..やばいよ、全然やばいよ。将来Vistaに重大なセキュリティーホールが見つかっても防げないんだよ。やばいよ。

Q.ウイルス対策ソフトさえ入れて最新の状態にしておけばいいんじゃないの?

A.それは家に例えるなら「きちんと玄関の鍵閉めてALSOK契約してるから大丈夫なんじゃないの」という事になるわけで一見大丈夫そうだよね。けど、例えば将来Vistaに重大なセキュリティーホールが発見されてそれを修正する更新プログラムが配信されないって事はつまり「実はトイレの窓枠がネジ止めされてなくて手で引っ張ったら窓枠ごと取れてしまう状態でした」という事が発覚して、それがどうにも直せない状態で、しかもそれを全世界の泥棒に知られている、という事なんだよ。まぁいざ室内に泥棒が侵入してもきっとセンサーが感知してALSOKが駆けつけてくれるだろうけどね。でも賢い泥棒ならそのセンサーを回避してALSOKの警備を解除したあとに家の中を荒らして回るかもしれないよ。つまりそういう事だよ。

Q.じゃあインターネットから切り離しておけばいいんじゃないの?

A.完全にスタンドアローンな状態で使えるのなら(使う用事があるのなら)それでいいかもしれないね。けどUSBメモリなどで他のパソコンとデータをやりとりして使うという事ならちょっとマズイよね。最近はそういう経路(USBメモリやUSBハードディスクなど)で感染するウイルスも多いからね。気がついたらそのパソコンがウイルス入りUSBメモリ製造器になっちゃってた、という可能性はあるよね。

Q.どうすりゃいいのよ

A.Vistaが発売されてわりとすぐ(2007年とか2008年とか)に購入したパソコンなら、新しいパソコンに買い換えたほうがいいと思うね。
特に発売当初のものはスペック的に無理してる感がある製品が多いから、OSをアップグレードするにしてもメモリ追加が必要だったりするだろうし、製品寿命的にそろそろおかしいところが出はじめるかもしれないよね。

Windows7の登場前後くらいに購入した割と新しいパソコンならOSをWindows7にアップグレードするのがいいかもね。

ちなみにまずはそのパソコン(のドライバやソフト)がWindows7に対応しているか確認する作業が必要だけど

Windows 7 Upgrade Advisor - ダウンロード - Microsoft Windows

※その他各メーカーのサポートページなど

OSはアップグレード版を購入してそのままアップグレードを行うのが楽だよ。

ただ、エディションの組み合わせによってそのアップグレード作業が行えるものと行えないものがあるので注意が必要だよ。

Windows7
Home Premium

Windows7
Professional

Windows7
Ultimate

WindowsVista Home Basic

WindowsVista Home Premium

WindowsVista Ultimate

 

Windows Vista から Windows 7 へのアップグレード(上書きインストール) - Microsoft Windows ヘルプと使い方

つまりWindowsVistaのHome BasicやHome Premiumから上書きインストール(データを引き継ぎ)でアップグレード作業が行えるのは、Windows7のHome PremiumとUltimateのどちらか。

そんなら安いHome Premiumのほうを選ぶぜ

と思うかも知れないけど忘れちゃいけないのが今は最新であるWindows7にだってサポートの期限があるっていう事。

こちらによればWindows7 Home Premiumのサポート終了日は2015年1月13日

ちなみに高い方のWiodnws7 Ultimateも同じくサポート終了日は2015年1月13日

「えっ!せっかくお金出して更新するのに結局(約)3年後にはまた同じような悩み抱えなきゃいけないの?!」

いやまぁ冷静に考えてくださいよ。今から3年後には多分そのパソコン、どこか痛んでますよ。そんときには新しいパソコン買えばいいじゃないですか。っていうかその頃には「パソコン」というものの形態が大分変わってるかもしれないですし。

いやだいいやだい!もっとこのパソコン長く使いたいんだい!

そんなあなたにはWindows 7 Professional。

こちらはそのまま上書きインストールができないので新規インストールのみになっちゃうけど(購入するのはアップグレード版でOK)

Windows Vista から Windows 7 への新規インストールアップグレード (カスタム) - ヘルプと使い方 - Microsoft Windows

その代わり延長サポート対象なので2020年1月14日までサポートが続くよ!きっとその頃には車が空飛んでてパソコンは腕時計の形しててWindowsはバージョン9になってるか、なくなってるだろうね!9(ナイン)だけに。・・・Windowsないん・・・。

・・・・ていうかぶっちゃけそんなにすぐに危ないの?

・・・え?まぁ現実的な話をするとSPあてて4月10日までのアップデート行ってウイルス対策ソフトきちんと更新すればしばらくは大丈夫じゃないっすか?今の所マイクロソフト的にも「すぐ買い換え・アップグレードすれすれ!」というスタンスでは無いみたいだし。

けどのんびりした人って「しばらくは大丈夫」とか言っちゃうと何のアクションも起こさず数年そのままにしちゃったりするので敢えて危機感煽ってみたよ!

 

という事ですっかり脱線してしまって本当に言いたかった事が言えなかったのでまた明日に続くよ

/* 2012/02/20追記 */
マイクロソフトのライフサイクルポリシーが変更されて、エディションに関係なく延長サポートが行われるようになりました。
Vistaの延命決定 - smilebanana

2011年1月27日 ユーザープロファイルを読み込めませんでした - smilebanana

昨日のおまけ。

正常にログインできなくなったのはウイルスセキュリティZEROが原因だったようです・・・が。

ソースネクストの言い分は

っていうかFirefoxで見てもIE8で見ても表示が崩れてるってどういう事(笑)

重要:Windows Updateした後、パソコンが起動しなくなった方へ

1月12日のWindows Updateを適用したWindows XPの一部の環境で、「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」や「Unknown Hard Error」などのエラーでパソコンが起動できないお問い合せが寄せられています。

Q. 【ウイルスセキュリティ】パソコンが正常に起動しなくなった(「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」や「Unknown Hard Error」と表示される)

A. 以下の手順をご確認ください

「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」や「Unknown Hard Error」と表示され、パソコンが起動しない場合、Windows Updateや常駐ソフトのインストールなどで使用できるメモリが減り、正常に起動できなくなっている可能性があります。

この現象に対応するため、パソコン起動時のメモリ使用量をより少なく抑えるアップデータを配信しています。

エントリーとアップデートを行なうことで自動的にアップデータが適用されますので、現在の状態にあわせて、それぞれ以下の手順をお試しください。

今回起動しなくなったパソコンは事情があって自動更新が無効にされていたので、2010年8月からWindowsUpdateが全く行われていないんですけどねぇ。

(それってセキュリティ的にどうなのという話はこの際置いておいて)

 

不思議ですねぇ。

 

それから

これがセキュリティZEROを一旦削除する前

 

これが手順に従って、再インストールを行った後アップデートが1回行われた状態。

 

なんじゃろなぁ、これ。

これ、なんじゃろなぁ。

このページの上部へ

このブログについて

  • bananaのブログです。
  • 連絡その他は

    まで。

サイト内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [1]
  2. 2016年11月 [1]
  3. 2016年10月 [1]
  4. 2016年6月 [1]
  5. 2016年5月 [2]
  6. 2016年4月 [1]
  7. 2016年2月 [2]
  8. 2016年1月 [4]
  9. 2015年12月 [2]
  10. 2015年11月 [1]
  11. 2015年10月 [3]
  12. 2015年9月 [4]
  13. 2015年8月 [17]
  14. 2015年7月 [13]
  15. 2015年6月 [19]
  16. 2015年5月 [22]
  17. 2015年4月 [21]
  18. 2015年3月 [23]
  19. 2015年2月 [22]
  20. 2015年1月 [28]
  21. 2014年12月 [27]
  22. 2014年11月 [24]
  23. 2014年10月 [21]
  24. 2014年9月 [19]
  25. 2014年8月 [8]
  26. 2014年7月 [24]
  27. 2014年6月 [25]
  28. 2014年5月 [24]
  29. 2014年4月 [23]
  30. 2014年3月 [27]
  31. 2014年2月 [25]
  32. 2014年1月 [28]
  33. 2013年12月 [30]
  34. 2013年11月 [24]
  35. 2013年10月 [27]
  36. 2013年9月 [25]
  37. 2013年8月 [26]
  38. 2013年7月 [29]
  39. 2013年6月 [30]
  40. 2013年5月 [25]
  41. 2013年4月 [28]
  42. 2013年3月 [30]
  43. 2013年2月 [28]
  44. 2013年1月 [30]
  45. 2012年12月 [27]
  46. 2012年11月 [22]
  47. 2012年10月 [25]
  48. 2012年9月 [30]
  49. 2012年8月 [31]
  50. 2012年7月 [30]
  51. 2012年6月 [30]
  52. 2012年5月 [28]
  53. 2012年4月 [30]
  54. 2012年3月 [31]
  55. 2012年2月 [28]
  56. 2012年1月 [31]
  57. 2011年12月 [30]
  58. 2011年11月 [30]
  59. 2011年10月 [31]
  60. 2011年9月 [30]
  61. 2011年8月 [28]
  62. 2011年7月 [30]
  63. 2011年6月 [30]
  64. 2011年5月 [31]
  65. 2011年4月 [28]
  66. 2011年3月 [31]
  67. 2011年2月 [28]
  68. 2011年1月 [29]
  69. 2010年12月 [29]
  70. 2010年11月 [30]
  71. 2010年10月 [31]
  72. 2010年9月 [30]
  73. 2010年8月 [31]
  74. 2010年7月 [29]
  75. 2010年6月 [29]
  76. 2010年5月 [30]
  77. 2010年4月 [28]
  78. 2010年3月 [31]
  79. 2010年2月 [28]
  80. 2010年1月 [35]
  81. 2009年12月 [30]
  82. 2009年11月 [29]
  83. 2009年10月 [32]
  84. 2009年9月 [29]
  85. 2009年8月 [31]
  86. 2009年7月 [31]
  87. 2009年6月 [30]
  88. 2009年5月 [30]
  89. 2009年4月 [30]
  90. 2009年3月 [30]
  91. 2009年2月 [28]
  92. 2009年1月 [31]
  93. 2008年12月 [31]
  94. 2008年11月 [31]
  95. 2008年10月 [30]
  96. 2008年9月 [31]
  97. 2008年8月 [30]
  98. 2008年7月 [32]
  99. 2008年6月 [30]
  100. 2008年5月 [31]
  101. 2008年4月 [30]
  102. 2008年3月 [31]
  103. 2008年2月 [30]
  104. 2008年1月 [27]
  105. 2007年12月 [31]
  106. 2007年11月 [28]
  107. 2007年10月 [29]
  108. 2007年9月 [29]
  109. 2007年8月 [31]
  110. 2007年7月 [30]
  111. 2007年6月 [30]
  112. 2007年5月 [31]
  113. 2007年4月 [29]
  114. 2007年3月 [31]
  115. 2007年2月 [28]
  116. 2007年1月 [33]
  117. 2006年12月 [30]
  118. 2006年11月 [30]
  119. 2006年10月 [31]
  120. 2006年9月 [30]
  121. 2006年8月 [32]
  122. 2006年7月 [33]
  123. 2006年6月 [28]
  124. 2006年5月 [32]
  125. 2006年4月 [32]
  126. 2006年3月 [33]
  127. 2006年2月 [29]
  128. 2006年1月 [32]
  129. 2005年12月 [32]
  130. 2005年11月 [35]
  131. 2005年10月 [37]
  132. 2005年9月 [36]
  133. 2005年8月 [34]
  134. 2005年7月 [38]
  135. 2005年6月 [34]
  136. 2005年5月 [40]
  137. 2005年4月 [36]
  138. 2005年3月 [33]
  139. 2005年2月 [36]
  140. 2005年1月 [33]
  141. 2004年12月 [42]
  142. 2004年11月 [41]
  143. 2004年10月 [16]